2019年06月13日

サンえのきでなめ茸

サンプルでもらったなめ茸。
IMG_0249.jpg
普通のと辛いのと2種類。
いいと思います。
原材料も正しいし、えのきの含有量も多い。
世間のなめ茸は、きのこはちょっとで添加物でとろみを付けてるだけのものが多いですから。
個人的には辛い方が好きです。

で、こういう美味しいものを食べると、つい作りたくなってしまいます。
IMG_0292.jpg
白いえのきでもいいですが、今日はサンえのきを使います。
IMG_0294.jpg
好みのサイズに切ります。
IMG_0295.jpg
調味料は醤油とみりんの味の母のみです。
分量ですが、サンえのき1株に、醤油とみりんをおたま半分ずつで、割合は醤油4、味の母6位が丁度いい感じです。
IMG_0297.jpg
サンえのきを入れて混ぜながら煮詰めるだけ。
IMG_0298.jpg
3分もあれば十分でしょう。
IMG_0300.jpg
サンえのきのなめ茸、完成です。
IMG_0313.jpg
これ完璧ですね。
味付けもいいし、サンえのきの食感と香り、存在感がすごいです。
ご飯、何杯でもいけちゃいますね。
調味料がいいので、他にダシとか何も入れなくても十分です。
IMG_0317.jpg
向井さんの一味をプラス。
いいですねえ〜。
いつもながら辛味だけじゃなくて、風味が抜群です。
改めて香辛料って風味だと感じますね。
ちなみにこれ、お酒のおつまみにも最高です。
IMG_0316.jpg
食べ比べです。
どれも美味しいけど、やっぱり手作りのが一番。
なめ茸は品揃えしますが、個人的には手作りをお勧めします。
超簡単、カレーや煮物を作るより全然簡単です。

新商品をもう一品。
IMG_0291.jpg
比内地鶏のガラスープの素。
少し前にサンプルでもらっていて、色んな料理に使っていましたが、結構使えるんです。
スタッフ皆「いいと思います!」で品揃え決定です。

いい商品には販促にも力を入れたがるスタッフ。
IMG_0296.jpg
絹子お得意のポップ。
一人で比内地鶏のイラストを描きながら、一人でうけてる絹子。
いや、結構イケてると思いますよ。



posted by フレスコ at 19:16| 作ってみました

2019年05月18日

柴本さんのほうれん草と春菊で

昨日は長野からの帰りが遅くなってしまいましたが、それでもやるべきことが残っています。
DSC03808.jpg
ほうれん草の加工です。
DSC03811.jpg
通常、ほうれん草は農家さんで袋詰してくれるのですが、今回はバラ。
なので、店で加工します。
DSC03812.jpg
計って、袋詰して、それから水をかけて冷蔵庫へ。
収穫したばかりとは言え、長旅で少し疲れてしまったほうれん草も、これで元気になります。
春菊も同様に加工します。
DSC03810.jpg
もう使うことがないと思っていた柴本さんのシール。
また貼れる事ができて、本当によかった。

さて、柴本さんのほうれん草と春菊を使って一品。
DSC03792.jpg
まずはほうれん草の胡麻和え。
使うはもちろん斉藤さんの金胡麻。
DSC03795.jpg
冬のほうれん草ほどの甘みはないですが、この時期にしては味はしっかりしてます。
それに、胡麻の風味が抜群!
柴本さんも斉藤さんも、さすがだなあ。
DSC03793.jpg
もう一品。
うどんに細かくした本枯節。
DSC03799.jpg
柴本さんの春菊を刻んでたっぷり乗せ、めんつゆ。
内山さんのミニトマトをトッピング。
DSC03800.jpg
この春菊、絶品ですね。
収穫には若干早かったと思われ、やや短いですが、その分柔らかいです。
胡麻和えとか天ぷらとか、鍋はさすがにやらないだろうけど、生がお勧めです。
香り豊かで、シャキシャキ感もあり、サラダでいくらでも食べられちゃいます。
DSC03806.jpg
今回はうどんに乗せてみましたが、そのままドレッシングでもいいし、醤油と胡麻油をかけるだけでも、めちゃくちゃ美味しいですよ。



