2018年06月19日

梅干しを作ってみようB

梅雨の晴れ間。
せっかくの休みなので、どこか行きたかったのですが、今日は梅干し作りの続きの予定が入っていました。
塩漬けした梅は自宅に持って帰り、赤じそを入れる作業は母親の監修の元に行うことにしました。
R0010570.jpg
水がかなり上がっています。
今のところ成功している気がしますが、母親曰く「12%はしょっぱすぎる」とのこと。
そうは言っても最初だから。
R0010562.jpg
使うのは斉藤さんの赤じそ。
もちろん、完全無農薬。
R0010563.jpg
すっごくいい赤じそですね。
R0010568.jpg
自宅ではシンクに水をためて洗いましたが、大きめのボウルでもいいでしょう。
多少しなびていても、10分位浸けておけば、パリッとするそうです。
また、しばらく浸けておく理由は、葉に付いている砂が沈むというのもあるそうです。
R0010573.jpg
ざるで水を切ります。
ちなみに、1kgちょっとの梅に対して、赤じそ1袋使いました。
R0010574.jpg
約大さじ1の塩。
R0010576.jpg
これを赤じそに振りかけ。
R0010577.jpg
よく揉みます。
R0010579.jpg
ざるの下にはボウルを置いておきます。
何の意味があるのか不明でしたが、汁の色を確認するためだそうです。
黒っぽければまだアクがあって、赤くなればOK。
R0010581.jpg
しばらく揉むとこの状態になりますが、塩を足す作業から同じ事を2,3回繰り返します。
絞り汁はその都度捨てます。
R0010590.jpg
すると、赤じその汁が明るい赤色に変わりました。
次に昨年漬けた梅干しを1粒使うのですが、両手が汁だらけになり、写真を撮れる状況ではなくなりました。
そこで、デジカメを触ったことがない母親に頼むことにしました。
「ちょっと撮ってくれる?」
「どうやって撮るのよ」
「逆だって前と後ろ。レンズを前に向けないと」
「どこ押すのよ」
「そこ、シャッター押すだけ」
「これ?」
「それは電源だって」
R0010582 - コピー.jpg
「もうちょっと真ん中。画面に写ってるでしょ。ちゃんと見てよ」
「難しいのね」
「いいよ、こっちが動かすから」
R0010583.jpg
気を取り直して…
この梅干しを潰して、赤じそに足します。
するとどうでしょう。
R0010587.jpg
な、なんじゃこりゃー!
いきなりマッカチン。
これ、梅干しだけの色じゃないです。
理由は分かりませんが、梅干しと赤じその成分が化学反応をおこしたとしか思えません。
昨年の梅干しを足すのは、昔から伝わる技?だとか。
R0010589.jpg
赤じそと絞った汁も梅に入れます。
R0010591.jpg
この最後の汁が大事だそうです。
R0010592.jpg
全体に広げ、念入りに再度消毒した落し蓋と重しをして終了。
あとは土用の丑の日あたりを狙って干すだけ。
それまでしばらくこのままにしておきます。

所要時間は1袋分で約30分。
慣れれば半分くらいでできそうです。

料理にしても同じですが、レシピなんてネットで調べればいくらでも出てきます。
でも、その家に伝わる味だとか、方法だとか、それってちゃんと伝えていかないとなって。
知識は財産です。
この歳になって、少し分かってきたような気がします。




posted by フレスコ at 19:16| 作ってみました

2018年06月17日

宇野さんに豚キムチ丼プラス

今日は宇野さんのお話し会。
毎月の事ですが、お昼に何を食べてもらおうか、数日前から考えます。
沖縄のもずくが入荷したので、これを利用したいところですが…。
DSC06220.jpg
もずく汁?もずく丼?
なんか違う…。
で、もずくは次回にして。
DSC06224.jpg
豚キムチ丼にしました。
作り方は至って普通ですが、新玉ねぎとキムチはたっぷり。
DSC06226.jpg
生卵を乗せて、これだけでも美味しいはず。
DSC06222.jpg
でも、これだけじゃつまらない。
斉藤さんの金胡麻に宮内さんの唐辛子。
ちなみに、唐辛子2本分が入っています。
DSC06229.jpg
これを振りかけて、プラスαの美味しさを楽しんでいただければ。
DSC06230.jpg
どうですかね、宇野さん。
DSC06232.jpg
「今日もいいねえ〜、美味いよ。でももっと辛くてもいいかな」
唐辛子系の辛さにはめっぽう強い宇野さん。
DSC06238.jpg
今日も元気にお話ししていただきました。
来月は何を食べてもらおうか。
考えるもの結構好きです。


