2017年05月16日

野生の山菜試食

野生のこしあぶらとうど。
食べてみましょう。
R5165287.jpg
まずはこしあぶらから。
やはり天ぷらが一番かと思いますが、店だとなかなかできないので、今日は胡麻和えで。
R5165288.jpg
塩少々入れてさっと茹でます。
R5165289.jpg
緑色が鮮やかです。
R5165284.jpg
すり胡麻、砂糖、醤油。
R5165285.jpg
あっという間です。
R5165291.jpg
それを和えるだけ。
R5165294.jpg
なんかそれらしいじゃないですか。
R5165296.jpg
肝心の味ですが、まず香りが凄くいいです!
これが天然ならではの香りなのでしょうか。
R5165295.jpg
程よくほろ苦さがあり、上品な味わいです。
日本酒に合いそうです。
正直なところ、普段食べ慣れていないもので、このこしあぶらが天然物だから素晴らしく美味しいのか否かは不明です。
今回失敗だったのは、すり胡麻がダメでした。
店で売ってるものでなんですが、輸入の安いのは全然胡麻の香りがしない。
相当の量を使ったのに、完全にこしあぶらに負けちゃっています。
風味の良い胡麻を使いたいところです。

続いてはうど。
定番の酢味噌和えにしてみます。
R5165297.jpg
いかにも山から採ってきましたって風貌ですね。
R5165299.jpg
皮を剥き切って酢水に晒します。
R5165298.jpg
味噌、酢、砂糖。
こちらもあっという間。
R5165304.jpg
マイ味噌を使ったので、つぶつぶが残っていますが、酢味噌の味はすごくいいです。
R5165303.jpg
うどの味わいですが、非常にワイルドです!
これは栽培物にはない濃い味わいであることは明らかです。
うどの方がたまにですが食べることがあるので、その差ははっきり分かります。
ちょっとすごいかも。

こしあぶらにしても、うどにしても、栽培物に比べるとかなり高いですが、食べるとなるほどって感じですね。
何度も食べるものではないですが、シーズンに1度は食べておきたい旬の山菜です。

入荷情報
しばらく欠品していましたじゃが芋ですが、来週の月曜日に新じゃがが入荷します。

posted by フレスコ at 16:23| 作ってみました

2017年05月10日

カレーに凝ってみるA

昨日に引き続きまして、カレーの仕込みです。
念のため何度も言うようですが、かなり自己流です。
R5165217.jpg
摺り下ろした生姜と人参を炒めます。
R5165218.jpg
いい香りがしてきたら、摺り下ろしたりんご。
R5165219.jpg
カレー壺のペーストとヨーグルトに一晩漬け込んだ鶏肉。
今回はダシが出るように手羽先をチョイス。
R5165220.jpg
しばらくグツグツと煮込んでいきます。
R5165221.jpg
頃合いを見計らって水を加えます。
R5165223.jpg
昨日作っておいた炒め玉ねぎもここで投入。
R5165224.jpg
程よい酸味を狙ってトマト缶も入れちゃます。
R5165227.jpg
最後にカレールーを加えます。
全ての量がテキトーなので、どの程度とろみが付くのか不明です。
R5165228.jpg
店内がカレーの匂いで充満しています。
「カレーも売ってるんですか?」と初めて来られたお客様は言うかもしれません。
残念ながら、非売品です。
R5165229.jpg
隠し味でソース少々。
R5165230.jpg
コク出しでバター少々。
焦げないように混ぜつつ、さらに煮込んでいきます。
最後に塩で味を整え、一晩寝かせます。


はい!どうでしょうか。
R5165231.jpg
暇つぶしに作った、我ながらこだわり過ぎのカレーが完成です。
ちなみに、使用した材料は全てフレスコのものです。
R5165232.jpg
これがですね、美味いんですよ、とっても。
一口で甘みと風味が広がり、その後にスパイシーな辛さ。
フルーティーさとスパイシーさがうまくマッチしたと言いましょうか、まあ、結果オーライなんでしょうが、辛味、甘味、酸味、風味、とろみも含め、最高かもです。
食べづらいと思われる手羽先は煮込んでいるうちにトロトロになり、いい具合に骨から外れています。
R5165239.jpg
このカレーで店を始めたら売れそうだなあ…。
カレー屋さんの方が儲かるかも?
なーんて事を思いつつ過ごしたGWでした。