posted by フレスコ at 20:16| 作ってみました

2019年05月03日

トースターでスペアリブとピザ

フレスコクイズの採点を絹子が終え、うっちーが再チェックを行い、そして点数順に整理し、最後に商品の仕分け。
DSC03536.jpg
商品が多いので間違いないように慎重に、約3時間もかかりましたが、まだ冷凍の灰干しが残っています。
がんばって、もしかしたら日曜日に結果発表しお渡し出来るかもです。

さて、数日前ですが、平成最後に作ったメニューのご紹介。
DSC03488.jpg
店では販売していないので、別途購入したスペアリブを使います。
キャンプでは何度が使ったことがありますが、味を付けて焼くパターンが多かったです。
DSC03490.jpg
(杉本さんの無農薬紅茶で柔らかくなるまで茹でます)
若い頃ですが、アメリカをバイクで旅した時に突然バイクが故障し、見知らぬ小さな町にバイクが直るまで滞在することになりました。
親切な方に近くの下宿を紹介してもらい、そこの宿主のフローレンスおばさんに毎日食事を作ってもらっていました。
DSC03492.jpg
(サンプルでもらった焼肉のタレに、蜂蜜や胡椒を混ぜたタレに漬け込みます)
その時作ってくれたスペアリブがめちゃくちゃ美味しくて、作り方を教えてもらいました。
「アイ クッキング スペアリブ マイセルフ!プリーズ ティーチミー クッキング!」とか言ったんでしょうね。
DSC03493.jpg
(トースターで焼きます。何度かタレを付けながら)
親切なフローレンスおばさんは、丁寧にノートに作り方を書いてくれました。
基本的にはボイルしてからソースを付けて焼く。
その時は、オーブンを使ったり、BBQソースを使ったりでしたが、一応手順を思い出しながらなるべく近づけるように作ってみました。
茹でてから焼くとものすごく柔らかくなるし、味も染みるんです。
DSC03497.jpg
見た感じはかなりいいです。
味はどうでしょうか。
DSC03498.jpg
うん、あの時の方が美味しかった。
でも、これはこれでかなり美味しいです!
DSC03501.jpg
もう少し柔らかく煮てもよかったかなと感じたのと、やはりスペアリブには焼肉のタレよりBBQソースかな?
DSC03502.jpg
オーブントースターを出したついでに、ステラさんのピザ、ジェノベーゼも焼いてみました。
DSC03505.jpg
相変わらず美味い!
最高です!
バジルが苦手の方でも全然大丈夫だと思うし、チーズやソースが美味いです。
DSC03506.jpg
それから、多くのお客様がおっしゃる通り、生地が美味しい!
厳選した小麦粉で、正しく発酵させて作った生地。
さすがです。
DSC03535.jpg
じゃが芋は元気に育っています。
今の所、虫や病気の発生はないようです。


posted by フレスコ at 19:46| 作ってみました

2019年04月27日

手作りのおいなりさんが一番です

先日、栃木にツーリングに行った時です。
めちゃくちゃ山奥に蕎麦ののぼりを発見したので入ってみました。
柱や梁が立派な古い民家で、聞いたら確か築300年とか言ってたっけ。
DSC03194.jpg
蕎麦は細めで僕の好みではなかったけど、これはこれで美味しかったです。
DSC03196.jpg
それより別に注文したおいなりさんが美味しかったですね。
ご飯が温かく、作ったばかりなのでしょうか。
甘すぎない味付けもよかったです。
僕の後に注文した人は品切れだったようなので、本当に少ししか作っていないみたいです。

