2020年09月07日

ポテトサラダが美味しい♪

藤田さんのキタアカリが入荷したので、ポテトサラダを作ってみました。
好きでたまに作りますが、今シーズン初です。
IMG_8520.jpg
カットして蒸します。
IMG_8521.jpg
ゴロゴロ感が残るように、ざっくり崩します。
IMG_8522.jpg
人参、きゅうり、玉ねぎももちろんフレスコのお野菜、完全無農薬。
IMG_8523.jpg
マヨネーズと塩で味付けして、ポイントはお酢。
今回使用したのは富士酢プレミアム。
酸味だけではなく、風味と甘味がしっかりプラスされ、並のお酢とは別物です。
IMG_8525.jpg
黒胡椒をたっぷりで、ちょっと大人の味わいに。
IMG_8528.jpg
はい、こんな感じです。
当たり前ですが、完全無農薬、完全無添加です。
IMG_8530.jpg
芋もお野菜も美味いです!
ここのところ、居酒屋フレスコが開催されないので、今回はスタッフでみんな食べてしまいました。
早く皆さん普通に来られるようになるといいんですけどね。

入荷情報
今週末、大内さんの春菊入荷します。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は20日(日)です。
「テーマは陰陽五行の話3」です。

posted by フレスコ at 13:40| 作ってみました

2020年07月26日

今こそモロヘイヤ

この長雨で入荷する野菜が減っているし、品質が悪かったり、かなり苦労しています。
もちろん、うちだけじゃなくてどこの店もスーパーも、有機慣行問わずです。
斉藤さんは「梅雨が明けても、当分は無理だぞ。物によっては数ヶ月影響出るだろうな」と言っていました。

そんな中で元気なのは斉藤さんのモロヘイヤ。
IMG_7368.jpg
長雨だけじゃなくて、真夏の干ばつのような天気が続いて他の野菜がヘロヘロになっても、モロヘイヤだけはいつも元気いっぱいなんです。
生命力が強いんですね。
応じて、どれだけ栄養価が高いか、想像に容易いです。
古代エジプト人はこれを食し、ピラミッド作りに精を出していたことでしょう。
まあ我々現代人で「なんて栄養価が高いんだ」と言いながら食べている人は実際いないですから、イメージが大事です。

では定番のモロヘイヤスープを作ってみましょう。
IMG_7904.jpg
まずモロヘイヤを刻みます。
IMG_7905.jpg
ある程度刻んだら、あとは包丁の背の部分で叩いてすり潰す感じ。
するとネバネバしてきます。
潰せば潰すほど美味しくなるので、古代エジプト人の気持ちになり、ここは念入りに。
邪念を振り払い、精神統一の気持ちで。
でも、現実問題、文明の利器ミキサーを使うと楽だと思います。
IMG_7909.jpg
鍋に油とにんにく。
斉藤さんのにんにく、すっごいいい香り♪
IMG_7911.jpg
香りが出たら水を入れ、コンソメ野菜のおかげを入れます。
IMG_7913.jpg
そこに先程のモロヘイヤを入れ煮ます。
IMG_7914.jpg
この沸き立つような感じが理想です。
IMG_7918.jpg
塩で味を整え、最後にバターを一欠入れ完成。
バターは東毛さんの正しいバターを使用。
風味が全然違います。
IMG_7915.jpg
いい感じのトロミです。
IMG_7926.jpg
シンプルイズベストなモロヘイヤスープ。
IMG_7933.jpg
スープ、最高!
いい味ですねえ。
美味しいし、すごく元気になれるような力強さを感じます。
モロヘイヤ自体にその力があると思いますが、加えて斉藤さんがその力を強化している感じ。
何かとお疲れの方も多いようですが、これ一杯で疲れも吹っ飛びますよ。