青森、西館さんの畑に行ってきました。
ご報告は近日。




posted by フレスコ at 22:44| 作ってみました

2017年05月08日

カレーに凝ってみる@

皆さん、GWはいかがお過ごしでしたか?
毎年のことですが、GWやお盆はお客さんが少なくかなり暇です。
スタッフも休ませ、僕一人勤務の日々が数日続きます。
それでも暇なので、カレーを作ることにしました。
R5165183.jpg
今が旬の新玉ねぎをたっぷり使ってしまいましょう。
R5165184.jpg
根気よく炒めます。
R5165185.jpg
新玉ねぎだけあって、かなり水分が出てきます。
R5165186.jpg
15分でこんな感じ。
R5165187.jpg
もうひと頑張り。
R5165188.jpg
最後にもうちょい。
計30分位かな。
R5165209.jpg
続いて小麦粉を炒めます。
R5165210.jpg
色がつく位まで炒めます。
R5165211.jpg
カレーパウダーを加えさらに炒めます。
R5165212.jpg
野菜のおかげを溶かしたものを加えます。
R5165214.jpg
少しずつ加え練っていく感じかな。
R5165215.jpg
ちなみに、小麦粉からカレーを作るのは初めてで、かなり自己流です。
R5165216.jpg
一日目はここまでにしておきましょう。

お知らせ
今月の宇野さんのお話し会は21日(日)13時〜です。
テーマは「酵素の話」です。
「すごく大事!今までの集大成的な話かな。大体今の世の中、ビタミンバカが多すぎるだよ」なんて話だそうです。



posted by フレスコ at 16:59| 作ってみました

2017年05月01日

新玉ねぎ、もずく入荷

今日も色々と入荷がありましたが、目玉はこれ。
R5165146.jpg
内山さんの新玉ねぎ。
昨年より1ヶ月ほど早く出荷が始まりました。
R5165155.jpg
切り口はみずみずしく、このままかぶりついてもいいほどです。
R0021222.jpg
昨年の写真ですが、玉ねぎステーキ。
これがまたすごく甘くてとろけるようで、最高に美味いんですね。
近日、作ってみます。
で、今日はまずパスタ。
R5165156.jpg
食感を楽しむため、大きめにカットし炒めます。
R5165157.jpg
玉ねぎがしんなりしてきたら、コリンギも炒めます。
R5165158.jpg
きのこのいい香りがたまりませんね。
R5165160.jpg
今回使用する麺は極太のスパゲトーニをチョイス。
R5165161.jpg
先ほどの具に合わせます。
R5165162.jpg
使うはもちろんパパやさんのトマトケチャップ。
R5165163.jpg
軽く炒めて出来上がり。
R5165164.jpg
非常にいい感じです。
R5165165.jpg
彩りも鮮やかです。
R5165166.jpg
で、玉ねぎですが、いいですねえ。
甘みたっぷりでやわらか。
R5165167.jpg
コリンギもいい仕事しています。
風味と食感が最高です。
R5165169.jpg
味付けはこのトマトケチャップだけですが、全く問題ない。
と言うか最高です!
R5165170.jpg
極太の麺は好みが別れるかもしれませんが、モチモチ感しっかりで、ナポリタンやミートソースにはよく合うと思います。

そして、もう一品。
R5165171.jpg
沖縄からもずくが初入荷。
R5165181.jpg
色々と使ってみたい新商品の八芳酢。
R5165180.jpg
あくまでも正しいお酢に正しい調味料。
ちなみに、それぞれの原材料は、しっかりとこだわりのものを使用しています。
R5165172.jpg
八芳酢に付けておいた新玉ねぎにもずくと、彩りに中玉トマト。
R5165175.jpg
今年は例年ほど太くはないですが、やっぱり食感と風味がいいもずくです。
トマトは大木さんの中玉トマトを使いましたが、アミーゴトマトとは違ったトマトらしい美味しさがあります。
R5165174.jpg
このお酢もなかなかいい味わいなんです。
酸っぱすぎず、甘すぎず、旨味も程よくあり、何でも使えそうです。
胡麻油を足して中華風、オリーブオイルを足して洋風とかも良さそうです。
これから色々と試してみます。
もっとダイレクトにお酢の酸味や旨味を味わいたい方は、迷わず富士酢プレミアムです。


