2018年02月13日

休みに大根を干してみた

先週、2月の最初の火曜日。
フレスコ初の定休日。
休みに慣れていないもので、さあどうしたものか…、と余暇を持て余し気味。
ちょっと困っちゃってます状態。
R0010399.jpg
とりあえず、大根を切ってみました。
いや、一日中大根を切っていた訳ではないですが、時間があったらやってみたかった事。
大きな大根1本半を細切り。
R0010401.jpg
これを網で干します。
R0010402.jpg
そうです。
切干大根作りです。
さて、うまくいくでしょうか。

そしてそして、あれからちょうど一週間。
天気にも恵まれました。
R0010421.jpg
随分ちっちゃくなっちゃって。
いい感じで干し上がりました。
R0010422.jpg
重さにして約120g。
元の大根の重さが約2kgでしたから、相当水分が出たことになります。
使用したのは宮内さんの三浦大根。
元々水分が多いみずみずしい大根だった事もありますが、こんなに軽くなっちゃうんですね。
R0010423.jpg
それにしてもこの切干大根が美味しいのなんのって。
そのままポリポリ。
噛んでいくと大根の甘みと旨味が出てくるんですね。
風味もとてもいいです。
斉藤さんの切干大根にも負けない美味しさかも。
今度何か作ります。



posted by フレスコ at 21:57| 作ってみました

2018年02月12日

玄米の米麺を食べてみたよ

入荷して数日ですが、相内さんの加工品が大好評。
DSC04207.jpg
やっぱり味の良さに勝るものはないですね。
DSC04208.jpg
特に甘納豆が大人気です。
その他、きな粉も抜群の風味だし、米麺もいい。
DSC04209.jpg
いずれも以前扱っていたのですが、これだけは初めて。
わざわざ玄米を焙煎してから麺に使用しているとのこと。
どんな味わいでしょうか、食べてみましょう。
DSC04210.jpg
色は薄い茶色。
DSC04211.jpg
湯で時間は1分から1分半と書いてあります。
食感を生かすには湯で時間短めが良さそうです。
DSC04213.jpg
まずは温かい汁で食べてみました。
味付けは魚醤で決め、ほんの少し山海のだし。
このシンプルなだし汁が最高に美味しくてビックリでした。
DSC04214.jpg
麺、美味しいですね。
焙煎玄米ならではの風味はそれほど強くは感じませんでしたが、説明書きには茹で汁も一緒に使うと香ばしさが増すと書いてありました。
でも、このだし汁と米麺との相性はバッチリです。
井口さんの小ねぎもいい仕事しています。
DSC04221.jpg
もう一品はサラダ。
相内さんの奥さんイチオシの食べ方で「旬の野菜をたっぷり乗せ、めんつゆと油を混ぜてかけるだけで美味しいよ」と言っていました。
今日は石井さんの春菊と新たに入荷した室住さんのかぶを乗せ、醤油と米油と黒酢を混ぜたものをかけてみました。
いいですね〜。
ポイントは、麺は固めに茹で、米麺の風味を生かすため味付けは濃すぎずに、野菜はたっぷりと。
ちなみに、先週までのかぶはハウスものでしたが、今日からのかぶは露地栽培。
葉切りですが、露地栽培の方が味は全然いいです。