もちろん、普通に味噌汁やお浸しでも全然OK。
今が旬の斉藤さんのモロヘイヤ、豊作セール中です。


posted by フレスコ at 19:45| 作ってみました

2020年07月23日

今年も正しくうなぎを食べてみた

コロナのこともあるけど、とにかくこの長雨。
今年は全然バイクに乗れず、僕も含めライダーの皆さんにとっては残念なシーズンが続いています。
IMG_7844.jpg
が、先日、車検のため久々にバイクに乗りました。
最近のヘルメットはベンチレーションがしっかりしていて高速だと快適ですが、さすがに町中では効果薄。
暑くて汗びっしょり。
ヘルメットの内装はたまに洗濯していますが、どうしてもこの時期は汗臭くなってしまいます。
IMG_7843.jpg
そこで店で販売している対ウイルスの除菌スプレー。
スタッフ絹子が洗濯物を干す時に使うと梅雨時でも臭いが残らないと言うのを思い出し、試しにシュッシュしてみると…。
あ〜ら不思議、臭いが取れました。
これは使える。
このスプレー、消臭効果も抜群なんです。
ヘルメット用に1本買っておこうかな。

なんて個人的な話はいいとして。
今年も食べたくなるうなぎ。
店で正しいうなぎを販売(取り寄せ)もしていますが、いかんせん高い。
個人的にはとても購入できるお値段ではありません。
IMG_7849.jpg
そこでスーパーで買ってきたうなぎさん。
いつも思うんですが、このベットリ付いたタレ?
これ、どう見てもヤバいでしょ。
原材料見れば分かりますが、これは口にしたくないし、まず美味しくない。
IMG_7851.jpg
で、僕はいつも洗い流します。
うなぎの出身地がどこであろうと、こんなタレをベトベト塗られてはうなぎさんがかわいそうです。
IMG_7856.jpg
きれいサッパリしたところで蒸します。
IMG_7853.jpg
その間にタレ作り。
醤油とみりんとてんさい糖をひと煮立ち。
ポイントはうなぎさんの切れ端を少し入れると旨味が滲み出て、なんちゃって長年継ぎ足し風タレの出来上がり。
たった2,3分の作業です。
IMG_7855.jpg
当然ですが、フレスコの正しい調味料を使っているので美味しいです。
IMG_7858.jpg
これを蒸し上がったうなぎさんにかけ回します。
なんとも気持ちよさそうじゃないですか。
IMG_7860.jpg
加藤さんのご飯にうなぎさんを乗せて、それからこれを忘れちゃいけません。
向井さんの山椒。
IMG_7866.jpg
スーパーの安いうなぎさんが見違えるように生まれ変わりました。
IMG_7867.jpg
うん、ふっくらしていて美味しい。
ご飯も美味しいし、山椒も風味抜群だし、タレ美味っ!
ほんの一手間でかなり美味しくなりました。
よしよし、満足、満足。

