2018年06月20日

セロリを食べよう

フレスコにはほぼ旬のものしかありません。
冬は茄子やピーマンがなかったり、夏に長ねぎや白菜がなかったり。
でもそのおかげで、品揃えしているものが旬だと分かります。
DSC06259.jpg
セロリが旬。
もちろん、産地によって旬は変わりますが、只今千葉から届いているセロリがいいんです。
DSC06260.jpg
ここのところ、素晴らしくいいセロリが入ってきてますねえ。
鮮度感とかボリュームとかもそうなんですが…。
DSC06266.jpg
なんと言っても香りでしょうね。
切っているそばからものすごい清涼感漂う香り。
DSC06268.jpg
僕は、ただ塩を付けてバリバリ食べるのが一番好きなんですが、あとは炒めものとかにも使います。
今日は人参と一緒に浅漬けの素で漬けてみました。
塩でかじるだけの次に簡単ですね。
DSC06270.jpg
数時間で食べられますが、一晩置くとちゃんとした漬物になります。
もっとも、正しい浅漬けの素を使わなければダメです。
DSC06273.jpg
いい味ですね〜。
セロリの風味プンプン!
シャキシャキ感もいい!
人参との相性もいいですよ。
やっぱり唐辛子は1本でも入れると違いますね。
ちょいピリが野菜の味をさらに引き立てます。

セロリが嫌いな人は多いですが、実は僕も昔はダメでした。
美味しいセロリと出会えると、もしかして好きになるかもですよ。
なんて事を言ってても、パクチーだけはまだダメなんですよねえ…。

posted by フレスコ at 19:04| おすすめ商品・新商品

2018年06月18日

トマトよりいんげんがオススメ

今日現在、ミニトマトの品揃えは豊富ですが、それでも欲しい大玉トマト。
ようやく入荷したのが、鈴木さんのトマト。
かなり大玉です。
DSC06240.jpg
15玉サイズなので、スーパーだと2Lサイズですね。
サイズはともかく、肝心なのは味。
DSC06245.jpg
美味しいといいなあ、とこの瞬間にいつも希望を持っています。
がしかし…。
DSC06246.jpg
うーん、普通…。
これと言って特徴がないので、コメントのしようがないのですが、がんばっても普通。
残念ですが。
トマトにはめっぽううるさいスタッフ絹子も「切っている時から分かったよ。食感もダメね」と。
まあ、その分安いので、多めに見てもらえれば。
でも、塩をかけて食べたら、それなりに美味しくはいただけました。

初の取り扱いとなるのは、愛媛から武田さんのいんげん。
河内晩柑でお馴染みの武田さんのお兄さんだとか。
DSC06243.jpg
パッと見ですが、何かいいかも?
ちょっと期待しちゃうかも。
前回のサクサクいんげんがあまり美味しくなかったので余計です。
DSC06248.jpg
うん、風味いいです。
DSC06250.jpg
甘みがそれほど強いわけではないですが、食感、香り、しっかりしています。
これなら、美味しいですよと十分に言えます。
今週はトマトよりいんげんがお勧めです。
なお、いんげんでは文句なしの美味しさを誇る柴本さんは7月入ってからだそうです。

無農薬だからいいとか、安全ですとか、それだけじゃ全然ダメ。
美味しいものは美味しいと、美味しくないものは美味しくないと、正しく伝えるのがフレスコの仕事でもあります。

いんげんも美味しいけど、今年はもずくも美味しいです。
DSC06254.jpg
もっともシンプルな食べ方。
もずく汁。
簡単です。
2分30秒でできます。
もずくを数回水洗いして、塩を抜きます。
刻んだ小ねぎを乗せます。
ダシつゆをかけます。(今回は焼きあごだしを使用)
つゆは、熱くても冷たくてもOK。
超簡単で、めちゃ美味です!

入荷情報
次回のとうもろこしの入荷は22日(金)の予定です。


posted by フレスコ at 20:59| おすすめ商品・新商品

2018年06月16日

雨上がりの梅収穫

雨が心配でした。
多分、今シーズン最後になるであろう梅の収穫。
雨が降っている中での収穫はできればしたくないし…。
なんて言ってたら、農家さんに怒られますね。
DSC06200.jpg
日頃の行いはいい方?
何とか雨は止み、雨具の着用無しで収穫できました。
DSC06191.jpg
しかし、熟して落ちてしまった梅が大量に…。
さすがに傷みが多く、使えないものばかり。
何十kgじゃすまないだろうなあ、もったいない…。
DSC06193.jpg
木の上に残っている梅を中心に収穫してきます。
DSC06219.jpg
やや青い梅。
DSC06209.jpg
完熟した梅。
これ、今日明日に梅干しに漬ける人は最高ですよ。
DSC06214.jpg
さて、畑の様子。
赤じそも立派に生育中。
DSC06215.jpg
分かる人はここを見る。
裏まで紫色。
これ最高の赤じそです。
香りが全然違います。
DSC06217.jpg
茄子、初収穫。
斉藤さんの茄子、美味いんですよねえ。
DSC06213.jpg
今年はズッキーニもやってるんですね。
もうすぐ収穫できるかな?