入荷情報
14日(水)白石さんの柑橘、はるか、はるみ、ブラッドオレンジ入荷します。


posted by フレスコ at 20:32| 作ってみました

2018年01月25日

あったか里芋汁

野菜が高いとか少ないとか、まあ仕方のない事ですが、あるものでど〜にでもなります。
今が旬で、美味しくて、安くて、簡単で。
採れないものを無理して高い値段で買わなくても、豊富にある野菜を上手に使えば、何ら問題はありません。
DSC04055.jpg
大人気、三須さんの小さい里芋。
蒸してそのまま塩を付けて食べるのが僕は一番好きですが、今日は汁に使います。
DSC04057.jpg
皮なんてツルッとあっという間に剥けちゃいます。
あまりにも美味しくてつまみ食いなんかしていると無くなっちゃうので気をつけましょう。
DSC04058.jpg
予め茹でておいた藤田さんの人参。
そこに先ほどの里芋を入れます。
DSC04059.jpg
今日使ったのは、斉藤さんの赤ねぎと宮内さんのターサイ。
全部無農薬ですね。
もちろんねぎは石井さんのでもいいし、大根でもごぼうでも、豆腐でもきのこでも、何でも入れちゃっていいと思います。
DSC04080.jpg
新たに品揃えを始めた鰹だしを使用。
なんて昭和感あふれるパッケージなんでしょうか。
逆に新鮮味があります。
でもこれ、なかなかいい味なんです。
サンプルを送ってもらい、味を見て採用を決めました。
DSC04060.jpg
寒いからやっぱり味噌味でしょ。
今日はのらくらさんと加藤さんのブレンド。
どちらも原材料から無農薬で自家栽培しているスペシャル味噌。
豪華です。
DSC04061.jpg
ねぎとターサイの上の軟らかい部分は最後に。
少し蓋をしておけば、ほぼ予熱で軟らかくなっちゃいます。
DSC04078.jpg
和七味かけて完成!
これが実に美味い!
味噌の味や風味がいいのはもちろん、野菜からの旨味がしっかりと汁に出ています。
DSC04072.jpg
もちろん、素材がものすごくいい!
人参の甘み、里芋の旨味、ねぎの風味。
ターサイは味がしっかりしているけどクセがないから何でも使えそうです。
メインは里芋のつもりでしたが、全ての野菜が主役になりました。

今回肉類は入れませんでしたが、豚肉や鶏肉を入れてもいいですね。
でも、野菜だけでこんなに美味しいって、素晴らしい!
体の芯から温まる逸品でした。

入荷情報
26日(金)ちょっと久々に小松菜入荷します。(数量未定)
石井さんの畑に行って、畑の状況、今後の出荷予定、確認してきます。


posted by フレスコ at 20:52| 作ってみました

2018年01月17日

だまっこ鍋

お礼も兼ねて加藤さんに電話をして聞いたところ、送ってもらったあきたこまちのお団子は、きりたんぽではなく「だまっこ」と言うそうです。
基本的な原材料はあきたこまちを潰して固めたものなので同じですが、形が玉でだまっこなんでしょうね。
使い方は多分きりたんぽ鍋と同じだと思うので、想像を元に調理開始。
DSC03956.jpg
ダシはやっぱり鶏でしょ。
前から試してみたかった冷凍の鶏がらスープ。
DSC03957.jpg
凍ったままでいいのかな?
DSC03958.jpg
おっ、これはなかなかいいかも。
顆粒のものとは風味が全然違う。
ちゃんと鶏ガラから取ってますって感じ。
DSC03960.jpg
これに醤油と酒、魚醤をほんの少し。
汁、美味っ!
DSC03962.jpg
具はこんな感じ。
全てフレスコにあるもの。
ちなみに、本場のきりたんぽ鍋とは若干異なるかもです。
DSC03965.jpg
スープを入れ、だまっこと豆腐を入れ煮ます。
昔、秋田の友人宅を訪れた際きりたんぽ鍋をご馳走になりましたが、きりたんぽを入れるタイミングが好みで異なるそうです。
食感を生かしたい人は最後に入れ、ダシをよく吸って軟らかくなったのが好きな人は早めに入れると言っていました。
あと、せりは欠かせないと言っていました。
DSC03966.jpg
グツグツ。
いい香りですねえ。
DSC03968.jpg
しばらく煮込んで完成です!
DSC03969.jpg
グリンリーフさんのしらたき。
太めの食感がいいです。
DSC03970.jpg
あえて大きめにカットした一戸さんのごぼう。
香りがいいし、軟らかです。
DSC03972.jpg
定番のありた鶏。
鶏肉の旨味がしっかり。
DSC03974.jpg
ねぎはやっぱり石井さん。
DSC03973.jpg
舞茸はもちろんエムプランさん。
DSC03975.jpg
それぞれの具材の特徴がよく出ています。
DSC03971.jpg

で、だまっこですが、聞くとこれ奥さんじゃなくて加藤さんが奥さんに教えてもらいながら作ったそうです。
「私、初めて作ってみました。皆さんに食べてもらおうと愛情を込めたので美味しいと思うんですが」と。
いやあ、実に美味い!
きりたんぽのような粘っこさはなく、しっかりと米の旨味と風味。
玄米100%と、玄米50%と白米50%の両方がありましたが、玄米100%の方が甘みと香ばしさがあって美味しかったです。
ちなみに、この玄米は栄養価の高い籾発芽玄米です。
すごく美味しい玄米ですね。