posted by フレスコ at 19:27| 作ってみました

2018年06月14日

梅干しを作ってみようA

さて、梅を漬けてから3日が経ちました。
どうなっているか…。
何しろ初めてなもので、気になって仕方ありません。
では様子を見てみましょう。
そーっと蓋を開けると…。
R0010559.jpg
おお、水が上がってますねえ。
何かいい感じじゃないですか?
ちなみに、南高梅、白加賀、その他の品種が混ざっていて、熟し加減も差があるので、色合いやサイズはバラバラです。
R0010558.jpg
もっと近くに寄ってみましょう。
梅に蓋の跡が付いていますが、割れている様子は見受けられません。
売り物にならなかった梅を使った割には、いいんじゃないでしょうか。
R0010560.jpg
傾けてみます。
結構、水分出るんですね。
R0010561.jpg
虫食いや傷の部分も今の所問題なさそうです。
母親に聞いたところ、2,3日で水が上がらなければ、塩が足りないか、重しが足りないか、とのこと。
なお、こうして確認のために蓋を開けたりする際も、必ず手を洗い消毒してからがいいそうです。
あとは、赤じそが出てくるまでしばらくこのまま。
塩分12%がどんな結果になるかも気になるところです。


そう言えば、数年前に栃木の大貫さんに手作りの梅干しをもらいました。
先日紹介した、あのこんにゃくのじっちゃんですね。
「大貫さんは塩分何%で作ってるんですか?」(←質問)
「1%だ」(←断言)
「えっ?1%ですか?」(←驚き)
「そうだ、1%だ」(←自信に満ち溢れた断言)
「そうですか…、1%って…、すごいですね。ものすごく塩分控えめなんですね」(←それしかコメントが…)
多分、と言うか絶対1%じゃないと思います。
きっと、計りもしないでバサバサってやってるんだと思います。
でも1%なんですよ、信じていれば。
僕はそんな大貫のじっちゃんが好きなんです。




posted by フレスコ at 20:23| 作ってみました

豆とひき肉のカレー

たまに作りたくなるカレー。
材料も出揃ってきました。
せっかく作るのなら、いい素材で美味しく食べる。
これ、基本です。
DSC06127.jpg
斉藤さんの新にんにく。
すっごいいい香り♪
DSC06128.jpg
炒めるのは、内山さんの新玉ねぎを大量に、市川さんの人参、冷蔵庫に半年以上眠っていたりんご。
DSC06129.jpg

宮本さんのセロリも入れちゃいましょう。
DSC06130.jpg
放牧豚のひき肉。
DSC06131.jpg
そして要のカレーの壺スパイシータイプ。
これ、辛いですよ。
DSC06132.jpg
これだけでも美味しそうですね。
DSC06133.jpg
ミニトマト。
今回は湯剥きしておきました。
DSC06134.jpg
水を加え、煮込んでいきます。
DSC06135.jpg
最後にミックスビーンズ。
DSC06136.jpg
パパヤさんのソースを隠し味に加え、塩で味を整え完成です。
DSC06137.jpg
はい、超簡単です。
これ見た目以上に辛いです。
でも玉ねぎの甘みが十分に出ているので、辛いだけのカレーではありません。
DSC06141.jpg
そして風味。
ひき肉も、豆も、使った材料それぞれの風味、そして旨味もしっかり出ています。
素材の存在感が楽しめるカレーです。


そうそう、先日紹介したフルーツシューは福島で作られているんですが、数日前に天皇陛下が現地を訪問された際、献上されたそうです。
さすがですね。
変な物はお出しできませんものね。
色々と準備が大変だったようですが、喜ばしいことですね。


