2019年12月06日

伊豆に行ってきました(私的番外編)

藤井さんを訪れたのは2日目で、これは初日の様子。
IMG_3475.jpg
とある温泉街。
と言っても、かつての温泉街。
「この辺にいい温泉ありますか?」と居合わせた工事のおじさんに聞いて教えてもらった場所。
お風呂に入った後ですが、温泉宿のおばちゃんと話しました。
「随分古いけど、ここは昔からあるんですか?」
「明治時代からね。昔は温泉宿がたくさんあったけどみんな辞めてしまって。川の向かいは川端康成が泊まっていた宿なんだけど、残っているのはあそことうちの2軒だけ」
「そうなんですか…。あちらの宿は川端さんがねえ」
IMG_3474.jpg
「主人を亡くして20年、私一人でやってきて。商売は続けるのも大変。でも辞めるのも大変。年中そのことで頭がいっぱいです」
「そうですか。僕も自分で店を始めて10年で…。ここは明治からでしょ。全然まだまだですよね」
「自営は大変でしょ。でもあなたもがんばりなさい」
そんな話や、色んな話をさせてもらい、すごく良かったです。
IMG_3468.jpg
日帰り入浴させてもらった温泉ですが、これがすごくよかった。
無色無臭でとても軟らかいお湯。
さほど熱いお湯でもないし、入っていたのは10分か15分程度なのに、上がってからずっと体がホカホカでした。
それから暗くなって寒い中バイクでしばらく走り、それでも湯冷めしないって、すごい。

さて、夕食。
宿は素泊まりにしたので、近くのスーパーで値引きされていたお刺身を買ってきました。
IMG_3478.jpg
地物でまとめてみました。
アジ、金目鯛、ムツ。
このままだとちょっと味気ないので、盛り付けし直して気分を盛り上げましょう。
IMG_3480.jpg
はい、どうでしょう!
IMG_3481.jpg
それらしくなりました。
IMG_3490.jpg
こんなこともあるかもと、念のため店から持ってきた正しいお醤油。
せっかくだから美味しいお醤油でいただきたい。
IMG_3486.jpg
こんなこともあるかもと、念のため昼間直売所で購入した生わさびミニ。
藤井さんのじゃないのが残念だけど、やはり生にはこだわりたい。
で、いただいてみましょう。
IMG_3495.jpg
いいです!
そりゃ地元のお店にでも入って食べる方がいいでしょうが、スーパーの値引き品と考えれば上出来過ぎです。
醤油もいい、わさびも辛い。
うん、納得。
IMG_3505.jpg
夜は星がきれいでした。
真っ暗に見えますが、拡大すると結構写ってるんですよ。
IMG_3513.jpg
海もきれいでした。
IMG_3542.jpg
富士山も美しかったです。
IMG_3552.jpg
2日間、天気にも恵まれました。
山道も海沿いの道もすっごい気持ちいいー!
うん、満足満足。
これから年末に向け忙しくなるので、もしかしたら今年の走り納めかも…。
さて、やることいっぱい。
店に戻ってがんばりますか。


posted by フレスコ at 19:16| オーナーの話

2019年12月05日

伊豆に行ってきました(藤井さん編)