きゅうり情報
予定より遅れましたが、勝山さんのきゅうり入荷しました。
詳しくは明日。


posted by フレスコ at 19:47| 作ってみました

2020年07月13日

フレスコ流枝豆の茹で方

今年も石井さんの超美味しい枝豆が大人気です。
今日は、フレスコお勧めの枝豆の茹で方。

石井さんのもそうですが、袋の裏に茹で方が書いてあるじゃないですか。
それ、無視しちゃってください。
IMG_7775.jpg
まず、枝豆を水洗いして一つまみの塩。
IMG_7776.jpg
それをゴシゴシ。
写真撮ってるので出来ないですが、両手でね。
豆をこすりつけるような感じかな。
IMG_7777.jpg
ここで残った汚れとアクが取れます。
IMG_7778.jpg
お湯を沸かします。
ここポイント。
たっぷりのお湯は必要なし。
豆がかぶればOKの量。
そしてもう一つのポイント。
塩は入れません。
IMG_7780.jpg
豆投入。
このお湯の量なら蓋をしてすぐに再沸騰します。
水道代もガス代も節約。
たっぷりのお湯に味付け用の塩を入れるとなると、大さじでガバガバと大量の塩が必要になりますね。
そうなると正しい塩はもったいないって感じでしょ。
IMG_7782.jpg
湯で時間は豆の大きさとか状態で異なるので、何分とは決められないです。
目安としては、枝豆の口が開き始めてから1,2分。
今回は結構豆が太っていたので6分でした。
あとは味見をして好みの固さでどうぞ。
IMG_7784.jpg
ここもポイント。
ザルでお湯を切ったら、すぐに鍋に戻します。
すぐです。
1秒です。
というのは、完全にお湯を切らずに、むしろ水気が残っていた方がいい。
IMG_7788.jpg
そこに塩。
ポイント。
正しい塩を使うこと。
これ大事です。
IMG_7789.jpg
塩の量は、とりあえずこんな感じ?
これ、感覚というか、慣れでしょうか。
今回は3つまみ位かな?
IMG_7790.jpg
すかさず振る!
塩がまんべんなく行き渡るように。
IMG_7791.jpg
扇風機やうちわで粗熱を取ったら冷蔵庫に。
乾燥しないようにお皿に入れてラップするといいでしょう。
1時間もあればいいでしょうか。
塩気を含んだ水分がこの間に染み込んでいきます。
なので、ある程度の水気が必要なんです。
IMG_7792.jpg
塩味が薄ければ最後に塩をかければいいです。

これ、農家さんに教えてもらい、フレスコでアレンジした茹で方。
是非、お試し下さい。

それにしても、石井さんの枝豆、超美味いです。
甘さ、香り、コク、完璧ですね。

入荷情報
飯田さんのとうもろこし、丸山さんの桃、入荷しました。

posted by フレスコ at 12:21| 作ってみました

2020年07月01日

今年の梅干しは残り物で

皆さんはとっくに梅干し作りは終わっていると思いますが、僕は昨日。
IMG_7645.jpg
さすがに売り物にならないだろうという見た目が悪すぎる売れ残った梅さんを使いました。
大丈夫かな?と心配になり、母親に見てもらうと「全然大丈夫」とのことでした。
IMG_7647.jpg
容器等は熱湯で消毒し、梅は焼酎を切らしていたので、貰い物のウォッカで消毒しました。
クセはないし、度数50度の強力殺菌力で菌も死滅するでしょう。
IMG_7648.jpg
今年の塩分は9%。
傷が多かったので10%にしようと思っていましたが、ほんの少し足りなかったので9%。
IMG_7650.jpg
梅の黒ずみは一種の病気のようで、食べても問題ないそうですが、一般的にこれでは売れません。
農薬を使うとこの症状は出ないそうで、当然スーパーに並ぶ梅には使用されているでしょうね。
農家さんの家に行くと、かなり見た目が悪い梅が干されていたりしますが、それが普通で自然なのかも。
IMG_7654.jpg
ちょうど丸1日でこれだけ水が上がってきました。
あとはたまにチェックして、赤しそが出るまで待ちます。

入荷情報
飯田さんの新人参入荷しました。香りよく甘味あり美味しいです。
カステラ、キムチ、入荷しました。
週末、浜野さんの新玉ねぎとにんにく入荷予定です。
次回の島バナナは7月8日(水)着の予定です。
posted by フレスコ at 20:36| 作ってみました

