2022年10月22日

斉藤さんのにらと加藤さんの里芋

「にら、採っていけよ」と今日の斉藤さん。
「あるんですか?はい、ほしいです」
「切り方、教えてやらないとダメか」
KIMG0798.jpg
結局、一緒に収穫しました。
KIMG0801.jpg
「袋入れる時、もっときれいにしてやらないダメだぞ」
「はい」
IMG_9022.jpg
店に戻って…。
にらの選別、すっごい面倒、地道な作業です。
元々ちゃんとした栽培、と言うより、畑の脇にいつの間にか生えていたようなにらなので、枯れ葉が混ざっていたり…。
でも、柔らかくてすごく香りがいいです。
IMG_9016.jpg
加藤さんからは里芋。
土付き、と言うかドロドロですね。
「洗って出しましょうか?」と言っていたけど、里芋は洗うと傷みが早いので土付きで出してもらいました。
IMG_9018.jpg
店で少し乾かしてから販売しましょう。
里芋は湿り過ぎでも傷むし、適度な乾燥具合がすごく難しいです。
IMG_9019.jpg
「それより加藤さん、これって赤芽芋ですよね」
「そうですね。品種は赤芽だったかな。少し白いのも混ざっています」
よく見たら確かに混ざってました…。
IMG_9021.jpg
普通の白いのはすごく美味しいのは知っているので、今回は赤芽芋の方を食べてみます。
IMG_9023.jpg
赤芽芋の特徴、粘り気は少なくかなりホクホク。
僕らはあまり馴染みがないけど、地域によってはこちらがメインだったりします。
あとは好みでしょうか。
加藤さんの出身の山形は粘り気のある白い里芋、でも秋田ではこちらを多く食べるようだと言っていました。

あとは選別…。
選別しますが、もし違うのが混ざっていたらごめんなさいです。

入荷情報。
近日丸山さんのシナノスイート入荷します。
北海道の海産物は24日(月)着に決まりました。
千葉の蓮根は26日(水)着に決まりました。

posted by フレスコ at 20:02| おすすめ商品・新商品