一日休みを頂きまして、一泊で伊豆ツーリングに行ってきました。
前日まで行き先に迷いましたが、東北や信州はさすがに寒いだろう。
やっぱり温暖な伊豆かなと。
伊豆と言えば、わさびの藤井さんに会っておきたい。
IMG_3516.jpg
で、2日目の午前中に「今日行っていいですか?」と電話し、直接わさび田に行くことになりました。
バイクで林道を上っていきます。
前は車に乗せてもらったので自分でバイクで行ったのは初めてだし、以前のように落石はほとんどなかったけど、枯れ葉と苔でタイヤが滑り、なにせ片側が崖なので、かなりヒヤヒヤでした。
IMG_3533.jpg
今日は一人でわさび田の掃除をしていた藤井さん。
台風の被害は大きかったらしく、作業場の土台が流されてしまったそうです。
修復には、横に流れる川の中の大きな岩をドリルや杭で割り、それを滑車で持ち上げ組み上げていったそうです。
「水の力はすごいですよ。相当な濁流になったんでしょうね」
IMGP5486.jpg
これは最初に訪れた時の写真ですが、橋を渡った左にテント小屋がありますが、その土台に石組みが見えます。
その石組みが流されてしまったようです。
相当な水量だったんですね。
それにしてもすごい重労働ですよ。
石って言っても1メートル位あるし、一人でこの修復作業をするって。
IMG_3519.jpg
幸い、わさび田の方は無事でした。
相変わらず、きれいな清流で健康に育っている無農薬のわさび。
何度も言いますが、超貴重な無農薬わさびです。
一般に流通するわさびは、農薬も化学肥料も使っているそうです。
IMG_3536.jpg
この辺の紅葉は12月も下旬だそうで、かなり遅いんですね。
「もう12月、早いですね」
「また来年も目標を立ててがんばりますよ」
目標を立てるって、思えばずっとやっていなかったかも。
うん、大事なことだ。
いい年になりますようにとか、そんなんじゃなくてね。
皆さん、一年の目標立ててますか?
IMG_3527.jpg
「そうだ、わさび一本もらえますか?」
「もちろん、いいですよ。自分で食べる用ですか?」
「はい」
IMG_3528.jpg
「この辛そうなの、よさそうですよ」
「おいくらですか?」
「いいですよ。持っていって。せっかく来てくれたんだから」
IMG_3529.jpg
藤井さん優しい!
自分で食べる用なので、見た目は悪いですが、絶対美味いですよ、これ。
IMG_3537.jpg
「写真、一緒に撮っておきますか」
「はい!」
藤井さん、僕より2歳上だったかな。
心身共に若々しい感じです。
見習わないと。

藤井さんのわさび、年内にもう一度注文します。
年末かお正月に需要があるそうなので、その頃まで持つタイミングが良さそうですね。
決まったら改めてお知らせします。
お蕎麦でもお刺身でも、それからわさび焼酎も美味しいですよ。

posted by フレスコ at 09:28| オーナーの話

2019年11月07日

イブスキーさんに会いに行く

イブスキーさんと言っても、ロシアの方ではありません。
鹿児島の指宿(いぶすき)で灰干しを製造販売している日本人の浜上さんです。(僕らが勝手に呼んでいるだけです)
少し前に、イブスキー浜上さんから、展示会のお誘いがあり、スタッフ絹子と一緒に有楽町まで行ってきました。
今回は鹿児島指宿市の主催する割と小さめのイベントです。
IMG_3026.jpg
「あっ!来てくれたんですね。忙しいんじゃないですか?」と浜上さん。
「忙しいですよ。でも会いに来ましたよ」
「うちの商品も見ていって下さい。パッケージが新しくなりまして…」と細かな改善点を説明してくれました。
IMG_3029.jpg
それから新商品として検討しているのが甘鯛の灰干し。
「これ、ものすごく美味しいです!でも値段が1000円位しちゃうんです。魚自体高いし、骨を取るのも大変なんです。だからどうしようかと思って」
「1000円かあ。でも美味しいんですよね」
IMG_3031.jpg
「すごく美味しいです。今度サンプル送ります。食べてみて下さい」
「やった〜♪」と喜ぶ絹子。
「次回は2月にこっちに来ますので、その時はお店に行きます」
「夜に来てよ」
「もちろんです!」
IMG_3037.jpg
昨年の展示会で出会い品揃えを始めた三州屋さんも来ていました。
ここのダシ、文句なしに最高です。
IMG_3039.jpg
「今日も味見していって下さい」
「ありがとうございます」
IMG_3040.jpg
「美味しい〜♪お客さんもすごく美味しいって好評なんです」
「そう言ってもらえると、本当に嬉しいです」
IMG_3043.jpg
「今度店にも来て下さいね♪」
「浦和にはたまに行くので、その時にでも」
「待ってます」

今回の展示会では、新たな出会いはなかったかな?
もしかしたらびわ茶とか?

