2018年07月28日

絹子&ヨッシーの収穫してきたよ

斉藤さんの畑。
あの雑草をなんとかしたい…。
と、草取りのボランティア募集に快く参加してくれた絹子&ヨッシーのコンビ。
思いっきり草取りモードでしたが…。
DSC07349.jpg
「草取りはいいから収穫していきなさい。草取りさせたらもう来ないだろ」と笑う斉藤さん。
DSC07356.jpg
慣れた手付きで茄子を収穫する畑大好き絹子。
DSC07358.jpg
がんばってピーマンを収穫する初心者ヨッシーさん。
DSC07363.jpg
モロヘイヤもせっせと収穫。
DSC07361.jpg
目を離したすきに、畑のミニトマトを勝手につまみ食いしている絹子&ヨッシー。
DSC07383.jpg
トマトを食べて元気が出たのか、林の中を突き進むヨッシーさん。
DSC07385.jpg
「りんご、なってますかね」
DSC07386.jpg
林と言うか、もはやジャングルですね。
残念ながら、りんごは発見できませんでしたが。
DSC07393.jpg
柚子、発見。
DSC07390.jpg
そして小さいけどみかんも。
DSC07365.jpg
畑に戻り、こちら胡麻です。
DSC07369.jpg
栄養価の高いえごま。
DSC07371.jpg
これが醤油漬けにしたえごまの葉です。
DSC07366.jpg
地這いきゅうり。
DSC07367.jpg
葉っぱの下には、ほーら、ちゃんときゅうりがなってます。
採れたてのきゅうりを食べてみましょう。
DSC07397.jpg
「美味しい!」
「美味しいです!」
DSC07373.jpg
「ちゃんときゅうりの香りがするだろ。皮が薄くて種が少なくて、これが美味いんだよな」と話しながら収穫した野菜を袋詰めしてくれる斉藤さん。
DSC07380.jpg
「収穫楽しかったです」とヨッシーさん。
「蚊にたくさん刺されました」と絹子。
「毎週来ないとダメだぞ!」と、いつになく上機嫌の斉藤さんでした。

先週の猛暑の中の草取りに比べると、今日の収穫は楽でした。
でもまだまだ暑さは続きます。


posted by フレスコ at 10:57| オーナーの話

2018年07月25日

鯨を食べてきたぞ

ここのところ、定休日の火曜日はずっと晴れ。
でもあまりの暑さでバイクも遠ざかり…。
いや、こんなことじゃいけない。
せっかくの休日を有効に使わなければ。
今週も焼き肉にビールって訳にはいかないぞ。
R0012273.jpg
はい、行ってきました南房総。
R0012270.jpg
外環道も繋がったことだし、埼玉よりはいくらか涼しいかなと選んだのですが…。
R0012265.jpg
あっちもこっちも、どこに行っても暑かった…。
水分補給に塩分補給、全身汗だくで真夏の耐久レースの様相。
R0012266.jpg
負け惜しみじゃないですが、暑さも楽しみましょう。
どうせ秋にでもなれば、この猛暑も忘れちゃうんだから。
冬になれば、間違いなく寒い寒いって言ってるんだから。

さてさて、今日のお昼。
あちこちに見られる魚介系定食ののぼりと看板。
でも今日チョイスしたのはこちら。
R0012279.jpg
鯨定食。
今や超レア物。
刺身定食や焼き魚定食はどこでも食べられるけど、鯨はめったに食べられない。
R0012281.jpg
鯨のお刺身2種。
美味い!
鯨なんて何十年ぶりだろう。
R0012282.jpg
左が鯨の竜田揚げで右が鯨のかつ。
懐かしいなあ…。
竜田揚げは給食でよく出ていましたね。
R0012283.jpg
鯨の佃煮。
すごくいい味付けです。
ご飯が進んじゃいます。
R0012289.jpg
どこぞの団体だか集団だか存じ上げませんが、誰に何を言われようと、僕は鯨が好きだ!
いやね、鯨を食うなとか言われる筋合いはないと僕は思っているし、それよりも日本の捕鯨の歴史から学ぶ所が多いと思うんです。
古来から、鯨のほぼ全ての部位を無駄なく利用してきた日本人。
鯨に限らずですが、牛でも鳥でも、魚でも野菜でも、命をいただくという行為、感謝の気持ち。
それが今、全くないように思えてなりません。
食品ロスの問題なんて、本来ならあり得ない。
鯨を食べるか食べないか以前に、食への意識、正しい食育が必要な気がするんですけどねえ。