帰り際、斉藤さんが話してくれたこと。
「例えば、きゃべつは農薬何回使うか知ってるか?大体25回。120日のうち25回だから、何日に1回散布する?収穫するまで薬効が切れないようにだな。薬効が効いている間は、虫は葉っぱを食べないし、それどころか卵も孵化しない。あいつらはすごいよな。食べたら危険だって分かるんだからな。人間よりよっぽど利口だろ。人間は毒を食べても気付かずに、普通に野菜食べてるんだからな。こういう事を、ちゃんとお客さんに教えてやらないとダメだぞ」
はい、教わったこと、ちゃんと伝えていかないとですね。


posted by フレスコ at 17:11| おすすめ商品・新商品

2018年06月15日

とうもろこしが始まったよ

今年もとうもろこしの季節がやってきました。
実は2週間ほど前から注文はできたのですが、高くて…。
まだ拡販するまでではないですが、いくらか下げてくれたので。
DSC06178.jpg
まあ、初物ってことで。
初回分、少量ですが千葉佐瀬さんから入荷しました。
DSC06179.jpg
粒の大きさは中粒ってところでしょうか。
結構しっかりしている印象です。
DSC06181.jpg
生でもかじりましたが、念の為蒸して食べてみます。
とうもろこしのいい香りです♪
DSC06183.jpg
甘さ、ありますね。
今どきの激甘ではないですが十分だと思います。
皮はしっかり目で、実も決してジューシーではないです。
その分、旨味がある気がします。
ただ甘いだけのとうもろこしが増えてきましたが、やはり旨味や風味は大事です。
しばらくは入荷も不安定だと思いますが、これから9月まで、各産地、各生産者さんのリレーが続きます。

ついでなので今日のお昼ご飯。
DSC06175.jpg
目玉焼き乗せ焼きそば。
訳あって麺はスーパーで買ってきましたが、添付のソースは使わず、パパやさんのソースを使用。
これ、味がいいだけじゃなくて、加熱すると香りが一気に広がります。
最高のソース。
DSC06176.jpg
焼きそばに欠かせないキャベツは山口さん。
甘いですねえ〜。
で、キャベツの風味もある。
キャベツが美味しい焼きそばって幸せですねえ。
DSC06173.jpg
紅生姜も正しい紅生姜。
当たり前なんですが、紅生姜って生姜で出来ているんだって感じさせる味わい。
焼きそばにも負けない存在感溢れる名脇役。
DSC06177.jpg
放し飼い玉子。
偶然にもいい火の入り方。
ちょうどこの辺りの、黄身の部分ね、麺と絡まってこれがまた美味しいんですよ。

入荷情報
近日、沖縄もずく入荷します。
もしかしたら日曜日には売り場に出せるかも。



posted by フレスコ at 23:13| おすすめ商品・新商品

2018年06月13日

サッシーはどうなんだ?

ラッシーは犬。
ネッシーは怪獣。
サッチーは野村夫人。
DSC06150.jpg
ではサッシーは?
DSC06151.jpg
正解はじゃが芋でした。
千葉の宮本さんから送られてきたサッシー。
新しい品種なんでしょうね。
もちろん、フレスコでも初めての品種です。
DSC06153.jpg
断面です。
ふむふむ、なるほど。
って分かりませんね、見ただけじゃ。
そう言えば斉藤さんが「生でも舐めればでんぷん質が多いとか分かるんだ」と言ってたっけ。
で、ナメナメ…。
うーん、分からん…。
まだまだです。
DSC06154.jpg
さて、どうしてくれようか、このお芋さん。
と考え抜いた結果、揚げじゃが風にすることに決めました。
DSC06156.jpg
作り方の詳細は割愛しますが、先に切った芋を蒸して火を通しておきます。
その後、油で両面こんがりと焼き色をつければ、簡単で油も少なくできる揚げじゃが風。
DSC06155.jpg
味付けの塩と胡椒は、ジュゲンさんのイヤシロソルト+向井さんの黒コショー。
もう、これだけで絶対美味しくなっちゃうって想像できますね。
ちなみにこのイヤシロソルト、還元力と言って酸化したものを…、長くなるのでまたの機会にしましょう。
とにかく美味しいんです。
DSC06162.jpg
出来上がったら、柴本さんのパセリをパラパラ。
DSC06165.jpg
ついでにバラ肉をこんがり焼いて、こちらも例の塩と胡椒。
DSC06168.jpg
これ、絶対ビールのつまみでしょ。
塩も胡椒も、そしてパセリもいい仕事してますねえ。

