2021年09月06日

浜野さんのハバネロで

「ハバネロ、たくさんできたんですよ」
「ほう、できましたか」
IMG_3254.jpg
「生で売れますか?」
「生かあ…。生はちょっと売れないんじゃないかなあ…」
IMG_3255.jpg
「そうですか。じゃあ少し使ってみてください」
「これくらいなら。ありがたくいただきます」
IMG_3308.jpg
激辛のハバネロ。
ビニール手袋は必須です。
これ、マジで大事。
以前、中米を旅していた時です。
宿で唐辛子を刻んでいて、おしっこしたくなってトイレに行って、その直後にあそこに激痛!
えらい目にあった記憶があります。
IMG_3309.jpg
ハバネロは洗って切れ目を入れてお酢に漬けます。
IMG_3314.jpg
ハバネロ酢。
しばらく寝かせてみます。
でも、めちゃくちゃ辛そう…。
辛いのが得意な宇野さんに今度味見してもらおうっと。

数日後。
IMG_3340.jpg
「ハバネロをタバスコ風にしてみました。これ美味しいですよ!」
「辛そうですねえ…」
IMG_3342.jpg
ハバネロのタバスコ風を味見するためにステラさんのピザで試食。
IMG_3346.jpg
とりあえずちょっとだけ。
IMG_3348.jpg
が、これがなかなか美味しいですよ。
確かに辛いは辛いですが、風味がすごくいい。
元々素晴らしく美味しいピザにピッタリです。
このハバネロタバスコ風、熟成させたらもっと美味しくなる気がします。
これを商品化したらいいかも。

入荷情報
斉藤さんの生落花生入荷しました。



posted by フレスコ at 19:28| 作ってみました

2021年09月01日

今年もスーパーのうなぎを食べる

まず入荷情報。
2日(木)大内さんの枝豆、小森さんのぶどう(クイーンニーナ)、辻さんのワタリガニ、入荷します。
近日、香取さんのさつま芋(シルクスイート)入荷します。
来週は生落花生入荷の予定。

スーパーでうなぎが半額だったので思わず買ってしまいました。
IMG_3264.jpg
売れ残りの中国産です。
いつか国産を食べられるようになりたいと願いつつ…(毎年です)。

では毎度のように食べ方。
IMG_3265.jpg
洗います。
表面のベタベタしたタレが嫌なんです。
IMG_3266.jpg
蒸します。
これでふっくら。
IMG_3263.jpg
添付のやばいタレは使わず作ります。
醤油、みりん、今回は蜂蜜を加え煮詰めます。
あっという間に美味しいタレができます。
もちろんフレスコの正しい調味料なので、このまま舐めても美味しいです。
IMG_3267.jpg
蒸したうなぎにタレをかけます。
IMG_3268.jpg
ご飯に乗せて更にタレ。
IMG_3272.jpg
今回は山椒ではなく柚子胡椒で頂いてみます。
IMG_3269.jpg
美味い!
うなぎふわふわ〜、タレの味もバッチリ、柚子胡椒も合いますね〜。
年に一度のうな丼、美味しくいただきました。


posted by フレスコ at 17:31| 作ってみました

2021年08月26日

オクラ乗せうどん、アジのなめろう

まず入荷情報。
27日(金)小森さんのぶどう入荷します。
初回、品種はピオーネ、ブラックビート、タマユタカの3種です。
新物らっきょう漬け(箱)も27日午後入荷です。
加瀬さんの里芋は来週入荷予定。
大内さんの枝豆は今月下旬か来月上旬。

フレスコなんちゃってファームのオクラが元気に実をつけています。
と言っても、コンスタントに1日1本ずつ。
IMG_3237.jpg
今日は冷やしうどんにオクラ。
もちろん、その他の材料も全てフレスコのものです。
IMG_3240.jpg
全てが美味しいんですが、オクラもいいですねえ。
売りたいほど美味しいですが、1日1本じゃどうにもなりません。