特売情報
内山さんの新玉ねぎ得用サイズ480円→380円。

入荷情報
近日、沖縄もずく入荷します。


posted by フレスコ at 12:14| 作ってみました

2018年06月12日

梅干しを作ってみよう@

初めに申し上げておきますが、梅干し作りは初めてです。
うまくいく保証はありませんので、これから作られる方は、こちらの記事は参考にされない方がいいかと思います。
それを踏まえて、早速梅干し作り開始です。
DSC06121.jpg
梅はもちろん、斉藤さんの自然栽培…、と言うより、ほぼ野生の完熟梅。
DSC06122.jpg
その中で、売り物にはなりそうもない梅を使ってみます。
いきなりハードルが高い気がしますが…。
洗って、水気を切っておきます。
DSC06123.jpg
選別です。
腐れや傷みはNG、シミ、虫食いはOK、小さな傷まではOKとします。
樹成り完熟なので、アク抜きはしません。
DSC06125.jpg
ヘタがあれば爪楊枝で取っておきます。
焼酎で梅を洗っておきます。
この辺のポイントや基本的な作り方は、梅干し作り数十年の母親に聞きました。
DSC06145.jpg
容器類は熱湯+焼酎で消毒。
カビが一番の大敵。
ここは念入りにしておきました。
DSC06146.jpg
塩は当然正しい自然塩を使いますが、問題は塩分です。
20%でも普通みたいですし、塩分が高ければ失敗する可能性は低くなります。
ちなみに、うちの母親は5%です。
最初に聞いた時は嘘だと思い、作っている最中に確認しましたが、本当でした。
個人的には、1日1個食べるか食べないかの小さな梅干しの塩分量など全く気にしませんが、しょっぱいのは嫌。
でも、初めての梅干し作りで、しかも傷あり梅。
熟考した結果、12%で作ってみることにしました。(←なぜ10%か15%じゃないんだ!無難に間を取るタイプなんでしょうか)
DSC06148.jpg
なお、世間で売られている、減塩梅干しとか、塩分控えめ梅干しは、通常の塩分で漬けた後、水に浸し塩分を抜いたもので、最初から塩分を少なくして作られているものではありません。
原材料表示を見れば分かります。
梅、塩、(しそ)以外に、味付けや保存性を高めるために、調味料や添加物の表示があるはずです。
正しい塩を使っていない可能性も高いです。
原材料表示が記載されていない梅干しのパンフレットやチラシも特にこの時期多いですね、産直とかお中元とかで。
梅干しに限らずですが、僕にはそれらを買う勇気はないですね。
DSC06149.jpg
落し蓋をして重し。
梅が完熟して軟らかいので、重さで潰れないか心配です。
まあ、初めてなので、やるだけやってみましょう。

ちなみにこの石、数年前にあるお客様からお土産でもらったもの。
確か秋田とか言ってたかなあ。
なぜお土産に石だったのか、よく分かりません…。
飾っていても仕方ないので、味噌作りや梅干し作りに活用させてもらっています。

梅干し作り、随時更新していきます。


入荷情報
15日(金)とうもろこし初入荷の予定です。



posted by フレスコ at 19:59| 作ってみました

2018年06月03日

玉ねぎいっぱいトマトミートソース

うーん、ミニトマトだらけになりそうな予感…。
小林さんのミニトマトが出だしから好評。
そしてすでに発注してしまった大木さんのミニトマトが到着。
DSC06051.jpg
これがまた、味いいんですよ、困ったことに。
甘みもあるし、酸味とのバランスがいいですね。
そして、トマトの香りも程よくあり、小林さんのミニトマトの方が上だと想像していましたが、いやいや甲乙つけがたい。

それに加え、越川さんのミニトマトも頼まれてしまい…。
「急に沢山採れてしまって、なんとかならないですかね。困っちゃって。味はいいです」
「いや〜、うちもミニトマトだらけなんですよ。でもどうしてもって事情なら。週末だったら何とか」
「助かります。何とかなりますか」
「何とかしましょう」
と言うわけで、美味しいミニトマト、たくさん食べていただけると助かります。