鯨さん、ありがとう。
大変美味しくいただきました。


posted by フレスコ at 09:19| オーナーの話

2018年07月21日

草取りと塩

雨が降らず、作物の生育が悪いのに、雑草だけは元気に伸びています。
今日は、最初から草取りをするつもりで斉藤さんの畑に来ました。
DSC07155.jpg
背の高さほどの草もあるし、とにかく雑草だらけ。
さすがに斉藤さん一人では取り切れない。
DSC07182.jpg
大葉も赤じそもモロヘイヤもツルムラサキも雑草に埋もれてしまっています。
DSC07152.jpg
「雑草は水を求めてどんどん根を伸ばすからな。すごいよな草は」と収穫しながら話す斉藤さんも汗だく。
「毎日草取りで、収穫してる暇もない」と。
DSC07157.jpg
全部はとても無理だけど、とりあえずこの一列だけでもなんとかしたい。
DSC07160.jpg
どこから手を付けていいか分からないほどの雑草の量。
それでも約30分。
DSC07176.jpg
一応、向こうまで通れるようになりました。
DSC07181.jpg
やっと顔を出したモロヘイヤさん。
DSC07185.jpg
シャツからパンツからズボンまでびっしょり。
全身汗だくの僕を見て「少しは分かったか」と笑う斉藤さん。
DSC07193.jpg
日頃、無農薬だなんて気軽に言うけど、除草剤を使わないって事はこういう事なんです。
除草剤を散布すれば、それで草は枯れて作業終了。
でも安全で美味しい野菜を作るために、草取りも手作業。
手間も時間も労力もかかるんです。
つまりそれは全てお金です。
雑草に負けたらそれで終わり。
これが無農薬なんです。
DSC07194.jpg
それにしても炎天下の中、久々に大汗かきました。
熱中症対策に水分補給に、そしてイヤシロソルト。
これが一番。
DSC07195.jpg
数振りしてペロペロ。
水分補給と同時に10回位舐めました。
全然違う…気がする。
いや、間違いなく効果あるんだと思います。
炎天下の作業でこれだけ大汗かいて、一応元気なので。
熱中症予防に塩分と言いますが、正しい塩分でなければダメです。
宇野さん曰く「塩と塩化ナトリウムの塩を一緒にするなよ。別もんだよ。塩として認めちゃダメ。ミネラルは含んでいないし、体に溜まっちゃう。減塩って化学的に作られた塩を減らせって事。誰も言わないんだよな、そこを。塩はちゃんと摂れよ」
(宇野さんのお話会は明日22日(日)13時〜です)

さて、来週も草取りがんばりますか。


入荷情報
キングメロン入荷しました。
詳しくは明日。


posted by フレスコ at 17:53| オーナーの話

2018年07月01日

長野に行ってきましたB

長野は中野から、八ヶ岳まで一気に走ります。
あれだけ蒸し暑かったのに、ここは寒い位。
「寒いねえ、ここは」
DSC06478.jpg
「今日は特に涼しいですね」
と畑を案内してくれるのは、スタッフの宮嶋君。
DSC06474.jpg
「これからきゅうりが採れますよ」
DSC06476.jpg
いいきゅうりですね。
でも、きゅうりだらけなんだよなあ。
DSC06485.jpg
「今年は大玉トマトやめたんですよ。中玉に集中しようと思って。こっちの方が味がいいんで」
DSC06487.jpg
もうすぐ出荷が始まるミディトマト。
なんかいい感じかも。
DSC06489.jpg
一粒食べさせてもらいましたが、これが結構いいかもなんです。
甘さよりも旨味を重視したとの事で、その傾向にはあります。
まだ一番果なので、味が乗るのはこれから二番、三番らしいですが、期待できそうです。
DSC06483.jpg
代表の萩原さん。
久しぶりです。
DSC06491.jpg
「いやあ、忙しくてねえ。色々と試しながらやってますよ」
DSC06496.jpg
そう言えば、宮嶋君、結婚するって?おめでとう!
以前海外協力隊で行っていたセネガルの会とかで知り合ったとか。
「そんな出会いの場に、なんで俺を誘わないの」
「マジっすか?忙しいのに、誘ったら本当に来るんですか?」
「そりゃあ、行くに決まってるじゃん」
DSC06500.jpg
さて、そろそろ帰らないと。
5時までに店に戻らないといけないんです。
「フレスコさん、お帰りで〜す!」と萩原さん。
見送りなんていいですって。
DSC06505.jpg
すいません、作業中に全員集合させてしまって。
では記念に1枚。
DSC06498.jpg
ここにも素敵な農家さんがいらっしゃいます。
素晴らしい生産者さんに囲まれ、フレスコは幸せだと改めて実感の旅でした。
皆さん、また会いましょう!