それから新鮮なアジが手に入ったのでなめろうを作ってみました。
IMG_3220.jpg
3枚におろしたアジを細かくたたき、加藤さんの味噌と、生姜、小ねぎ、大葉の薬味を混ぜ合わせます。
IMG_3221.jpg
これ、たまらないですよ。
最高!
味噌と薬味がいいと、ここまで美味しくなるのかと感じる味わい。
ビールでもいいし、日本酒でもいいですね。


posted by フレスコ at 18:38| 作ってみました

2021年08月17日

焼き小布施茄子と唐辛子酢の試作

まず入荷情報です。
大好評につき、あっという間に売れ切れてしまった本間さんのミニトマトですが、次回入荷は18日(水)です。
超得、多めに作ります。

宮嶋くんの小布施茄子(丸茄子)がなかなか美味しいと評判。
IMG_3137.jpg
最初に試食していますが、改めて食べてみましょう。
厚切りにして焼きます。
軽く塩。
IMG_3139.jpg
割れていて売り物にならなかったトマトがあり、ソースを作っておいたので、乗せます。
IMG_3142.jpg
火を通すとものすごく柔らかくなり、でも濃厚な味わいの小布施茄子。
うん、美味しい。
大木さんのトマトと斉藤さんのにんにくを使ったトマトソースもかなり美味しいです。
普通に生姜醤油とかでもいいですね。

こちらは試作品。
IMG_3149.jpg
浜野さんの作ってきた唐辛子酢。
これをいつか商品化したくて、何年も前から栽培からお願いしておいたのです。
蓋を開けた途端にかなり強烈な香り。
IMG_3150.jpg
さっき作ったトマトソースが残っていたのでパスタを作り、それにかけます。
IMG_3151.jpg
うーん…。
そのまま舐めるとかなり激辛に感じたのですが、かけてみると意外とそうでもない?
IMG_3152.jpg
美味しいは美味しいけど…。
唐辛子の量とか、漬け時間とか、酢の種類とか、まだまだ改良の余地はありそうです。


posted by フレスコ at 18:08| 作ってみました

2021年08月04日

辛すぎた唐辛子味噌

浜野さんの日光唐辛子が売れ残ったので、唐辛子味噌を作ることにしました。
IMG_2920.jpg
刻みます。
IMG_2933.jpg
ごま油で炒めて、味噌やみりんと合わせます。
IMG_2934.jpg
いい香り♪
IMG_2938.jpg
ここで味見をしてみますが…。
旨い…、けど辛っ!
IMG_2939.jpg
いや、加藤さんの味噌も味がいいし風味も良くすごく美味しいんです。
でも、ちょっと辛過ぎました。
辛さに弱いスタッフ絹子は「辛過ぎ!口の中ピリピリして痛い!」と言い、辛さに強いうっちーでさえ「結構辛いです!胃にきてます!」と言います。
IMG_2975.jpg
すごく辛いけど、ほんの少しきゅうりに付けて食べたら美味しいし、焼き鳥に付けたらビールが超進みそうです。
味見したい方はどうぞ。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は15日(日)13時から、テーマは「洗剤の話」です。