2020年06月26日

超ホットなハバネロソース

数年前に作ったハバネロ酢。
残り少なくなりましたが、大活躍してくれました。
IMG_7452.jpg
残ったハバネロ。
辛味のエキスはだいぶ抜けたとは言え、今でも激辛。
さすがにこれを食べるわけにはいかないので、これを使ってソースを作ります。
IMG_7454.jpg
にんにくと玉ねぎをしっかり炒め、ハバネロを加えます。
にんにくのいい香りと同時に、目に染みるような刺激も味わえます。
IMG_7456.jpg
そこにトマト。
残り僅かとなったアミーゴトマト使用。
IMG_7458.jpg
これをミキサーにかけます。
IMG_7461.jpg
ちなみにスタッフうっちー監修の元、作業を進めています。
出来上がったペーストに、塩、酢、蜂蜜等を加え、味を整えていきます。
「ただ辛いだけじゃダメなんです」と味見をしながら調整していきます。
IMG_7462.jpg
この味を解説しますと、まず甘みを感じ、同時に旨味を感じます。
「これ、美味いじゃん!」の数秒後に「辛っ!」
かなり辛味を感じ、口も喉もヒリヒリします。
「すっごい辛いです!何ですかこれ!あっ、でも、美味しいかも」
超ホットですが、味のバランス良しで、相当美味しいです。
IMG_7468.jpg
蜂蜜の容器に入れましたが、ラベルが剥がれず、ダサいですし、ベトベトします。

そこでスタッフ絹子の登場。
IMG_7472.jpg
売る訳でもないのにラベル作り。
でも「納得いかないわ」
IMG_7474.jpg
と本格的に作業に入る絹子。
IMG_7476.jpg
簡単ですが、かなりそれらしくなりました。
うん、よしよし。
これは後日使います。

さくらんぼ紅秀峰情報
沢山のご予約ありがとうございました。
入荷は7月の最初、1日か2日頃になるとの話です。
ご予約のお客様には入荷しましたらご連絡いたします。
今しばらくお待ち下さい。

posted by フレスコ at 20:17| 作ってみました

2020年06月08日

本格ニシンの山椒漬け

何度か作っているにしんの醤油漬け。
DSC01872.jpg
生産者さんが店に来た時に振る舞い、喜ばれているものです。
DSC06540.jpg
醤油、酢、みりんで漬け込んでいるので、正確にはニシンの酢醤油漬けでしょうか。
本来は福島会津地方の郷土料理、ニシンの山椒漬けなんですが、時期的に山椒の葉が手に入らなかったので、山椒抜きでした。
IMG_7153.jpg
今回、栃木の浜野さんから分けてもらった山椒の葉。
少し前に「山椒の葉って手に入らないですかね」と聞くと「私の実家にいくらでも生えてますよ」と。
「おっ!それは素晴らしい!少し分けていただけると」「全然構いませんよ」と。
これで清く正しいニシンの山椒漬けが作れます。
IMG_7148.jpg
ニシンのみ外部調達品です。
乾燥した身欠きにしんは臭みを取るために通常は米の研ぎ汁で戻しますが、今回はダイレクトに加藤さんの米ぬかを使いました。
無農薬かつ生命力溢れる加藤さんの米ぬかで効果抜群!…のような気がします。(思い込みは大事です)
IMG_7156.jpg
タッパーにニシンと山椒を交互に重ねていきます。
山椒がすごくいい香り♪
IMG_7160.jpg
そこに酢と醤油とみりんの合わせ調味料。
これを作りながらいつも思うんですが、正しく作られたフレスコの厳選調味料、完全にニシンより高いんじゃないかって…。
IMG_7162.jpg
山椒の葉は田舎の人に言わせれば勝手に生えてるただの葉っぱだけど、一方で高価に取り引きされてたりして、世の中の価値観ってよく分かりません。
IMG_7163.jpg
普通がどうなのか分かりませんが、葉っぱがたっぷりすぎる気がします。
これでしばらく漬け込みます。

こちら、お客様からの差し入れ。
IMG_7164.jpg
先日販売してたヤングコーンのひげを使ってお茶を作ったそうです。
IMG_7169.jpg
これがなかなか香ばしくて美味しい。
普通なら捨ててしまうもので何かを作ろうとする柔軟性と行動力にただただ感心。
大変美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。

posted by フレスコ at 19:32| 作ってみました

2020年06月01日

フレスコ素材のハンバーガー

まず新茶情報。
日程は確定ではないですが、今週末あたり、杉本さんの新茶入荷します。
もえぎ、初芽、八十八夜、極上の4種類です。
「やっと出揃いました。今年は例年より遅れましたが、その分味はいいと思います」とTEA杉本君からです。
楽しみです。