posted by フレスコ at 08:44| オーナーの話

2018年06月30日

加藤さんにおもてなし

秋田の米農家加藤さんが遊びに来てくれました。
「よろしければ皆さんとお酒を…」と連絡をくれたのが数日前でしたが。
DSC06639.jpg
はい、喜んで!
DSC06546.jpg
おもてなしさせていただきます。
フレスコの素材を存分に使った手作り料理で、もちろん添加物はゼロ、農薬もゼロです。
DSC06543.jpg
自家製のぬか漬け。
DSC06545.jpg
黒胡椒と黒酢を効かせた大人のポテトサラダ。
芋はサッシー、その他フレスコの野菜をたっぷり使用しました。
DSC06540.jpg
身欠きにしんの醤油漬け。
正しい調味料で漬け込みました。
DSC06539.jpg
石井さんの枝豆は欠かせないでしょう。
DSC06551.jpg
そして、大人気の鰹のたたきも食べていただきたい。
もちろん塩で。
DSC06560.jpg
「塩で食べるんですか…」
DSC06597 - コピー.jpg
「これは美味い!こんなに美味しい鰹のたたき食べたの初めてですよ」
DSC06575.jpg
楽しい宴会。
うっちーも笑う。
DSC06604.jpg
絹子も笑う。
DSC06564.jpg
加藤さん持参の秋田の日本酒。
DSC06620.jpg
先日福島に行った時に購入してくれた小森さんのぶどうを使ったワイン。
DSC06622.jpg
ワインに合うつまみは、東毛さんのカマンベールチーズにサカタさんのスモークサーモン巻き。
DSC06614.jpg
絹子手作りの梅酒も登場。
DSC06590.jpg
途中参加は沖縄帰りのヨッシーさん。
DSC06584.jpg
差し入れは沖縄のパイナップル。
これは美味い!
DSC06599.jpg
そして泡盛。
おいおい、酒とつまみが美味すぎるぞ!
DSC06650.jpg
案の定、0時を回ってしまいました…。
でも皆さん元気いっぱいです!
もちろん、お仕事の話もさせていただきました。
今後、いい事があるかも?



posted by フレスコ at 19:50| オーナーの話

2018年06月29日

長野に行ってきましたA

おはようございます!
DSC06423.jpg
今日は二日酔いじゃなさそうですね。
昨日、あれだけビール飲んでたのに。
それにしても蒸し暑いです。
中野は盆地のため、長野の中でも気温が高く、特にこの日はすごい。
DSC06421.jpg
これから出荷を迎える茄子の畑。
今年は特に手をかけて育てたそうです。
DSC06425.jpg
「自分で言うのもなんだけど、いいでしょ」
いい茄子が採れそうです。
DSC06427.jpg
ただいま豊作中のきゅうり。
DSC06428.jpg
美味っ!
風味もいいし、甘みありますねえ。
詳しい事は割愛しますが、土作りにめちゃくちゃこだわりあり!です。
さらに、無農薬栽培は当然として、消毒していない種から育てています。
DSC06453.jpg
スティックブロッコリー。
「他で頼まれて作ったんだけど、虫がいるって断られちゃって。従業員が一生懸命見て出しているんだけどなあ」
沢山いたらダメですけど、少し位の虫なら、うちやりますよ。
ちゃんとお客さんに伝えるし。
「じゃあ、送っちゃおうか」
DSC06459.jpg
いんげんの畑。
DSC06457.jpg
柴本さんのいんげんは最高に美味いです。
まだ小さいので、7月入ってからですね。
DSC06460.jpg
オクラ。
昨年は作っていませんでしたが、オクラも柴本さんのは最高に美味いです。
レベルの高いフレスコでもトップクラス…、いや1,2位を争ってますね。
収穫はまだ先です。
DSC06432.jpg
2人の従業員。
真面目で礼儀正しいオオタ君と、がんばり屋のミワちゃん。
DSC06433.jpg
素晴らしい師匠の元で勉強してください。
また、師匠の面倒も見てやってくださいね。
DSC06442.jpg
柴本さんのお仲間、ナカザワさんも駆けつけてくれました。
今年は作っていないそうですが、昨年一度だけ入荷したズッキーニ、美味かったですね。
DSC06444.jpg
本当に素敵な皆さんです。
DSC06463.jpg
柴本さん、ありがとうございました。
DSC06469.jpg
帰り際に見せてもらった玉ねぎ。
「今年はまずまずかな。まだあるから買ってください!」
柴本さんの玉ねぎも入荷予定。
玉ねぎだらけになりそうな予感…。