困ったといえば、味が今ひとつのアミーゴミニトマト。
先程のミニトマトに比べてしまうと、やはり味の差は大きい。
DSC06040.jpg
試しにミートソースに使ってみました。
作り方はいつもと同じなので割愛しますが、今日のポイントは内山さんの新玉ねぎを大量に使ったこと。
トマトの何倍も多く使いました。
DSC06043.jpg
だから玉ねぎの甘みがすごい!
糖分は少量のケチャップに含まれているもの以外、何も使っていないでこの甘さ。
そしてセロリも刻んで使いました。
風味と清涼感がプラスされて、これまた正解でした。
DSC06044.jpg

生で食べ比べると劣ってしまうトマトも料理に使えば、十分美味しいです。
皆さん、レベルが高すぎるんですね。


昔働いていたとあるスーパーで「相手が困って頼まれた時は、全部引き受けろ。そしてその時は絶対に値切るな」と超おっかない上司に教わった事があります。
普段は相手がかわいそうになるくらい値切る人です。
でも「だからこっちが困った時に頼めるんだ。お互い様だ」との言葉をこんな時に思い出します。
まだ全部を引き受けるだけの販売力はないですが、その心がけはしていきたいといつも思っています。



posted by フレスコ at 20:25| 作ってみました

2018年05月30日

初めて作るらっきょう甘酢漬け

「今年のらっきょうはよくできたぞ」と斉藤さんが自慢げに話していました。
「そうですか」とは言ったものの、僕はらっきょう漬けを作ったことがないので、その良さが分かりません。
「斉藤さんのらっきょうがすごく美味しかった!」とお客様から言われても、そうなんだ〜と思うしかありません。
それではいけない。
では、作ってみるか。
とらっきょう漬け、初挑戦。
DSC05938.jpg
もちろん、泥付き。
DSC05939.jpg
バシャバシャと洗います。
DSC05941.jpg
よく面倒だと聞きますが、要するにここなんですね。
上下を切って、皮を剥く作業。
確かに面倒…、って言うか飽きる…。
毎年漬けている母親に聞いたとろこ「2kgで1時間はかからないかな」と言っていました。
DSC05942.jpg
結果、1kgで45分位でした。
DSC05944.jpg
ここで熱湯をかけ回します。
これ、母親に教わった技。
これをすると2年経っても3年経ってもパリッとしているそうです。
理由は分からないそうですが、確かにうちのらっきょう漬け、何年も前の食べてもパリッとしています。
母親も昔教わったそうですが、昔の人の教えは学ぶべきですね。
DSC05946.jpg
さて味付け。
今回は、ベースを富士酢と味酵母にしてみましょう。
DSC05947.jpg
富士酢500に味酵母200でどうかな?
まず味見。
ケホケホ。
結構酸っぱい。
このままだと甘酢漬けと言うより、ただの酢漬けだ。
DSC05948.jpg
甜菜糖をスプーン3杯入れてみよう。
あまり甘くはしたくないので少しずつ。
うん、少しイメージと近づいてきたかな。
市販の原材料見ても(正しいものでも)砂糖が先頭にきていたりするから、結構な砂糖の量なんですね。
DSC05950.jpg
蜂蜜なんか入れてみたりして。
スプーン3杯位でどうだ。
うーん、もうちょい砂糖かな。
だんだんアバウトになってきた…。
でも、ちょっといい感じ?
DSC05952.jpg
宮内さんの唐辛子。
瓶がなかったので余っていたタッパーで代用。
トータルで約1時間ちょっと。
これを手間と見るか、面倒と感じるか、それとも有意義な時間と取るか。
人それぞれでしょうが、僕は一番後者だと感じられる人間になりたいですねえ。
まあ、出来上がりにもよりますが、さてさてどんな感じになるでしょうか。
数カ月後が楽しみです。