で、肝心のサッシーの味です。
結論から言うと、新じゃが芋としてはかなり美味しいと思います。
基本的に新じゃがは水分は豊富ですが、逆に甘みや旨味は少なく、貯蔵物に比べると味自体は劣ります。
でも、この芋はそれなりに風味もあるしホクホク感もある。
糖化しやすいと聞いているので、これが熟してきたらもっと美味しくなるような気がします。
ただ、今分かるのは、あくまで品種としての傾向であり、他の生産者が作っても美味しいかどうかは分かりません。
宮本さんのサッシーだからこその美味しさなのかもしれません。


入荷情報
今日現在、トマト類はミニトマトだけの品揃えですが、普通のトマトは18日(月)からの品揃えの予定です。

★特売情報
【今月は北海道セール!】
北海道相内さんの有機米ゆめぴりか(白米、玄米)20%引き!
北海道産圧搾なたねサラダ油20%引き!
(6月末まで)
posted by フレスコ at 09:01| おすすめ商品・新商品

2018年06月10日

待望のフルーツシューと冷凍みかん

冷凍庫の入れ替えも無事終了し、新商品の到着を待つばかりとなりました。
約一ヶ月前に試食版をご紹介してから「まだですか?」「いつですか?」の声を多数いただいていました商品。
DSC05308.jpg
フルーツシュー。
いちごバージョン。
DSC06112.jpg
はい、届きましたよ。
箱を開けると、大きな商品ポップが数枚。
いいですねえ、このやる気。
DSC06113.jpg
実は昨日納品されたのですが、すでにかなりの数が出ています。
ありがたいことです。
冷凍品なので、解凍して食べていただきますが、完全に溶けなくても少し溶けたくらいもまた美味しいですよ。

そしてもう一品。
昨年の夏、お世話になった方も多かったと思います。
DSC06115.jpg
こちらも届きました。
R5165505.jpg
感動のみかんを、暑い夏に!
今年もやってきました、佐藤さんの冷凍みかん。
R5165513.jpg
こちらも、半溶けが美味しい♪
そして皮ごと食べる!
これが、ポイントです。

フレスコ便り6月号出ています。
今月もクーポン入っています。
冷凍品全品対象の券も入れてますので、上手にご利用ください。


posted by フレスコ at 12:28| おすすめ商品・新商品

2018年06月09日

究極のミニトマト食べ比べ

よりによってミニトマトが3生産者の3種類。
3種類のミニトマトが同時入荷することは、今までなかったような…。
僕の記憶が正しければですが。
DSC06072.jpg
さてさて、食べ比べが楽しみです。
DSC06069.jpg
新潟小林さんのミニトマト。
色が濃いですね。
見ただけで小林さんのって分かります。
DSC06070.jpg
千葉大木さんのミニトマト。
小林さんに比べると、明るい色です。
DSC06071.jpg
そして、初めての取り扱いとなります、千葉越川さんのミニトマト。
ケースが仕切られているのは好感が持てます。
輸送時にトマトが片寄って潰れない工夫ですね。
では食べてみましょう。
DSC06073.jpg
まず小林さんから。
うん、甘いなあ。
まさにフルーツのような濃厚な甘さですね。
誰が食べても美味しいと感じる味わいだと思います。
DSC06074.jpg
続いて大木さん。
甘さもしっかりあり、それでいて酸味も程よくあります。
ただ甘さだけを追求していない、とてもバランスがいい味わいです。
DSC06076.jpg
最後に越川さん。
ん?甘さは弱い?
さっぱりした味わいか…、うーん、どうなんだ?これは…。
でも…あれ?
この、あとに残るトマトの風味、余韻。
悪くないぞ。
決して味が薄い訳ではなく、何と言うか…、昔ながらのトマトって感じ?
確かに糖度だけでは引けを取りますが、これはこれで十分ありだと思います。

