2020年08月22日

小森さんのぶどうにおばちゃんのざる

約10年、店で使っていたざるが壊れ、新たに購入することに。
斉藤さんの帰りにホームセンターでも寄ってこようかと思っていました。
岩槻の昔ながらの商店街を通り抜けようとした時、ふと目に止まった古い雑貨屋。
その店頭に目的のカゴが一つ。
「おっ、タイムリー!」とすぐ車を止めて店内に。
R0011181.jpg
年季が入った店内と気さくなおばさん。
「ここは随分長いことやってるんでしょうね」
「明治時代からですよ」
「うわっ、すごい」
「でも、こんな時代だからこういう店はね。私も四捨五入すれば80歳だし、あと2年位できれば。周りの店もみんな高齢でね」
「うーん、寂しいですね」
「そうですね。でも、今日が良ければいいって気持ちで毎日いますよ。明日のことなんて誰にも分からないんだから」
素敵なおばちゃんでした。

このざる、ホームセンターやネットで買わなくて本当に良かったと思いました。
人と人のつながりがこの店にはあるんだなって、何だか嬉しくなりました。

そして本日初入荷の小森さんのぶどう。
R0011182.jpg
このぶどうにはまさに絆を感じます。
生産者と店、生産者と消費者。
小森親子の想いをしっかり伝えていきたいです。
R0011183.jpg
初回の2品種はピオーネとブラックビート。
予想通り、若干酸味が残っていますが、味は十分に乗っているので、美味しくいただけると思います。
IMG_8411.jpg
ぶどうの陳列におばちゃんのざる。
おばちゃん、大事に使わせてもらいますね。


posted by フレスコ at 19:06| おすすめ商品・新商品