入荷情報
先立って注文しておいた籾発芽玄米、入荷しました。

そうそう、例の日本酒ですが、美味かったですねえ♪
トロリとした口当たりで、米の旨味と風味、特にフルーティーさが際立っていました。
個人的には辛口が好きですが、特に女性は好きな人多いかも。
やはり、少量生産のものすご〜く貴重なお酒との事でした。
「次行く時、持っていきますよ♪」と加藤さん。
では、美味しいもの用意してお待ちしております。

posted by フレスコ at 20:13| 作ってみました

2018年01月10日

鶏ねぎ丼

秋田から加藤さんが来られた際、持ってきてくれた籾発芽玄米。
DSC03807.jpg
普通のお米に混ぜて炊いてみました。
DSC03808.jpg
籾発芽玄米、栄養価が非常に高いんです。
DSC03812.jpg
白米100%に比べると多少良く噛む必要がありますが、食べづらさは全然ないですね。
今後取り扱うか、検討してみます。
DSC03809.jpg
さて、おかず。
ありた鶏に石井さんの長ねぎを焼きます。
塩と黒胡椒、ローズマリーを使用。
DSC03813.jpg
先程のご飯に乗せて鶏ねぎ丼。
DSC03817.jpg
鶏が文句なしに美味い!
向井さんの黒胡椒と押方さんのローズマリーがいい仕事してますねえ。
DSC03815.jpg
そして絶品なのが石井さんの長ねぎ。
めちゃくちゃ甘い!
そして軟らか〜。
DSC03820.jpg
ねぎの風味も十分だし、旨味がある。
日に日に太く、長く、そして美味しくなっています。
素晴らしいスペシャル長ねぎです。

ちなみにですが、ここのところの相場高で、石井さんも少し値段を上げてきました。
数十円上げたいところですが、ここはお値段据え置きでいきます。
畑にまだたくさんあるし、皆さんに沢山食べて頂きたいので。

入荷情報
きゃべつの欠品はしばらく続きそうです。
石井さんの白菜、終了間近です。
今週中はあると思います。
その後は押方さんの白菜でつなぎます。
見た目は悪いけど甘さ抜群の加瀬さんのミニ大根もそろそろ終了です。
同じく加瀬さんの大根Sにつながればと思っています。
ミニとSとどう違うんだ?と思うでしょうが、ミニは小さい品種で、Sはサイズが小さいって事ですね。

お知らせ
近日、フレスコ便り出します。
今月もクーポン券入れますので、どんどん使ってくださいね。





posted by フレスコ at 00:27| 作ってみました

2018年01月04日

野菜が美味しいもつ煮とポテトサラダの仕込み

天日干し米、味噌、米等が、大人気の加藤さん。
明日、秋田から来られることになりました。
「何時頃来ます?都合が付けば夜一杯とか」
「そのつもりです」
ではでは、店で飲みますか。
その後「いつ行けばいい?カレンダーもらいに」と電話があったのが宇野さん。
「じゃあ一緒にどうですか?明日。暇ですよね」
「俺は年中、正月だからね。じゃあ明日」
という訳で、何か作っておきますか。
まずは寒いのでもつ煮など。
DSC03701.jpg
大根(加瀬さん)、人参(加瀬さん)、ごぼう(一戸さん)、こんにゃく(グリンリーフさん)、生姜(坂田さん)等、もちろんフレスコオンリー。
それらをごま油で炒めます。
DSC03702.jpg
もつだけはフレスコで扱っていないので買ってきました。
DSC03703.jpg
ダシは山海のだしと、味噌は加藤さんの籾発芽玄米味噌を使用。
コトコト煮ていきます。
こちらの仕上げは明日です。
DSC03705.jpg
宇野さんが来るので、大好きなポテトサラダも作ってあげましょう。
工程は割愛しますが、北あかり(藤田さん)、人参(藤田さん)、蓮根(関谷さん」、玉ねぎ(相内さん)、りんご(西舘さんと類家さん)が入っています。
じゃが芋が素晴らしく美味しいので、マヨネーズは控えめで。
塩で味を整え、黒胡椒(向井さん)をたっぷり。
胡椒のいい香り♪
DSC03706.jpg
ちょっと酸味が欲しいかなと、レモン(佐藤さん)を搾っちゃいます。
味がびしっと決まりました。
DSC03707.jpg
じゃが芋を潰しすぎず、ホクホク感を残します。
DSC03708.jpg
きゅうりがなかったので、食感のアクセントに蓮根を入れてみましたが、これが大正解。
蓮根のネットリ感、ホクホク感がいいですねえ。
DSC03710.jpg
胡椒とレモンが効いている、大人のポテトサラダになりました。
明日が楽しみです。