posted by フレスコ at 08:59| 作ってみました

2018年05月29日

むね肉の春菊梅肉乗せ

肉は何でも好きですが、特に鶏は好きです。
でも、やっぱりもも肉多いですね。
ムネ肉はあまり…。
でも、どうせ食べるなら美味しくいただきたい。
DSC05893.jpg
で、いきなり料理開始。
開いた鶏のむね肉に塩コショウ。
余っていたミックススパイスも使ってみました。
ちなみに、ありたどりさんをチョイスしました。
DSC05894.jpg
片栗粉をまぶします。
DSC05896.jpg
野菜のおかげに塩を入れたスープを沸騰させ、むね肉を投入。
火を止め、予熱で30分位かな。
DSC05897.jpg
冷めたらスライスして出来上がり。
これがですね、簡単なのに結構美味しいんですよ。
DSC05898.jpg
さっぱりしていて、でもパサパサ感はなく、かなりしっとり。
スパイスとスープの味もとてもいいです。
でも、どこか物足りない。
DSC05902.jpg
で、さらに美味しく。
柴本さんの春菊に、サンプルでいただいた柚子ドレッシングをちょこっとかけてみました。
すっごい美味しい!
美味しさ2倍!
でも、これは春菊が美味しくないとダメだと思いますね。
DSC05904.jpg
さらに、ここに梅肉をほんの少し乗せてみました。
うっ、美味い!
美味しさ3倍!。
夏にピッタリではないでしょうか。

きゅうり情報
近日、柴本さんのきゅうり入荷します。
「きゅうり、まだですよね?」(←ダメ元で)
「そうそう、今日から採れ始めたよ」
「ホントに!なくて困ってたんですよ」(←ただいま欠品中)
「他にも頼まれててさ。回せるかな」
「頼みますよ、柴本さん。今度遊びに行くから」(←意味不明)
「フレスコさんの頼みだからなあ。じゃあ、近い内に送るよ」
困った時の柴本さん。
ありがたいです。
まあ、柴本さんが困った時にはよく電話がかかってくるので、お互い様ですね。


posted by フレスコ at 18:26| 作ってみました

2018年05月27日

2種類のオムライス

1年に1回位かな、オムライスを作るのは。
玉子がたくさん売れ残ってしまった時とか。
一瞬迷うのが玉子の乗せ方。
迷ったついでに2種類作ってみましょう。
DSC05840.jpg
新玉ねぎとひき肉を炒めます。
もちろん、普通の玉ねぎでも鶏肉でも。
DSC05841.jpg
ご飯にケチャップ。
DSC05842.jpg
このまま食べても美味しいでしょう。
DSC05843.jpg
さて玉子。
ここからが大事なんですが、玉子料理は時間と火加減の勝負。
DSC05845.jpg
これ以降、写真を撮っている暇がないので残念ながら割愛。
それにしてもIHってのは使いづらいですね。
持ち上げた瞬間に火力0ですし、火加減が感覚的に分かりづらい。
DSC05851.jpg
でも、とりあえず完成。
しっかり玉子バージョンとふわとろバージョンの2種類。
出来栄えとしては、まあまあかな。
DSC05847.jpg
こちらしっかりバージョン。
昔懐かしいベーシックタイプです。
DSC05846.jpg
そしてトロトロ感を打ち出した今どきのタイプ。
DSC05850.jpg
玉子の風味って言うんでしょうか、玉子感がしっかりしたオムライスです。
放し飼いの正しい玉子を使っているから、より際立っています。
DSC05849.jpg
玉子のトロトロした食感がいいですね〜。
玉子が美味しい♪って感じます。
いずれも、全て正しい材料を使っているので、ご飯も玉ねぎも、もちろんケチャップも、それぞれの素材の魅力を十分に楽しめるものになりました。
今回、一つのオムライスに付き玉子を3個も使ってしまいました。
ちょっと食べ過ぎですが、滅多に食べるものではないし、こんな時位は気にせず美味しくいただきましょう。