で、店でも作りたくなったおいなりさん。
もちろん作るのはフレスコオリジナルおいなりさん。
レッツトライ!
DSC03456.jpg
竹の子と一緒に炊いたご飯に飯尾さんのすし酢。
このすし酢、内容味共に文句なしの逸品です。
DSC03457.jpg
そこに生わさびの茎、紅しょうが、胡麻を入れます。
DSC03459.jpg
それをあげに入れます。
DSC03464.jpg
はい、竹の子入りおいなりさん。
我ながら納得の出来。
全部フレスコの材料で、当たり前ですが完全無添加です。
DSC03466.jpg
全ての素材がいいですから、美味しくて当たり前ですが、いやすごく美味しい!
ご飯もいいし、あげもいいし、もちろん竹の子も最高です。
わさびの茎のシャキシャキ感と爽やかな辛味、紅しょうがの辛さと胡麻のプチプラ感と風味。
素材一つ一つの存在感を感じられるんです。
「うーん美味いなあ〜、これすげー美味い」とぶつぶつ言いながら食べていました。
DSC03469.jpg
あげに入り切らなかったご飯。
もちろん、これだけでも美味しいです。

まあ、美味しいとか不味いとか以前に、添加物が使われていない正しいおいなりさんって、出先で出会うには奇跡に近いですからね。
コンビニやスーパーのおいなりさんって原材料表示を見ただけで、騙されてる感を感じて買う気が失せてしまいます。
おいなりさんに限らずですが、やっぱり手作りに勝るものはないですよね。


posted by フレスコ at 19:02| 作ってみました

2019年04月24日

オリジナル潮かつおポテチ

先日、杉本君と森君が店に来てくれた時。
DSC02960.jpg
静岡の杉本君が、差し入れでご当地の鰹ポテトチップスを持ってきてくれました。
粉を後から入れてフリフリするやつですね。
DSC02964.jpg
これがなかなか面白くて、さらに削った潮かつおをふりかけて食べたところ、これがまた美味しかったんです。
DSC03401.jpg
で、本日はフレスコの正しいポテトチップスを使って再現。
原材料は全て国産で、芋と塩と米油だけを使った超シンプルかつ美味しいポテトチップス。
そしてスグレモノの潮かつお燻焼き。
DSC03402.jpg
潮かつおを削ります。
DSC03403.jpg
その粉をポテトチップスの袋に入れ。
DSC03406.jpg
そしてフリフリ。
DSC03412.jpg
鰹の風味、最高!
DSC03432.jpg
さらに追い鰹。
鰹の風味と旨味、そして塩気がプラスされ、これは完全にビールです。
是非ビールをご用意された上でお試しいただきたい。
最高ですよ!

GWの営業について
特に変更はなく通常通り営業します。
火曜日のみ定休日です。
お取引先では、10日間しっかりお休みされる会社さん、半分くらい営業される会社さんと様々で、商品によっては入荷しないもの、品薄が予想される物等もあります。
農家さんは基本的にいつも通り働いていらっしゃいます。
人間の都合による連休に関わらず、野菜はすくすく育ちますので。

posted by フレスコ at 09:42| 作ってみました

2019年04月23日

竹の子とアミーゴトマトのパスタ

「斉藤さんの竹の子、美味しかったです!」と喜びの声を多数いただき、僕らもがんばって掘ってきた甲斐があります。
それに、何よりも農家さんの名前を付けて呼んでくれるって、本当に嬉しい事です。
DSC03413.jpg
さて、今日はその斉藤さんの竹の子パスタ。
ベーコンと一緒に炒めます。
ベーコンの塩気と旨味を竹の子が吸う感じで。
DSC03414.jpg
アミーゴトマトも入れちゃいましょう。
DSC03416.jpg
茹でておいたパスタを合わせます。
味付けは醤油で和風に仕上げ、そして胡椒をたっぷり効かせます。
DSC03418.jpg
初めて作ってみましたが、これ、最高に美味しかったです。
DSC03419.jpg
柔らかい竹の子に味が染みているし、トマトが合うんですね、これが。
果肉が締まっているから火を入れてもすぐに柔らかくならないし、やっぱり味が濃いですね、アミーゴトマト。
醤油も黒胡椒も、共にいい仕事しています。
DSC03424.jpg
味はもちろんですが、全ての素材の風味が際立っています。
ちなみに醤油は大徳さん、胡椒は向井さん、ベーコンは放牧豚等、素材はオールフレスコです。
特に竹の子とアミーゴトマトが出会える時期って今だけですから、本当に今しか食べられないパスタです。
我ながら満足のものすごく美味しいパスタでした。