22日(金)斉藤さんのオヤジの七草セット入荷します。

年末年始の休みで欠品していました食品各種も、金曜日と土曜日でほぼ入荷します。


posted by フレスコ at 22:22| 作ってみました

2017年12月28日

キングどんこを焼く

先日の続きです。
戻した椎茸は、定番の?椎茸ステーキにすることにしました。
DSC03616.jpg
戻した椎茸の軸の部分を切ります。
DSC03617.jpg
これ、戻した水。
椎茸の旨味がたっぷりなので、捨てずに使いましょう。
DSC03619.jpg
椎茸を両面焼きます。
肉厚なので時間をかけてじっくり。
DSC03620.jpg
仕上げにお醤油。
ジュッと醤油と椎茸のいい香りが広がります♪
DSC03623.jpg
焼き上がり。
地味です…。
DSC03625.jpg
でも、見た目とは裏腹に、これが最高!
噛むと、椎茸の肉汁って言うんですかね、旨味がジュワッと広がって、また風味が最高ですね。
椎茸を食べてるぞ感がすごいです。
実に美味い椎茸でした。
もちろん、煮物にも最高ですよ。
プレミアムキングどんこ、数量限定品ですが、まだ少しあります。

カレンダー情報
先日無料で配布していたジュゲンカレンダーはあっという間になくなってしまいましたが、昨日来られたソルト後藤氏が、追加で数本持ってきてれました。
さらに、明日着でかなりの量を送ってくれるとか。
手に入らずに残念がっていたお客様も多かったですが、まだ間に合います。



posted by フレスコ at 21:02| 作ってみました

2017年12月20日

ローズマリーとラム肉

押方さんの、と言うか、多分正確には奥さんのエリッサさん栽培のローズマリー。
DSC03565.jpg
フレッシュタイプです。
さて、このローズマリーをどうやって試してみるかと考えていたところ、ちょうど絹子が半額のラム肉を買ってきてくれました。
タイムリーです。
DSC03555.jpg
もちろんこれ。
塩と粗挽き胡椒、そしてローズマリーのみ。
DSC03556.jpg
一緒に付け合わせるのは、今一番美味しい三須さんの男爵。
軽く下茹でしたものを焦げ目がつくまで焼きます。
ここでもローズマリーを使いました。
DSC03557.jpg
そしてラム肉。
DSC03558.jpg
非常にいい香りです♪
DSC03559.jpg
ラムなのでマトンに比べると臭いは少ないですが、それでも羊なので独特な臭いが気になる人もいるでしょう。
がしかし。
DSC03562.jpg
全然OK!
臭いなんて全く気にならないし、肉、美味っ!
ローズマリー、いい仕事してますねえ。
白いご飯でもいいけど、これやっぱりビールでしょ。
ああ、仕事が終わってから作ればよかった…。
DSC03564.jpg
男爵もかなり美味しいです。
でも、三須さんの男爵、そろそろ終了みたいです。
紹介しておいてなんですが、フレッシュローズマリーも間もなく終了です。