なお、小林さんと大木さんは減農薬栽培で、越川さんのみ無農薬栽培です。
本来このアドバンテージは大きいはずで、評価してあげてほしいところです。
味を追求すればただでさえ難しいトマト栽培、さらに困難な無農薬なんです。
「トマトの無農薬?マジっすか!」と驚いてほしいところなんですね。
ちなみに、世間一般のトマトの農薬回数は50回ほどです。
よく聞かれますが、洗えばいいとか、そんな単純な問題じゃなんです。
DSC06111.jpg
めったにない機会なので、皆さんに食べ比べてほしいなあ。
という訳で、食べ比べお買い得セット!を作ります。
3つ買うより200円ほどお安く!でいかがでしょうか。
究極のミニトマト、食べ比べです。


お知らせ
今月の宇野さんのお話し会は17日(日)13時〜です。
テーマは「価値あるものを選ぶ」の話です。
無料です。
posted by フレスコ at 08:57| おすすめ商品・新商品

2018年06月07日

終了間近の落花生とパッケージの話

先日紹介した究極の柿ピーセット。
宇野さんの大粒落花生、手のし柿の種、内山さんの食べる煮干し。
これをセットにして販売したら、かなり好評でした。
DSC06063.jpg
数量限定ですがセットで100円引きです。
絹子のお勧めだけあって、ポップにも力が入っているようです。
たくさんの方にもっと食べていただきたいのですが…。
DSC06064.jpg
落花生の在庫がかなり少なくなってきたとの連絡が生産者さんからありました。
来週分、少し確保はしましたが、なくなるのも時間の問題でしょう。

さて、今週納品分から袋が少し変わりましたね。
黒い縦の帯状のシール。
これ、いいですね。
DSC06065.jpg
前は味気のない無地でした。
DSC06067.jpg
裏面は写真と詳しい説明書きが入っていて、かなりよくなったと思います。
DSC06066.jpg
ちなみに前はこれ。
かなり進化していますね。
おそらく「パッケージ、何とかしてくれよ」との声が多かったのでしょう。
うちみたいな店から。

いや、パッケージってものすごく大事なんです。
せっかく内容がいいのに、ダサすぎて売れない…なんて商品がたくさんありました。
だからフレスコでラベルをデザインして…という商品もかなりあります。
僕らのような素人がデザインしたラベルがいいか悪いかは別として、少なくともお客様の目に止まる確率は大幅に上がります。
結果、売上数倍!なんて商品もたくさんあったりします。

例えばですが…。
DSC06068.jpg
今シーズン、試しに併売している丸山さんのりんごジュース。
右が丸山さんオリジナル、左がフレスコオリジナル。
中身は同じ。
10人中10人が左のジュースをレジにお持ちになります。
丸山さんと、りんごジュースの魅力をぎゅっと詰め込み、時間をかけて作ったラベルなので、逆だったらへこみますよね。

ここまで手をかけなくても、細長いシール一つで見栄えがよくなるって、いいアイデアだと思います。
大粒落花生、残り僅かです。
お早めにどうぞ。

入荷情報
9日(土)シュークリーム入荷します。

posted by フレスコ at 20:04| おすすめ商品・新商品

2018年06月03日

絹子のアレンジ、デザート&おつまみ

発売直後に注文したのに、すでに欠品。
メーカーさんでも製造が追いつかないとか。
何度か注文してようやく入荷しました。
DSC05971.jpg
豆シリーズが人気のだいずデイズさんの新商品です。
問屋の担当者さんも「久々の大ヒットになりましたねえ」と言っていました。
DSC06035.jpg
まずは黒豆バージョン。
袋を開けるとこんな感じ。
ちょっとイメージと違ってました。
DSC05957.jpg
説明書きだと、先に袋の中でスプーンで崩すようです。
パッケージのイメージとはちょっと違いますが、味はいいですね。
お豆のメーカーだけあって黒豆が美味いです。
本葛や寒天も正しいものを使っているだけあって、正しい味わい。
スイーツなので甘いですが、決して甘ったるくないところもいいと思います。
DSC05934.jpg
こちらは小豆バージョン。
黒豆に比べてさっぱりしていますが、こちらも美味しい。
なるほど、これは売れるはずです。
以前、メーカーの担当者さんと話しましたが、原材料にはものすごくこだわって使っているようです。
「安全で美味しくて、それでいてお買い求めやすいお値段で」と言っていました。
本質が分かっている、いいメーカーさんだと感じました。
DSC05959.jpg
で、今日の本題はスタッフ絹子のアレンジ。
このままで終わらないのが、すごいところ。
こちらも人気の阿蘇のアイス。
DSC05961.jpg
これをトッピング。
今日はバニラをチョイスしましたが、これが合うんですねえ。
見た目はなんですが、これは美味いですね。
夏に嬉しいスイーツです。