さて、今日はハンバーガー。
パン以外は全てフレスコの素材です。
IMG_6996.jpg
可能な限り添加物が少ない食パンを買ってきて軽くトースト。
押方さんのグリーンレタスに坂田さんの熱々に湯煎した糖質カットハンバーグ。
IMG_6998.jpg
東毛さんのナチュラルチーズにパパヤさんのケチャップ。
IMG_7000.jpg
内山さんの新玉ねぎに早舩さんのアミーゴトマト。
IMG_7001.jpg
松田さんのマヨネーズにもう一度グリーンレタス。
IMG_7004.jpg
完成!
IMG_7006.jpg
ただし、非常に食べづらいです。
手と口の周りはベトベトになります。
IMG_7009.jpg
でも最高に美味しいです!



posted by フレスコ at 19:13| 作ってみました

2020年05月27日

久々にカレー

いんげんってすごい。
IMG_6907.jpg
植え替えて棒を立てたらあっという間に巻き付いて、どんどん成長していく。
IMG_6909.jpg
慌ててネット張りをしました。
IMG_6920.jpg
日々の成長が楽しみです。

さて、今日はカレーを作ってみました。
IMG_6779.jpg
内山さんの新玉ねぎを炒めます。
IMG_6782.jpg
これくらいになるまで約30分。
IMG_6785.jpg
具材は擦った生姜をたっぷりと、人参、じゃが芋、鶏肉、ぶなしめじを炒め、カレーの壺があったのでここで馴染ませておきました。
もちろん全てフレスコの材料です。
IMG_6788.jpg
炒め玉ねぎを加え煮ます。
IMG_6791.jpg
カレールーは奄美のカレー中辛、隠し味にパパヤさんのソース。
これ、決め手です。
IMG_6792.jpg
添付のガラムマサラ等を足してスパイシーに。
IMG_6795.jpg
お米はもちろん加藤さんのあきたこまち。
IMG_6800.jpg
かなり辛口でスパイシー。
でも、甘くてフルーティー。
素材からもいいだしが出ていて深みのある味わい。
かなり美味しいです。

梅情報
明日28日(木)斉藤さんの梅の収穫にいきます。

その他、島バナナ入荷予定です。

30日(土)栃木クオンさんからサンチュ、春菊、スナップエンドウ、長野のらくらさんから小松菜、春菊、かぶ、サニーレタス入荷します。
春菊の食べ比べが楽しみです。
posted by フレスコ at 19:28| 作ってみました

2020年05月14日

スナップエンドウをプラス

作り方はごく普通なので割愛します。
IMG_6618.jpg
スナップエンドウを一緒に炒めた焼きそば。
IMG_6619.jpg
山口さんのキャベツと吉岡のスナップエンドウが面白い。
かなり合います。
IMG_6622.jpg
味付けはパパヤさんの中濃ソース。
酵素分解して作られるソースは素材感バッチリで、加熱すると本領発揮。
素晴らしい!
IMG_6675.jpg
ケチャップライスに同じく吉岡さんのスナップエンドウを色鮮やかにトッピング。
IMG_6676.jpg
しんなり炒めた内山さんの甘い新玉ねぎと、お魚のウインナーが最高に合います。
スナップエンドウもいいアクセント。
IMG_6673.jpg
こちらもパパヤさんのトマトケチャップ。
かけてよし、炒めてよし、最高に美味しいケチャップです。
IMG_6678.jpg
今が旬のアミーゴトマト。

ただいまアミーゴトマト徳用、新玉ねぎ徳用、佐瀬さんのそら豆、河内晩柑、特価中です。

posted by フレスコ at 10:11| 作ってみました