本当は、きのこのエムプランさんや、りんごの丸山さんにも挨拶して行きたかったのですが、時間が…、天気が…。
これから八ヶ岳に寄って、夕方までに店に戻らなくてはいけないので、また次の機会に。

次回は八ヶ岳ののらくらさんの畑を紹介します。



posted by フレスコ at 09:12| オーナーの話

2018年06月28日

長野に行ってきました@

1泊2日の長野の旅。
着いた日の夜は中野の農家さん、柴本さんと居酒屋へ。
いつもいい話をしてくれるんですよね。
DSC06393.jpg
「有機栽培や無農薬栽培でがんばっている農家さんが皆さん貧しいって現実。おかしいでしょ。いや、俺も金ないけどさ。だから俺がやるんだって。今の仕事は定めだと思ってるんですよ」
DSC06397.jpg
「俺の野菜で世界中が幸せになってくれたらって。前にも言ったけど、目的は金儲けですよ。お金を儲けて、社会に貢献したい。でも汚いことをして儲けても仕方ない。自分に有機ってハンデを付けて儲けるんです」
DSC06412.jpg
「目標は3000億円。笑うかもしれないけどね。例えば富士山の頂上に行ける人って、富士山に登ろうとしている人でしょ。その辺を散歩している人は絶対に行けないじゃないですか。だから目標は必要なんですよ」
DSC06409.jpg
「想いが全てを作る。ダメだなって思っていると、ダメな自分を作っちゃう。想いが物質に作用するんですよ。損して得取れって言うけど、今は損してもいいと思ってるんですよ。得は来世でもいいって。今は修行なんだって」
DSC06406.jpg
「俺、前歯一本ないでしょ。わざと差し歯しないんですよ。歯がないとみんな笑うでしょ。笑うことで幸せになれるんです。だから俺が笑わせられればいいって。前歯は奥さんに殴られて折られたって?いや、折られたのは肋骨の方。歯は、ほら自然食のすごい固いパンってあるでしょ。あれ食べた時に折れちゃったんですよ」

色んな話をして、4時間ほど飲んでいたでしょうか。
本当は全ての話をお伝えしたいほど、いい話をしてくれました。
フレスコには魅力的な生産者の方が沢山いらっしゃいます。
柴本さんも間違いなくその中のお一人です。
とても有意義は時間を過ごせました。
柴本さん、ありがとうございました。


明日は柴本さんの畑の様子をご紹介します。

柴本さんのきゅうり、特売中です!
posted by フレスコ at 17:00| オーナーの話

2018年06月24日

あなたはどっち?

2種類の梅があったとします。
品種はどちらも南高梅だとします。
梅干しを作ろうと考えているあなた。
どちらの梅を選びますか?
DSC06282.jpg
非常にきれいな梅です。
傷も虫食いも見当たりません。
DSC06283.jpg
いわゆる肌が汚いと言いますが、シミのような斑点が見られます。
よく見ると、たまに虫食いもあったりします。
DSC06286.jpg
最初の梅。
農薬を使用した梅です。
だからきれいなんです。
DSC06284.jpg
こちら無農薬の梅。
薬を使わないとこうなります。
梅干しが出来上がった時も、このシミは残ります。

梅に限らずです。
どんな農産物も同じ事が言えます。
世間では汚い肌が嫌がられる。
見た目がきれいな方が好まれるから、生産者も一生懸命農薬を使います。
さて、あなたはどちらを選びますか?
ちなみに、後者の梅の方が断然味はいいです。

今月の宇野さんのお話会は、主にこの内容でした。
来月のフレスコ便りに入れるために、まとめ中です。


入荷情報
石井さんの枝豆、25日(月)入荷します。

posted by フレスコ at 20:14| オーナーの話

2018年06月11日

初めての「フレスコの楽しみ方」

初めてのお客様や、関心を持っていただいている方も増えてきたようです。
でも、何となくとっつきにくい?
そんな方へフレスコの楽しみ方をご紹介します。

DSC06120.jpg

ステップ1

【とりあえず入店してみる】
人生、何事もはじめの一歩が大事。決して怖くないです。気軽にどーぞ。

【とりあえず観察してみる】
見たことがないものばかりですね。不安ですね。でも大丈夫。ここにあるのは本物だけ。農産物でも食品でものんびりご覧ください。お気に入りの一品が見つかるかも。

【何でも聞いてみる】
一人で悩まない。何でも聞いてください。何が違うの?どうやって使うの?美味しいの?勤続9年(今日現在)の2人の女性スタッフは、意外と知識豊富です。ちなみに「今日は奥さんいらっしゃらないの?」と言われることが多いですが、残念ながら2人共フレスコの従業員です。