posted by フレスコ at 19:26| 作ってみました

2017年04月19日

コリンギとシーフードのパスタ

今週土曜日から始まるコリンギ。
前もって送っていただいていたサンプルで久々にパスタを作ってみました。
R5164991.jpg
バターで焼きます。
このまま醤油を垂らすだけで美味しそうです。
R5164992.jpg
シーフードミックスが余っていたので入れちゃいました。
R5164993.jpg
白ワインが余っていたのでそれも入れちゃいましょう。
R5164996.jpg
茹でておいたパスタを合わせます。
R5164997.jpg
相内さんのハーブソルトが余っていたので、味付け。
R5164998.jpg
軽く合わせます。
R5164999.jpg
とってもいい感じですが、もう一手間。
R5164994.jpg
ダンディ井口さんの小ねぎ。
P5180866.jpg
ちょうど二年前に千葉に行った時にお会いした絹子が大ファンの井口さん。
水菜や小ねぎが抜群に美味しいんです。
こちら当時の様子。
R5165002.jpg
これを乗せると全然違うんです。
R5165006.jpg
少しでも香りが広がります。
もちろん、味噌汁や納豆でも薬味としてなんでもOK。
R5165008.jpg
コリンギも食感がいいですね。
色々と使えそうです。

入荷情報
長野柴本さんから野沢菜の新芽がほんの少しだけ入荷しました。
20日(木)冷凍ブロッコリー、冷凍とうもろこし、冷凍枝豆入荷します。

クーポン情報
今月はフレスコ便りにハサミました割引クーポン券の他に、アイテム倍増の第二弾を発行します。
22日(土)からお配りできると思うので、どんどん使っちゃってください。
なお、商品によって有効期限が異なりますのでご注意ください。
ちなみに、アイテム数が多いので、写真なしの簡易版になります。



posted by フレスコ at 11:42| 作ってみました

2017年04月12日

手作りわさび漬け

スタッフのお土産に買ってきた伊豆の葉付きわさび。(2袋分)
R5164868.jpg
二人ともいらないと言うので、わさび漬けでも作ってみようかと。
ちなみに、わさび漬け作り初挑戦。
R5164869.jpg
安かったけど、ちゃんと根っこも付いているんです。
ここが大事です。
R5164871.jpg
まず葉と茎を分けます。
R5164872.jpg
根っこの部分も別にしておきます。
R5164875.jpg
葉と茎を細かく刻みます。
R5164876.jpg
根っこも刻んで一緒に入れちゃいましょう。
軽く塩をまぶしておきます。
R5164877.jpg
その間に酒粕を用意。
店で販売している本物の酒粕です。
R5164878.jpg
このままだと固いので、味酵母を少しずつ加えながら軟らかくしておきます。
R5164879.jpg
これが結構時間かかりました。
分量は、いつものようにテキトーですが、大体酒粕とみりんが同量程度でしょうか。
少量の塩も加えておきます。
R5164880.jpg
塩をして1時間ほど。
水分が出てくるので、キッチンペーパーでギュッと絞っておきます。
R5164881.jpg
酒粕を加えます。
R5164882.jpg
よく混ぜます。
何だか売っているものとは随分違いますが、大丈夫でしょうか。
R5164890.jpg
そのままでもきっと美味しいと思いますが、ここで登場するのが斉藤さんのホースラディッシュ。
西洋わさびですね。
R5164891.jpg
わさびの葉と茎には辛みが少ないので、ホースラディッシュを加え辛味をプラス。
これがまた擦っている間にも、辛味成分が揮発して、目がしょぼしょぼ。
R5164893.jpg
これを加えて再びよく練り、一晩寝かせます。
さあ、どうでしょうか。
R5164884.jpg
おおっ、かなりいい感じじゃないでしょうか。
市販のわさび漬けがやけに白っぽいのは、多分酒粕の分量が多いのではないかと思われます。
R5164885.jpg
肝心の味ですが、美味い!
鼻にツーンと抜ける辛味と爽やかな風味、シャキシャキした食感。
テキトーに混ぜたそれぞれの分量も結果オーライ。
多分、この酒粕もいい味出しているんだと思います。
ご飯に乗せてもいいけど、これはやっぱり日本酒でしょ。
R5164887.jpg
伊豆のお土産屋では至る所でわさび漬けを売っていますが、なかなか本物には出会えません。
添加物を使っているものは論外として、それ以外でも食べてみるとわさび感に欠けていたり、やけに甘かったり。
家用に買ってきたわさび漬けもそうでした。
多分、根っこの部分はほとんど入っていなくて、ほぼ茎だけ。
それだと辛みがないので、香辛料をプラスしているのでしょう。
それならほんの少し手間をかけて、自分で作っちゃった方がいい!と言うことが今回分かりました。