絹子のお勧めと言えば、落花生+柿の種。
DSC06036.jpg
宇野さんのジャンボ落花生。
甘くて大粒で、もちろんこのまま食べても美味しい。
以前、落花生農家さんの畑を訪れましたが、土が良かったです。
この土が美味しい落花生を作るんだなあとつくづく感じたものです。
DSC06037.jpg
こちらも絹子のお勧め。
なんと言っても手のし。
一粒一粒が手作りなんです。
ちゃんとお米が原料なんだって分かる味わい。
もちろん原材料も完璧。
水稲もち米(新潟)、醤油[大豆(遺伝子組換えでない)、小麦]、ビート糖、酒、唐辛子のみ。
見る人が見れば、おーすげー!となる原材料。
内容も味も、世間の柿の種と一緒にしてもらっては困ります。

で、落花生と柿の種を一緒に食べると美味しいよって話なんですが…。
DSC06038.jpg
改めてご紹介するのが、内山さんの食べる煮干し。
イワシの風味といい、塩加減といい、完璧です。
パッケージはなんですが、一度食べたほとんどの方がリピートしてます。
ちなみに、この煮干しを堆肥に使って栽培しているのが、今販売している内山さんの新玉ねぎです。

そして絹子のアレンジ。
DSC05908.jpg
スペシャルな三位一体!
今までお勧めしていた、落花生+柿の種に、食べる煮干しをプラス。
これがですね、素晴らしくいい仕事をしているんですよ。
この小さいイワシ君が。
自らも主張し、でも主張しすぎず、落花生と柿の種をより強く結び付けるような存在。
個人的には、落花生1粒、柿の種1粒、煮干し2匹を一口で食べるのが最高かと思っています。
口の中でそれぞれの香ばしさが溢れるようです。
めちゃくちゃ美味しい組み合わせです。
ただし、ビールがあまりにも進んでしまうので、ご注意ください。


明日、新冷凍ショーケースが届きます。
posted by フレスコ at 08:55| おすすめ商品・新商品

2018年06月02日

小林さんのミニトマトとほうれん草の食べ比べ

もしかしたら、そろそろかなあと思ってはいました。
でも、アミーゴミニが今ひとつだったので、念の為来週分で大木さんのミニトマトを発注してしまった直後。
「味、乗ってきたので電話しました」と小林さんから。
DSC06025.jpg
新潟から即日発送ですぐに届いたミニトマト。
さすがですね、小林さん。
DSC06027.jpg
元々、秋物の方が味がいいのですが、この時期にしては上出来です。
本来、トマトらしい青臭い風味が特徴で、そこは秋物に比べると劣る気がしますが、糖度は高いし、コクと旨味もある。
十分に美味しいミニトマトです。
来週は大木さんのミニトマトと食べ比べです。

先日の小松菜と春菊に続き、またしても食べ比べとなったのは、のらくらさんと柴本さんのほうれん草。
DSC06028.jpg
左がのらくらさん、右が柴本さんです。
もちろん、どちらも無農薬。
DSC06031.jpg
のらくらさんのほうれん草は非常にみずみずしい印象です。
生でもいけるほど、エグミはないです。
その分、ややほうれん草の味わいや風味が弱い気がしますが、無理を言ってやや早採りしてもらったせいもあるかもしれません。
DSC06030.jpg
柴本さんの方はほうれん草の味わいがしっかりです。
もちろん、冬の石井さんのほうれん草のように甘くて味が濃くてとはいきませんが、ほうれん草らしい味わいは十分にあります。
ただ、価格は同じで、のらくらさんは200g、柴本さんは150g。
その差をどう見るかですね。
DSC06032.jpg
のらくらさんからは、サニーレタスやチンゲン菜も入荷しました。
このラディッシュはいいですね。
大根らしい辛味もあるし、パリッとして食感もいい。
サラダに混ぜても存在感があるし、彩りもいい。
漬物にしても良さそうですね。

その他、のらくらさんからは春菊、にんにくの芽も入荷しています。
柴本さんからは、ほうれん草の他、小松菜、春菊が入荷しています。



posted by フレスコ at 15:32| おすすめ商品・新商品