posted by フレスコ at 19:18| 作ってみました

2021年07月16日

枝豆を美味しく茹でてみよう

毎年このブログで紹介していますが、枝豆のエコで美味しい茹で方の紹介です。
IMG_2824.jpg
枝豆を洗い、少量の塩をふりかけよく揉みます。
そのまま5分か10分。
汚れとアクが取れます。
IMG_2826.jpg
茹でるお湯は枝豆がかぶる程度でOK。
たっぷりのお湯で茹でる必要はありません。
そして、ここではただのお湯。
塩は入れません。
たっぷりのお湯に塩をドバドバはもったいないです。
IMG_2828.jpg
袋に湯で時間とか書いてあったりしますが、豆の大きさとか状態によって異なるので、あまり参考にはなりません。
つまんで食べてみるのが一番です。
好みの固さに茹だったらザルに開けますが、鍋にお湯が少し残っている位ですぐ鍋に戻します。
IMG_2829.jpg
ここで塩。
もちろん正しい塩を使いましょう。
体にもいいし、味もいいです。
量は適度に…、が一番難しいですね。
これは何度もやって学ぶしかありません。
IMG_2830.jpg
すかさず振ります。
残ったお湯と塩が混ざり、その塩水を全体にまぶす感じです。
IMG_2831.jpg
うちわか扇風機で粗熱を取り、冷蔵庫へ。
1時間くらいでしょうか。
その間に塩水が豆の中に染み込んでいきます。
なので、茹で立てを食べてい方にはこのやり方は向いていません。
IMG_2833.jpg
もし塩が薄かったら、食べるときにかければOK。
何度か作っていくと、塩加減もちょうどよくなると思います。
じっくり塩味が染み込んで、より豆の甘さが引き立ちます。
まあ、どんな茹で方をしても、石井さんの枝豆は美味しいので大丈夫です。


posted by フレスコ at 09:44| 作ってみました

2021年07月15日

ピクルスとマスタードのホットドッグ

この前の休日は日中に石井さんの畑に行き、その後は店で料理。
ホットドッグを作りました。
IMG_2793.jpg
斉藤さんのきゅうりで前日にピクルスを作っておきました。
酢、ハーブソルト、浜野さんの唐辛子や斉藤さんのにんにくも使います。
IMG_2795.jpg
マスターズにもこだわってみます。
からしとマスタードは異なりますが、チューブのからしと富士酢プレミアムを混ぜそれらしく作ってみました。
IMG_2796.jpg
焼いた無添加ウインナー、パパヤさんのケチャップ、マスタードにピクルス。
パンは石井さんの帰りに真面目なパン屋さんでバゲットを買ってきました。
パン以外の材料はすべてフレスコのものです。
IMG_2799.jpg
これが実に美味い!
やっぱりケチャップはパパヤさんに限るし、ピクルスとマスタードが非常にいい仕事をしているんですね。
IMG_2803.jpg
放牧豚さんのウインナーもお肉の旨味が詰まっています。

今回も美味しい休日でした。
来週は梅雨明けして、久々にバイクに乗れるかな。


posted by フレスコ at 17:35| 作ってみました

2021年07月02日

休日にスペアリブ

梅雨らしい毎日、休みの日でもバイクに乗れずちょっと憂鬱。
この前の休日ですが、スーパーに行ったらスペアリブが半額だったので思わず買ってしまいました。
IMG_2659.jpg
スペアリブと言えば…。
若い頃、アメリカツーリングの途中、ある田舎町でバイクが故障し、近くの下宿に滞在していた時。
宿主のフローレンスおばさんが毎日食事を作ってくれました。
ある日、スペアリブ料理を出してくれて、それが美味しくて作り方を教えてもらいました。
ボイルして肉を柔らかくしてから、バーベキューソースを塗りながらグリルで焼く。
今日はちょっとそれを思い出しながら、スペアリブを僕なりに料理してみました。
IMG_2660.jpg
サンプルでもらった烏龍茶があったので、それで煮ます。
紅茶でもOK。
生姜紅茶ならなお良し。
臭みが消え肉が軟らかくなります。
IMG_2661.jpg
焼きます。
肉はやっぱり焼きが一番。
IMG_2662.jpg
焼き目が付いたら味付けは焼肉のたれ。
フレスコでも大人気。
これ万能だと思いますが、今回はあの時の甘めの味付けを思い出し、みりんと蜂蜜を少し足してみました。
IMG_2663.jpg
タレが絡めば出来上がりです。
IMG_2665.jpg
いいじゃないですか〜。
付け合せに野菜が欲しかったですね。
IMG_2669.jpg
でもお肉、美味っ!
柔らかいし、ちょっと甘めのタレが最高です。
ビール、多めに買っておいてよかった。
休みの日に、一人で肉食べてビール飲んで満足感を味わって、それってどうなんだ?とちょっと自己嫌悪。
早く晴れた日にツーリングに行きたいなあ。