その後、有楽町の地下とか少し歩いたりしましたが、あの辺はすごく面白いですね。
なんか昭和が色濃く残ってるって感じで。
飲食店も古くからの名店が多そうだし。
IMG_3052.jpg
お昼に食べたお蕎麦。
これがなかなかいい。
そばの産地行っても、そうそう美味しいそばに出会えませんし、これで十分過ぎるって美味しさでした。
IMG_3053.jpg
絹子はたぬきそば。
少し頂きましたが、これも美味しかったです。

入荷情報
飯田さんのかぶ、入荷しました。
今シーズンは葉切りです。


posted by フレスコ at 15:33| オーナーの話

2019年11月06日

クオンさんに会いに行く

昨日の定休日。
快晴!
久しぶりにバイクに乗りたい!
どこかに行きたい!
IMG_2983.jpg
で、当日になって行き先を決めました。
数日前に店に来てくれて、お話させていただいた栃木の農家さん。
無農薬栽培をしているベトナム人のクオンさんと日本人の奥さん片山さん。
お話の内容から、ちょっと畑を見てみたいと思っていたので。
IMG_2984.jpg
少し山に入ったのどかな場所にあり、行ったことはないですが、ご自宅もベトナムって感じ?
IMG_3008.jpg
早速畑を案内してくれました。
この方がクオンさん。
IMG_3005.jpg
まだ日本語が上手に話せないので、奥さんに通訳をしてもらっての会話ですが、無農薬栽培や食の安全に関してものすごく勉強されています。
「食の安全はベトナム人の方が意識が高いです。ベトナムは危険な食品も多いので。日本は添加物や農薬を食べてもすぐに死んじゃう訳ではないから、病気にならないと気が付きません」
IMG_3010.jpg
土作りにも徹底的にこだわっています。
自前の鶏糞の他、購入したおがくずも使っているらしいですが、おがくずに遺伝子組み換えの物が混ざっていないかまで調べるそうです。
IMG_3017.jpg.
現地で数種類食べさせてもらいましたが、なかなかいい感じ。
畑によってまだ味のムラがあるようで、そこは課題かなと思います。
IMG_2995.jpg
鶏も飼っています。
IMG_2988.jpg
放し飼いで餌にもこだわった超健康な鶏さんです。
この鶏の糞も畑に使い、循環農業を行っています。
お役目を終えた鶏さんは自宅で捌いて食すようですが、これがとても美味しいとの事。
「こんなに健康に育って、きっと美味しいんでしょうね」
「はい。味が濃くてとても美味しいです。もしよかったら、今日2羽ほど連れて帰りますか?」
「2羽って、そのままですよね。うーん…。頂きたいところですが…」
IMG_3021.jpg
お子さんも3人いるそうで、こんな環境で育った子どもたちはきっと豊かな大人に成長するだろうなと思いますね。
素晴らしい!
IMG_3057.jpg
で、今日届いた野菜のサンプル。
これからスタッフ皆で味見をさせていただいた上で、取り扱うか決めたいと思います。
内容は申し分ないですが、あとは味かな。
IMG_2960.jpg
こちらは放し飼いの玉子。
IMG_2961.jpg
黄身がこんもり。
クセがなく非常にナチュラルは味わいで、美味しかったです。
ただ、今扱っている玉子より100円以上高くなってしまうので…。
IMG_3023.jpg
関係ないですが、ツーリングの帰りに食べた味噌ラーメン。
味噌も麺もチャーシューもこだわりを感じ、とても美味しかったです。


posted by フレスコ at 18:37| オーナーの話

2019年11月03日

柴本さんも参加のキャンプだったかな?

先日のキャンプ、きっかけの話。
今年の春、黒姫和漢薬の森君が営業で店に来た時の会話。
「黒姫だったらバイクでよく行ってたよ。近くでキャンプして」
「近くまで来てたんですね。今度長野で一緒にキャンプしましょうよ」
なんて話からでした。

で、たまたまその話を柴本さんにしたら「俺も行きたい。社長にも会いたいな」なんて話で3人でキャンプするはずでした。
「でも、テントとか寝袋持ってないけど、どうしようか」
「じゃあ、僕が何とかします。ちょっと考えます。日にち決まったらまた電話しますよ」
その会話が最後にになってしまいました。
僕はもちろんですが、柴本さんもすごく楽しみにしてたんですよね。