そうそう、伊豆といえば金目鯛ですが、今回気をつけて見ていたら、結構輸入品なんですね。
店で調理して出しているものは知りませんが、特に加工されたものは輸入が多かったです。
聞くとやはり値段が全然違うそうです。
知って買う分には構いませんが、伊豆に行ったらみんな地の金目鯛だと信じて買ってますもんね。

今回作ったわさび漬け、非売品ですが味見は出来ますので、ご希望の方はスタッフまで。
多分、今週末位まではあると思います。


入荷情報
赤松さんの樹成り甘夏は17日(月)初入荷の予定です。

posted by フレスコ at 22:20| 作ってみました

2017年04月08日

クレソンたっぷり焼肉丼

日に日に人気が高まっている斉藤さんのクレソンをたっぷり乗せて、焼肉丼を作ってみました。
IMGP3769.jpg
クレソンなんて飾りにしか思っていない人が多いと思いますが、これならどうでしょう。
IMGP3770.jpg
肉より多い?
いやいや、これがいいんです。
IMGP3776.jpg
多少脂っこい焼肉でも、このクレソンのお陰でさっぱりいただけちゃうんです。
IMGP3772.jpg
肉の味付けは、にんにく醤油と味酵母に生姜とりんごの摺り下ろしのみ。
焼肉のタレを買う必要なしです。
IMGP3767.jpg
伊豆のお土産で生わさびを二人のスタッフに買ってきたのですが、あまり喜ばれなかったので今回使用してみました。
これがまたいい仕事してくれるんです。
本物のわさびは辛いだけじゃなくて風味と甘味があるんですね。

本日初入荷の飯田さんのかぶ。
IMGP3780.jpg
大きな声では言えないけど、フレスコのお客様なら知っているかぶ嫌いの飯田さん。
IMGP3781.jpg
でも、かぶ作りの名人です。
味わいは文句なし。
さすがです。



posted by フレスコ at 23:06| 作ってみました

2017年03月31日

春の芽のものパスタ

前回の続き。
R5164718.jpg
この白菜の新芽をどうやっていただくか。
一晩考えた末、パスタに使ってみることにしました。
R5164741.jpg
まず洗いながらバラします。
この脇芽のあたり、美味そうです。
ちょっとかじってみると、甘みもありほろ苦さもあり。
R5164743.jpg
外葉も全部使います。
外葉はやはり白菜ですね。
R5164740.jpg
葉っぱだけというのも寂しいので、ウインナーとしめじを炒めておきます。
R5164744.jpg
ついでに、斉藤さんののらぼう菜と、宮内さんの芽キャベツ、石井さんのブロッコリーも使ってみましょう。
R5164742.jpg
パスタを茹でます。
R5164745.jpg
麺の湯で時間を逆算しながら、野菜を入れていきます。
白菜の新芽の葉っぱの部分と、芽キャベツの大きいもの、のらぼう菜の茎の部分は茹で上がりから2分前位。
その他の柔らかい部分は、1分前位で入れてみました。
R5164746.jpg
ザルにあげます。
R5164747.jpg
先ほどのフライパンに全て入れ、味付けは相内さんのハーブソルトがあったので、それを使いました。
軽くあえて出来上がり。
R5164748.jpg
いかがでしょうか。
まさしく春の芽のものパスタです。
R5164749.jpg
白菜の新芽。
これ、いいですよ!柴本さん。
柴本さんが言っていたようなすごい甘みではないですが、いい具合の甘みとほんの少しのほろ苦さ、そして白菜菜花ならではの風味がとてもいいです。
味噌汁やお浸しでも絶対美味いですね。
R5164752.jpg
甘みで言えば、のらぼう菜の方があります。
さすが、数百年も品種改良されずに残ってきた野菜だけあって、美味い!
斉藤さんののらぼう菜だから美味いというのもあるでしょうね。
R5164754.jpg
のらぼう菜の茎の部分は、食感といい味わいといい、アスパラガスみたい。
言われなければ、アスパラガスと勘違いするかも。
R5164755.jpg
芽キャベツも合いますねえ。
味わいもそうですが、芽キャベツの風味って言うんでしょうか。
いいんですねえ、これが。
さすがベテラン宮内さん。
よくお客様に「この芽キャベツは本当に美味しい」と言われますが、他と食べ比べたことがないので分かりませんけど、やっぱり違うんでしょうね。
R5164751.jpg
エムプランさんのしめじも、やっぱり欠かせませんね。
パスタに旨味と風味をプラスしています。