posted by フレスコ at 19:30| 作ってみました

2021年05月17日

赤のルバーブでルバーブジャム

まず、お野菜から。
IMG_2200.jpg
小川さんのピーマン。
ソフトだけど香りや味わいしっかり。
先日まで品揃えしていた沖縄のピーマンも美味しかったけど、いかんせん高くて…。
小川さんのピーマンは美味しくてお買い求めやすいです。
IMG_2199.jpg
加瀬さんのキャベツ。
重っ!
事前に連絡がありましたが、生育が良すぎるそうです。
併売している山口さんのキャベツに比べ1.5倍から2倍の重さがあります。
重さと無農薬等を考慮して値付けすると500円近くしちゃいます。
世間の相場が安くて普通に100円で売っている時にありえないと思われるかもですが、とにかく大きくて重いんです。
無農薬はいいけど、こんなに食えないだろと言う方も当然いらっしゃるかと思います。
半切りも作りますので、お気軽にお声掛けください。

さて、ルバーブ。
IMG_2193.jpg
今年は植え替えの関係で極赤がなくて、赤のみだそうです。
IMG_2198.jpg
これでも十分かなと思いますが、どの程度の色合いになるかジャムを作ってみます。
IMG_2201.jpg
ルバーブジャムは超簡単。
IMG_2202.jpg
ざく切りして砂糖をまぶして煮るだけ。
今回はてんさい糖を使用。
レシピだとルバーブの半分くらいの砂糖になっていたりしますが、それだと結構甘いかな。
今回は500gに対して150gのてんさい糖なのでかなり少なめです。
IMG_2204.jpg
ルバーブから水分が出てきたら、どんどん溶けていきます。
IMG_2205.jpg
ここまで10分位でしょうか。
ジャム作りって大変なイメージがありますが、ルバーブの場合あっという間です。
IMG_2207.jpg
甘さは後からでも足せるので、最初は少なめの砂糖でいいと思います。
好みですが、この割合で僕は丁度いいです。
程よく酸味があり美味しいです。
IMG_2209.jpg
色も十分じゃないでしょうか。
R0014436
前に作った極赤ジャムに比べちゃうと鮮やかさに欠けますが、味は変わりません。
簡単で美味しいルバーブジャム、作ってみませんか?


posted by フレスコ at 18:37| 作ってみました

2021年04月02日

甘い新玉ねぎでチキンカレー

淡路島から玉ねぎが入荷。
IMG_1533.jpg
玉ねぎの本場、淡路島産はフレスコ初ですね。
IMG_1535.jpg
うん、すごく甘い。
もちろんサラダでも美味しい。

でも今日はチキンカレーを作ります。
IMG_1540.jpg
スーパーで半額になっていたので思わず買ってしまった国産骨付き鶏もも肉。
カレーの壺ペースト(辛口)と自家製ヨーグルトに漬けておいた鶏肉を焼きます。
IMG_1542.jpg
トマト缶を一缶。
IMG_1548.jpg
スライスした玉ねぎをたっぷり入れ煮込みます。
塩で味を整え、仕上げに東毛さんの牛乳とバター、パパヤさんのソースを少々。
味、バッチリ決まりました。
IMG_1549.jpg
とろとろ玉ねぎがたっぷり。
いい仕上がりです。
IMG_1553.jpg
トマトの酸味と玉ねぎの甘さが絶妙ですね。
IMG_1558.jpg
汁、美味っ!
かなり辛いけど、甘味と旨味が凝縮している感じです。

入荷情報
IMG_1561.jpg
欠品していましたステラさんのピザ、マルゲリータとクワトロフォルマッジ、再入荷しました。


posted by フレスコ at 14:30| 作ってみました