その時はキャンプの話も流れてしまいましたが、でも改めてまた計画しよう、せっかくだからみんな誘ってやろうよ、そうして今回のイベントになった訳です。
そんな意味では、今回集まり出会った仲間たちは、柴本さんがつないでくれた縁じゃないかなって思っています。
10.jpg
だから今回のキャンプには柴本さんも一緒にとビールを一本。
みんなで一緒に飲みましょう。
IMG_2847.jpg
集まってくれた柴本さんの弟子たち。
左から勝山さん、大内さん、太田君。
見ているのは近日公開予定?のファーマーズファミリー2019から柴本さん編。
みんな大好きな師匠だったですから、色々と思うところもあるでしょうね。
3人共、すっごくいい連中ですよ。
太田君は今農業から離れていますが、今でも志は持っているし。
それに、今回集まってくれた大先輩の農家さんたちが付いているからね、大丈夫。
IMG_2895.jpg
キャンプの後、中野まで行き、絹子と柴本さんのお墓参り。
「柴本さん、お久しぶりです。みんな集まってくれたキャンプ、楽しかったです。柴本さんも来てくれましたか?」
IMG_2901.jpg
少し離れた場所にある、柴本さんが一番好きだった畑。
今は雑草に覆われています。
いつか誰かがこの畑を継いでくれたらいいなあ。

でも、とりあえず、柴本さんの弟子たちは皆さん頑張ってます。
応援してやってください。


posted by フレスコ at 20:08| オーナーの話

2019年10月31日

キャンプで食べてみたよ

とりあえず15人分位の食材を用意したので、食料もお酒も豊富にありました。
IMG_2809.jpg
目玉は骨付きもも肉の炭火焼き。
味付けは海の精さんのハーブソルトを使用。
IMG_2813.jpg
焼き上がった順に食べてもらい、次に浜上さんのカツオの灰干し。
フライパンでもいいけど、やっぱり炭火焼きは風味が違います。
酒が進んじゃいます。
06.jpg
チキンの味はどうですか?
04.jpg
言うまでもなく、最高でしょ!
IMG_2807.jpg
左は納豆の村田さんの奥さんが作ってくれたという納豆の春巻きに3種の特製ソース付き。
これが大人気で、あっという間に売り切れてしまいました。
右奥が大内さんの紅大根の甘酢漬け。
お酢は飯尾さんの富士酢使用。
その手前は身欠きにしんの酢醤油漬け。
醤油は大徳さん、お酢は飯尾さん。
この2品は僕が一週間前位から仕込んでおきました。
05.jpg
奥の語る二人は加藤さんと森君。
地鶏を職人技のように焼く小野さんと、見つめる加藤さんの娘、食べる絹子。
IMG_2827.jpg
エムプランの吉田さん差し入れの椎茸やエリンギやお野菜も炭火焼き。
僕は食べないうちに無くなっていましたが、好評でした。
08.jpg
大内さん差し入れの地元産おやきも。
すごく美味しいおやきだったし、色んな味が楽しめました。
07.jpg
ホタテのバター焼き。
醤油とバターのいい香り♪
IMG_2838.jpg
これも数日前からタレに漬け込んでおいた豚ロースブロックを丸焼き。
09.jpg
分厚くカットし炭火焼き。
これに斉藤さんのクレソンを乗せると最高なんです。
IMG_2868.jpg
朝、加藤さん親子が作るのは納豆餅。
加藤さんのお餅と村田さんの納豆、最高のコラボレーション。
加藤さんの刻んだ長ねぎとすり下ろした大根、飯尾さんのお酢、村田さんのだし醤油等を味見をしながら調合。
IMG_2872.jpg
これ、すっごい美味い!
使ってる素材が全て素晴らしいものだけですから、最高ですよ。
IMG_2876.jpg
エムプランさんの舞茸と椿き家さんの豆腐の味噌汁。
味噌は加藤さんの籾発芽玄米味噌に、ダシはカネサさんの本枯れ鰹節。
すっごい美味い!
IMG_2878.jpg
食後に丸山さんのりんごで焼きりんごも作ってみました。
もはやお腹いっぱいです。
IMG_2874.jpg
吉田さんが差し入れしてくれた長野の珍しいぶどうもデザートに。
IMG_2863.jpg
キャンプの朝に飲むコーヒーは最高です。

今回、素材も調味料も可能な限りフレスコのものを優先して使わせてもらいました。
豪華な夕食と朝食、満足過ぎるお食事。
最高でした。
今回参加された方や、残念ながら参加できなかった方から「またやりましょう!」「次は行きます!」なんて声をいただきまして嬉しい限りですが、計画とか食事の準備とか結構大変なんですよねえ…。
でも、またやりましょう!
いつになるか分からないけど、すっごい楽しみ!