【フレスコ便りを読んでみる】
スタッフ手作りのフレスコ便りは月一回の発行。意外と人気です。フレスコの一ヶ月の情報はここに集約しています。レジ前に置いてあるので、ご自由にどうぞ。もちろん、無料です。気に入ったらバックナンバーもあります。

DSC06116.jpg

スタップ2

【少しずつ覚える】
少し慣れてきたら生産者さんを覚えていきましょう。フレスコの生産者はファミリーです。これができるとお買い物や日々の食事が何十倍も楽しくなります。フレスコを楽しむ最大のポイントです。そのうち、生産者の特徴や性格まで知ってしまうかも?

【無理をしない】
こんなに美味しい食品の全てを毎日の食卓に…。理想ですが、フレスコ貧乏になられては困りますし、最初に勢いがありすぎると続かない傾向にあるようです。優先順位を考えて購入していくといいでしょう。

【難しく考えない】
有機JAS、特別栽培、自然栽培。マクロビ、ビーガン、ベジタリアン。対応はしていますが、そんなのはどーでもいいです。気にしない、気にしない、後回し、後回し。疑心暗鬼は体に毒です。

【とにかく楽しむ】
無農薬だとか無添加だとかと頭で考えて食べるより、舌で味わい心で感じながら食べる方が何倍も幸せで、かつ健康上よろしいかと。食べることを楽しみましょう。


★スタッフ紹介
【オーナー】…人の顔と名前と数字を覚えるのが苦手。青果一筋…じゃないけど、青果歴は結構長い。バイク好き。仕事+趣味が理想。生産者さんの畑にはバイクで行きたい願望が強い。
【絹子】…生産者想い、畑大好き。真心で接客。商品ラベル等、手書きポップの多くを手がける。掃除大好き。目玉の親父と低燃費ハイジのものまねが得意。
【うっちー】…記憶力抜群。先週の売上は一桁まで、前年の野菜の価格も記憶。丁寧かつ正確な商品説明と接客を得意とする。クマが好き。


posted by フレスコ at 20:11| オーナーの話

2018年06月08日

絹子と斉藤さんの梅拾い

斉藤さんの梅、収穫今シーズン3回目。
今日から南高梅の収穫です。
今日も雨は降らなくてよかったですが、暑いですね〜。
DSC06077.jpg
今日の同行は絹子。
DSC06078.jpg
雑草をかき分け、梅の木へ。
すごい場所です…。
DSC06084.jpg
木の上の梅を収穫する絹子。
DSC06095.jpg
「いい梅だよなあ」と斉藤さん。
DSC06090.jpg
地面には熟した梅が落ちています。
実は梅干しにはこれがいいんです。
DSC06093.jpg
「熟して自然に落ちた梅だから、これが最高なんだぞ」と斉藤さん。
樹成り完熟。
青い梅を追熟で色付けるより、絶対に美味しいはず。
DSC06086.jpg
梅拾いに変更する絹子。
拾っている間にも木からボタボタと落ちてきます。
DSC06088.jpg
化学肥料を使っていないので、土がふかふか。
落ちた梅も傷みが少ないです。
DSC06096.jpg
かなり収穫できました。
DSC06099.jpg
南高梅1ケース。
品種が不明な梅が2ケース。
DSC06102.jpg
「斉藤さん、今日はたくさん収穫できました」と喜びの絹子に「拾ってきたんだろ」と笑って応えます。
DSC06101.jpg
「美味しい梅干し作ります」
「こいつは美味いぞ」

それにしても久々に大汗かきました。
DSC06108.jpg
でも、梅の収穫後の斉藤さんは、すぐに他の作業。
数十ケースのじゃが芋を一人で車に乗せていました。
僕らが疲れたなんて言えませんねえ。
DSC06104.jpg
斉藤さんの青じそ。
DSC06103.jpg
限定数ですがポットで入荷。
斉藤さんの健康な畑の土付きです。
DSC06106.jpg
超立派な新にんにく。
ちゃんと一皮剥いて、泥を落としてくれているところが嬉しい。
この業界、泥付きが当たり前と思っている農家さんも多いです。
泥のままで何か問題でも?という方や、やりたいけど忙しくてそこまではできないという方もいます。
でも「人間だって朝起きたら顔洗うだろ。野菜だって同じだ」というのが斉藤さんの考え方です。
かなりの手間ですが、それをやってくれる斉藤さん。
見習っていきたいです。




posted by フレスコ at 16:52| オーナーの話