posted by フレスコ at 20:01| 作ってみました

2019年04月22日

竹の子ひじきご飯とこごみが美味しい

昨日、宇野さんに作ったお昼ご飯。
DSC03371.jpg
竹の子たっぷり炊き込みご飯に…。
DSC03372.jpg
藤井さんが送ってくれたひじきをたっぷり。
DSC03379.jpg
竹の子ひじきご飯。
竹の子とひじきの風味が抜群です。
味付けは昆布つゆだけです。
DSC03373.jpg
宇野さんの大好物、わさびのひげ根の醤油漬け。
見た目はあれですが、辛味と風味が最高ですね。
DSC03380.jpg
そして採れたて新鮮、サンプルで頂いたこごみ。
本枯節と大徳さんの醤油でシンプルに。
これが最高に美味しくてびっくり。
こごみは、過去に何度か入荷したことがありますが、これが一番、ダントツに美味しかったです。
近日仕入れます。
DSC03382.jpg
本日のメニュー、以上の3品でございます。
宇野さん、どうぞ。
DSC03383.jpg
「旬って感じでいいねえ〜。こごみは初めて食べるよ。わさびの根っこって食べられるんだ」
「わさびの根っこは先月も作って、美味いって一人でバクバク食べていたじゃないですか」
「そうだっけ…」
DSC03388.jpg
「いや〜、美味い!感動的な美味さだね。わさびもいいし、ひじきの香り最高だよ。こごみってこんなに美味いんだ」
DSC03400.jpg
で、元気にお話会開始。
いつも喜んで頂き、こちらもありがたいです。

入荷情報
24日(水)いちごのシュークリーム、再入荷します。
25日(木)金沢カレーシーフード、再入荷します。


posted by フレスコ at 20:14| 作ってみました

2019年04月19日

竹の子をただ茹でてみる

竹の子を茹でるのって、ものすご〜く大変って思っている方が多いようで。
DSC03281.jpg
全然、大変じゃないですよ。
DSC03283.jpg
洗って、上をカット。
縦に包丁を入れておきましょう。
鍋に入ればOK。
皮ごと茹でるのが理想ですが、鍋に入らなければもっと剥いちゃっても大丈夫です。
DSC03284.jpg
って、入らないじゃん。
ちょっと太すぎて、深さが足りませんでした。
途中で裏返せばいいか。
DSC03285.jpg
アク抜きのために米ぬかを入れて茹でます。
大きさにもよりますが、このサイズなら30分位かな。
鮮度がいいので元々アクが少ないし(当日なら米ぬか必要ないほど)、斉藤さんの竹の子は柔らかなので、時間もかかりません。
火を止めたら、冷めるまでそのまま放置。
夜茹でて、一晩そのままでも。
DSC03287.jpg
切り口からプリッと皮が剥けちゃいます。
これが結構気持ちいい。
DSC03289.jpg
はい、こんな感じ。
全然大変じゃないでしょ。
ただ茹でるだけですから、気合いとかコツとか入りません。
あとは好きなお料理にどうぞ。

特売情報
20日(土)〜21日(日)
柴本さんのほうれん草100円!(目玉)
「柴本さん、うち、今月で10年なんですよ」
「おめでとう!」
「で、特売でほうれん草100円で売りたいんですけど」
「いいよ、2ケース位でいいかな?」
「ありがとうございます!」
と、快く応じてくれる師匠柴本さんでした。
送料入れると利益ゼロですが、10周年なんで特価でご提供。
「特売なんで、発送忘れないで下さいね」(←これが一番心配)
「了解!」(←着くまで心配)