posted by フレスコ at 20:15| オーナーの話

2019年10月30日

フレスコ友の会キャンプin戸隠

かなり前から長野でキャンプしようかとの計画があり、来られそうな方々に声をかけさせてもらったら、ホントにたくさんの皆さんが集まってくれました。
IMG_2799.jpg
地元長野からは、黒姫和漢薬のJr森君、柴本さんの弟子だった大内さん、勝山さん、太田さん、南水梨を出荷してくれている浅沼さん、納豆の村田さん、きのこのエムプランさんから営業の吉田さん。
IMG_2819.jpg
はるばる秋田から加藤さんと娘さん、フレスコのお客さんで小野さん、そして僕とスタッフ絹子。
他にも参加する予定だったけど来られなかった方々や、できれば参加したかった方々もたくさんいました。
IMG_2853.jpg
りんご農家の丸山さんもその一人で、りんご一箱とお酒の差し入れを吉田さんに託してくれていました。
IMG_2854.jpg
丸山さん、感謝!
出張で急きょ不参加になってしまった黒姫の社長からはビール1箱の差し入れ、吉田さんからきのこ諸々とぶどうやりんごの差し入れ。
IMG_2836.jpg
大内さんからおやきの差し入れ、村田さんから納豆の差し入れ、加藤さんからは餅の差し入れ等々、皆さん感謝です。
食べるものが沢山で、また後日改めてご紹介します。
03.jpg
飲んで食べて語って、楽しんでくれたでしょうか。
02.jpg
お客さんの小野さんもがんばってくれました。
01.jpg
本当に皆さんに感謝です。
IMG_2888.jpg
翌日の朝は黒姫和漢薬さんに挨拶。
僕らは社長と久々の再会で、加藤さん親子は初対面。
IMG_2894.jpg
話も盛り上がり、今後公私ともにいいお付き合いができそうですね。
皆さん、最高に素晴らしい生産者さんばかりなので、横のつながりができたらというのも目的の一つでした。
とにかく皆さん忙しい中、遠いところ、寒い中、集まってくれて僕は本当に嬉しかったです。

そうそう、キャンプの日の深夜から朝は0度近くになったようで…。
皆さん、本当お疲れ様でした!
そして、ありがとうございました!


posted by フレスコ at 21:10| オーナーの話

2019年10月20日

パイナップルを食べてみた

フレスコ初のパイナップル。
今日食べてみました。
IMG_2739.jpg
パイナップルは追熟しない果物。
なので、放っておいても収穫時より甘くはならず、酸味が抜けることで甘さを感じるようになります。
だから、どれだけ熟して収穫するかが大事なんですね。
IMG_2743.jpg
今日食べたのは、表面の一部に僅かな緑色が残る程度のもので、香りは十分でした。
甘さは十分ですが、若干酸味が強かったかな。
あとは好みだと思います。
ものすごく甘いのが良ければ、あと2,3日位?ってところだったでしょうか。
でも、非常に美味しいパイナップルでした。
フレスコでは初めての扱いなので、この辺の食べ頃?は来年以降にお客様に詳しくお伝えできると思います。

今日は宇野さんのお話会でした。
IMG_2737.jpg
テーマは陰陽五行。
それに関連して、参加者全員、個別に病気になりやすい体の場所と治し方?性格判断?相性占い?を実施。
「あっ、確かに私そこ痛いです。そこが原因なんですね」
「はい、イライラしやすいです。当たってます」
「相性、確かに悪いかもです」
そんな感じで、なかなか楽しいお話会でした。