お知らせ
フレスコでもお取り扱いさせていただいております下仁田納豆さんが28日(月)テレビで紹介されるそうです。
以下、下仁田納豆さんからの案内です。
........................................................................................
この度、5月28日(月) 20時〜テレビ東京【世界!ニッポン行きたい人応援団】にて下仁田納豆を取り上げていただく事となりました。長期間の撮影・取材を受け非常に大変でしたが、従業員&パートさんはじめ、阿部経木店さまや、かぶら大豆生産者協議会のみなさまの、ひとかたならぬご尽力、ご協力を頂きながら無事に撮影を終えることができました。私自身も放映がとても楽しみですし、みなさまにもご覧頂けましたら幸いです。5月28日(月) 20時〜テレビ東京【世界!ニッポン行きたい人応援団】
........................................................................................
時間が合うようでしたら、ご覧ください。



posted by フレスコ at 09:07| 作ってみました

2018年05月21日

ルバーブジャムと桑の実ジャム

今日はジャムを2品作ってみます。
ルバーブジャムと桑の実ジャム。
DSC05635.jpg
まずはルバーブから。
2,3センチにカット。
DSC05637.jpg
甜菜糖をまぶして火にかけます。
500gに対して200gの砂糖で作ってみます。
焦げないように少しだけ水を入れました。
DSC05639.jpg
最初は弱火で。
すぐに水分が出てくるので、そしたら火を強めてもOK。
DSC05640.jpg
5分程度でこんなにとろけてきます。
DSC05641.jpg
ルバーブは早いですね。
10分でできちゃいます。
DSC05642.jpg
ルバーブは酸味があるので、入れても入れなくてもいいですが、最後に少しレモン汁を。
佐藤さんのレモン果汁なので、酸味をプラスすると言うより、フルーティーさを足す意味で。
DSC05631.jpg
さて、桑の実。
DSC05632.jpg
斉藤さんに言われた通りよく洗います。
確かに虫さんが少しいました。
DSC05643.jpg
桑の実はほとんど酸味がないので、甜菜糖は桑の実500gに対して150gにしてみました。
ここでも水を少々。
枝?茎?の部分はそのままで、後でいいと斉藤が言っていたので、そのまま使っちゃいました。
DSC05645.jpg
ルバーブと違ってすぐにはとろけない桑の実。
DSC05646.jpg
でもこれが本来のジャム作り。
根気強く。
もはや、茎を取り除く事は不可能です。
DSC05647.jpg
30分くらいでしょうか。
やっとジャムらしくなってきました。
茎は残っていますが、さほど気にならないかも。
DSC05648.jpg
こちらは酸味をプラスする意味で多目にレモン果汁を入れます。
DSC05651.jpg
こうして出来上がったジャム2品です。

で、ジャム作りをしてみて思ったこと。
世間の安いジャムの原材料見ると先頭が砂糖。
つまりほぼ砂糖ってこと。
煮詰めながら、ここでトロミが付いて欲しいよなってところでゲル化剤を使えば、カサが減らずに済む。
その時点では味が薄いから様々な添加物。
ほぼ砂糖で、味を添加物で誤魔化して、果物なんてほんの少しだから安い。
手作りするとそれが分かっていいですねえ〜。
原材料を見ると一目瞭然です。
今回の場合、原材料表示をするとすれば、「ルバーブ 砂糖(てんさい糖) レモン果汁」「桑の実 砂糖(てんさい糖) レモン果汁」と非常にシンプルです。
DSC05653.jpg
さて、ルバーブジャム。
酸味がいいですね。
ただ個人的にはちょっと甘いかな。
もう少し砂糖を少なくすればよかったかもです。
DSC05652.jpg
そして桑の実ジャム。
すごいですね、見た目が…。
味ですが、なかなかいいです。
ただ、この味をどう表現していいものやら…。
桑の実自体、特に酸味が強いわけでも、甘みが強いわけでもないので、難しいですね表現が。
でも、機会があれば食べてみる価値はあると思います。

さて、今年も参加します。
東川口スタンプラリー2018。
R5166013.jpg
今年は期間が長くて、今日から6月30日までです。
詳しくはこちら。
フレスコのお客様でも、昨年結構当たった方が多かったようで、今年も是非参加してください。
今年はWチャンスもあります。
R5166014.jpg
3年目の今年も絹子が文字を書いたこのロゴを使っていただきました。


posted by フレスコ at 10:34| 作ってみました