その他、斉藤さんの紅人参150円!
佐藤さんの甘夏1袋500円!
国産なたねサラダ油半額!
仙人秘水100円!
いずれも数量限定です。


posted by フレスコ at 12:54| 作ってみました

2019年04月15日

竹の子たっぷりご飯

斉藤さんの竹の子で今日は竹の子ご飯。
DSC03166.jpg
水煮にしておいた竹の子をたっぷり。
DSC03165.jpg
味付けはこちらの昆布つゆを使ってみます。
これが上品でいい味出してくれるんですよね。
DSC03168.jpg
いい香りですね〜♪。
DSC03169.jpg
同じく斉藤さんののらぼう菜をトッピングして出来上がり。
ものすごく柔らかくて風味抜群の竹の子、美味しい〜♪
味付けも最高でした。
DSC03179.jpg
残った竹の子ご飯をおにぎりにしてみましたが、いくらなんでも竹の子が多すぎました。
竹の子がボロボロとバラけてしまって、食べづらいったらありゃしない。
味は最高によかったですけど。

竹の子を茹でるのって「大変!」と思っている方が多いようですが、ただ茹でるだけなので、そんなに気合いを入れる必要なないです。
今だけしか味わえない旬ですので、今のうちにどんどん食べてほしいですね。

今週の竹の子の収穫は17日(水)と20日(土)を予定しています。

今月の宇野さんのお話会は21日(日)13時〜です。
テーマは「土の話」です。
posted by フレスコ at 20:17| 作ってみました

2019年04月03日

野沢菜の新芽とのらぼう菜の食べ比べ

今が旬、斉藤さんののらぼう菜と、柴本さんの野沢菜の新芽。
DSC02714.jpg
食べ比べをしてみましょう。
DSC02718.jpg
まずはベーコン巻き。
ベーコンはこれが最高。
原材料シンプルにして、かつ美味い!ってあまりないんですよね。
DSC02719.jpg
焼きます。
DSC02720.jpg
塩少々と、胡椒はこれに限ります。
風味が抜群にいいんですよね。
DSC02731.jpg
いい感じに焼けました。
DSC02725.jpg
黒胡椒の風味と、ベーコンの旨味が染み込んでいて、すごく美味しい!
やはり甘みを感じるのはのらぼう菜、ほろ苦さを楽しむには野沢菜の新芽ですね。
強いて言えば、もう少し中の量を減らした方がよかったです。
ちょっと太すぎて食べづらかったです。
DSC02730.jpg
それからシンプルにお浸し。
本枯節をたっぷり乗せて…。
DSC02733.jpg
そして大徳さんのお醤油を少々。
かつお節とお醤油の旨味と風味も楽しめる一品、いや二品ですね。
のらぼう菜か、野沢菜の新芽か、いやどちらも美味しくて…。

「柴本さん、野沢菜の新芽好評ですよ」
「今度は小松菜の新芽出すよ」
「えっ?もう野沢菜ないんですか?」
「小松菜の方がいっぱいあるんだよ。量、増やすからさ」
「売りたいんですね」
「そういう事」
という訳で、今週末は野沢菜の新芽比25%増量で小松菜の新芽が入荷します。

ついでなので、グレープフルーツのご紹介も。
DSC02763.jpg
こちら、正真正銘、国産のグレープフルーツです。
確か、オープン当初に数回入ってきたことがあった記憶がありますが、それ以来。
DSC02774.jpg
超レア物です。
輸入のものと違い、当然、防腐剤、防カビ剤は使っていないので安心です。
DSC02778.jpg
果汁はかなり多くて、ジューシーです。
酸味もしっかり目で、さっぱり爽やかな味わいです。
やや小玉ですが、気温が上がったら美味しくいただけると思います。
貴重な国産のグレープフルーツ、食べてみて下さい。



posted by フレスコ at 19:52| 作ってみました