posted by フレスコ at 20:28| オーナーの話

2019年10月17日

展示会に行ってきました

スタッフ絹子とムソーさんの展示会に行ってきました。
IMG_2653.jpg
お魚の缶詰は千葉産直さん。
IMG_2655.jpg
さすが、どれを食べても美味いですね。
内容、味共に最高です。
IMG_2660.jpg
マヌカハニー。
値段はするけど、内容は最高。
なるほど、これからの季節、インフルエンザ対策に訴求ですか。
IMG_2659.jpg
マヌカハニーキャンディー、これいいかも。
IMG_2667.jpg
復活のカステラ。
IMG_2665.jpg
もっちりした食感で、素材の美味しさが生きています。
絹子もお気に入りでした。
IMG_2671.jpg
天然素材のラップ。
これ、すごく良かったです。
IMG_2674.jpg
一枚でもサンプル欲しかったなあ…。
これ、手にしないと良さが分からないです。
IMG_2680.jpg
お酢の飯尾さん。
これも間違いなしです。
酸っぱいだけじゃなくて、旨味が最高なんです。
IMG_2682.jpg
別所さんの練り物がすっごい美味い!
新商品も美味い!
昨年扱ったレトルトのおでんはイマイチだと感じていたのを伝えたところ「レトルトにして美味しいはずがないんです。お勧めしません」と正直に話してくれました。
「お勧めは生か冷凍」とのこと。
冷凍のおでんがあるので今度注文してみます。
IMG_2687.jpg
ヤマトさんの新商品。
玄米甘糀特濃とショコラ。
濃厚でこれも美味しかった〜。
天然の甘味料として最高です。
IMG_2689.jpg
「1本どうぞ」
「いいんですか?嬉しい〜♪」
あちこちでたくさんのサンプルをいただいて、僕は荷物持ちです。(かなり重い…)
IMG_2694.jpg
新商品のチョコレートもたくさん食べてきました。
どれも美味しいなあ〜。
お客さんも迷うでしょ。
IMG_2697.jpg
クッキーも美味しかったです。
これら近日注文出します。
IMG_2705.jpg
毎年恒例、おせちの試食も。
その後、クリスマスのケーキの試食もして、相当お腹いっぱいになりました。
他にも馴染みのメーカーさんを含め、たくさんの商談をさせていただき、かなり充実。
他の一般向けの展示会と違って、全てが安心安全のメーカーさんなので、対象が多くありがたいですが、時間もかかったりします。
でも、どのメーカーさんのどの食品を食べても最高に美味しいというのが嬉しいところです。
IMG_2703.jpg
数ヶ月前からフレスコでも試しに扱い始めている青果品に関しては、冷静かつ厳しく苦言を呈してきました。
良いものはいいけど、品質と鮮度が悪いものが多過ぎる。
「なにこれ〜。ひどすぎない?」(絹子)、「なんですか、これ。バカにしてますよね」(うっちー)、なんて具合で入荷している商品の半分はフレスコの売り場に並ばず廃棄か見切りコーナー行きですから。
出荷している農家さんが悪いんじゃなくて、ムソーが委託している某青果問屋のレベルの低さと、多分流通や仕組みそのものの問題も、それらの点を把握していないムソー側に問題があると思います。
そもそも、青果のプロがいないって時点で無理な話で、問屋にバカにされてるんです。
でも、苦言を呈するのは良くなってもらいたいとの期待があるからです。
有機農産物を広げるために、がんばってほしいです。


posted by フレスコ at 20:22| オーナーの話

2019年10月04日

小野さんin秋田

フレスコのお客様小野さんが、加藤さんのいる秋田へ行った時の画像を送ってくれました。
たくさんありますが、抜粋してお届けします。
007.jpeg
加藤さんの田んぼ。
広いですね〜。
ちょうど稲刈りの時期だったようです。
001.jpeg
これは天日干しの様子。
今や貴重な風景になってしまいました。
このお米が来週後半にはフレスコに並びます。
image17.jpg
おっ、加藤さん。
農家の顔ですねえ。
店に遊びに(飲みに)来てくれる時の表情とはさすがに違いますね。
006.jpeg
大潟村の美しい風景。
005.jpeg
これは僕も見学させてもらいました。
堆肥を作る場所ですね。
この堆肥が加藤さんのお米の旨味になります。
009.jpeg
機械乾燥のお米用に使う機械。
機械乾燥と言っても、通常よりかなり低温で時間をかけて乾燥するそうですね。
003.jpeg
小野さんはなまはげ伝承館にも行き、なまはげ体験をしてきたそうです。
かなり迫力があり、大人でも怖いとか。
image7.jpeg
小野さん、いいですね〜。
そうです、何事も体験です。

また、旅の詳細は今月のフレスコ便りで特集します。
原稿を送ってもらい、只今編集中ですが、加藤さんと田んぼの魅力がいっぱいです。
僕らスタッフの方の原稿がまだ全然出来ていないので、急いでやらないと…。
来週半ばには発行できるようにがんばります。


posted by フレスコ at 15:24| オーナーの話