posted by フレスコ at 21:53| 作ってみました

2017年12月06日

カレーが食べたくなったので

フレスコ便りの追い込みで、連日遅くまでパソコンに向かっていますが、急にカレーが食べたくなり、作ってみることにしました。
作り方は至って普通ですが、材料は全てフレスコのものを使用しています。
DSC03405.jpg
刻んだ生姜を炒めます。
坂田さんの黄金生姜使用。
DSC03406.jpg
鶏肉はありた鶏使用。
DSC03407.jpg
藤田さんの人参と三須さんの男爵。
DSC03408.jpg
エムプランさんのぶなしめじ。
DSC03409.jpg
炒めはしっかり。
DSC03410.jpg
予めじっくり炒めておいた相内さんの玉ねぎ。
DSC03411.jpg
しばらく煮ます。
DSC03412.jpg
西舘さんと類家さんと成田さんの3種のりんごをたっぷり。
超豪華です。
フルーティー、かつ甘みと酸味をプラス。
DSC03413.jpg
りんごと玉ねぎがとろけるまで煮ます。
DSC03414.jpg
カレールーは奄美のカレーを使用。
DSC03416.jpg
隠し味に向井さんの黒こしょう、パパヤさんのソース、東毛さんの牛乳。
DSC03419.jpg
添付のガラムマサラを仕上げに。
一晩寝かせて、翌日再び火を入れました。
DSC03424.jpg
見た目は普通ですが、絶品です!
DSC03423.jpg
甘みがあるけど、スパイシーで辛味もしっかり。
野菜の旨みが十分に引き出されています。
DSC03432.jpg
翌日は、カレーうどんにしていただきました。
DSC03433.jpg
驚いたのは、二日間煮て、カレーうどんにする時にさらに煮込み、それでも全く煮崩れないこの男爵!
もちろん、芋の味わいもしっかりしているし、果肉がギュッと締まっているんですね。
男爵は北あかりのように煮崩れしやすい品種ではありませんが、ここまで煮込めばホロホロとはしてくるはず。
三須さん、やりますね〜。

ついでなのでもう一品。
DSC03399.jpg
加藤さんの黒米を入れて炊いた加藤さんのあきたこまち。
結構色付きますね。
DSC03400.jpg
醤油と酒で下味を付けておいた鶏胸肉の表面に小麦粉をまぶし、焼いたものを乗せます。
DSC03401.jpg
別に炒めておいた石井さんの長ねぎを添えます。
少々、塩をふってあります。
DSC03402.jpg
のらくらさんの長芋を擦って、たっぷり乗せます。
新商品の和然かつおつゆで味付けしてあります。
ちょっと濃い目がいいみたいです。
DSC03403.jpg
面白い組み合わせですが、これがまた美味しいんですね。
胸肉も柔らかだし、石井さんの長ねぎもとろけるよう。
さっぱりめの長芋が、鶏肉や黒米ご飯とも合います。
思いつきでテキトーに作ってみましたが、結果オーライでした。
多分、わさびでも乗せたらもっと良かったと思います。

今週末にはフレスコ便り配れるようにします。
今月はクーポン券も入れます。
目玉はサラダ油。
超特価を検討中。

posted by フレスコ at 21:13| 作ってみました

2017年09月24日

揚出し風豆腐といんげん

なぜか急に食べたくなったりします。
揚げ出し豆腐。
そんな時は作っちゃう。
DSC02091.jpg
揚げ出しと言っても、たくさんの油で揚げるのは大変。
DSC02092.jpg
だから少量の油でOK。
両面に軽く片栗粉を付けて焼くだけ。
固もめんを使えば、水切りも必要なく、軽くキッチンペーパーで水分を取るだけ。
両面に焼き色が付けば出来上がり。
DSC02094.jpg
簡単でしょ。
ついでに柴本さんのいんげんも同じ油で焼いて、添えてみました。
だしは昆布つゆを薄めに。
DSC02097.jpg
豆腐、美味っ!
さすが、素材を引き立てるつゆ!
DSC02096.jpg
そして、いんげん、美味っ!
DSC02098.jpg
柴本さんのいんげんは、毎年評価が高いです。
さすがですねえ。
いんげんの甘みも風味も最高です。
今、品揃えしているのらくらさんのいんげんと、どっちが美味しいかって聞かれるでしょうね。
うーん、甲乙つけがたいです。
個人的にはですが、やや柴本さんの方が好きかなって感じ。
なので食べ比べてください。
数日間、よりどり2袋で50円引きでどうでしょうか。
しかも双方たっぷり入れてあります。


入荷情報
24日(日)
石井さんの大長なす、みょうが入荷します。



posted by フレスコ at 09:31| 作ってみました