パスタ全体としては素晴らしく美味しいです。
強いて言えば、今回使った芽のものが比較的苦味より甘みが強いので、黒胡椒や唐辛子などでピリッと辛味を効かせてもいいかもです。
具材はどれも間違いないです。
斉藤さんののらぼう菜や宮内さんの芽キャベツが美味しいのは分かっていましたが、柴本さんの白菜の新芽の美味しさにはちょっと驚きかな。
見た目が悪いってだけで、敬遠していたら損ですね。
是非一度食べてみてください。
結構柔らかいので、茹で過ぎ注意です。



posted by フレスコ at 21:02| 作ってみました

2017年03月25日

ふきのとうでふき味噌

斉藤さんの畑は春真っ盛り。
R5164635.jpg
菜の花はもちろん。
R5164639.jpg
これから実を付けるであろう花々。
R5164631.jpg
どの花が何の木か…。
R5164642.jpg
1年経つと忘れてしまうものです。
R5164622.jpg
斉藤さんに叱られそうです。
R5164629.jpg
でも、夏から秋にかけてが楽しみ。
R5164641.jpg
きっと美味しい実がなることでしょう。
R5164645.jpg
わらびも顔を出していました。
R5164651.jpg
「今、芽のものを食べなくて、いつ食べるんだ」と斉藤さん。
のらぼう菜、菜花、そして、無事に届いていた柴本さんのふきのとう。
R5164672.jpg
天然物でやや小ぶりですが、ふき味噌を作るには問題ないです。
R5164673.jpg
刻みます。
R5164674.jpg
炒めます。
R5164675.jpg
味噌とみりんを合わせておきます。
R5164676.jpg
それを加えます。
R5164677.jpg
煮詰めていきます。
R5164680.jpg
はい、出来上がり。
R5164682.jpg
これがまた美味い!
ほろ苦さといい、風味といい、最高ですね。
炊きたてのご飯に乗せてもいいし、日本酒をちびちびやるにもいいです。
今しか食べられない、芽のもの。
たくさん食べていただきたいです。



posted by フレスコ at 21:57| 作ってみました

2017年03月09日

グルテンフリーパスタとカレー

少し前にサンプルでいただいたグルテンフリーパスタ。
IMGP3691.jpg
スタッフうっちーが最初に家で試食。
「どうだった?」
「うーん、かなり弾力があるので、普通のパスタと思って食べると違う感じです。もしかしたらこれと合うかも」
IMGP3692.jpg
タイカレースープ。
麺にかけて食べるタイプです。
では、試しに食べてみましょう。
IMGP3694.jpg
グルテンフリーのパスタはきび、あわ、ひえ入り。
タピオカで弾力を出しているようです。
かなりピカピカした麺です。
IMGP3695.jpg
お湯に塩は入れないみたいですね。
IMGP3696.jpg
湯で時間7分。
お湯は結構濁ります。
IMGP3698.jpg
茹でた麺は水洗いをすると書いてありますが、それだと冷たくなってしまうので、お湯で洗ってみました。
IMGP3699.jpg
まあ、いいんじゃないでしょうか。
IMGP3702.jpg
温めておいたカレースープをかけて出来上がり。
IMGP3704.jpg
カレー、美味いですね。
ココナッツが効いています。
具材も美味しいですよ。
IMGP3706.jpg
麺はかなりプリっとした弾力はありますが、悪くないです。
IMGP3707.jpg
ただ、このスープと麺の相性が抜群かと言うと、ちょっと違うかなあ…という印象です。
合わなくなないんだけど、もっと他に合う麺がありそうです。
グルテンフリーの麺の品揃えも増やしたので、色々と試してみたいと思います。


お知らせ
今後の宇野さんのお話し会は19日(日)13時からです。
テーマは「アレルギーの話」です。
アレルギーの方や、花粉症の方に是非聞いていただきたい内容ですね。

posted by フレスコ at 19:18| 作ってみました