2018年04月22日

ふきのとうと竹の子で

そろそろ終了のふきのとう。
でも、一年に一度は作りたいふき味噌。
R5165977.jpg
刻んじゃうので大きさは大小問いません。
R5165978.jpg
前もって用意しておくのが味噌ダレ。
今回は加藤さんの味噌と僕の手作り味噌のブレンド。
味の母(みりん)で伸ばしておきます。
R5165979.jpg
刻んだふきのとうを油で炒めます。
一度茹でてから使うとアクが抜けるようですが、今回はそのまま使います。
天ぷらだとアク抜きしないと思うので、問題ないかなと。
R5165980.jpg
しんなりしたら先ほどの味噌ダレを入れます。
R5165981.jpg
弱火で煮込んでいきます。
香り、いいですねえ。
味見をして、甘さが欲しければ砂糖を足してもいいかも。
DSC05234.jpg
はい、あっという間に完成です。
味噌の風味とふきのとうの風味、そしてほろ苦さがたまりません。
下茹でしませんでしたが、えぐみは感じられません。
DSC05242.jpg
これをご飯に乗せれば、いくらでも食べられちゃいます。
他におかずはいらないですね。
DSC05232.jpg
ついでなのでもう一品。
先日煮ておいた竹の子を焼きます。
ほんの少し醤油を垂らして、香ばしい香りと焼き色を。
切り方はお好きなように。
DSC05236.jpg
もちろん、このまま食べても美味しい♪
DSC05239.jpg
これにふき味噌を乗せます。
竹の子とふき味噌の相性抜群!
おかずとしても、またお酒のお供に最高ですよ。

入荷情報
石井さんのふきが入荷しました。
すごく柔らかいです。


posted by フレスコ at 14:36| 作ってみました

2018年04月21日

ナポリタンにパセリを乗せて

まずは新たに入荷したお野菜たちのご紹介。
久々に長野柴本さんから色々と届きました。
R5165950.jpg
パセリ。
あとでこれを使ってお料理します。
R5165953.jpg
続いてパクチーも柴本さんから。
「鼻に詰めてもいいわ」と言うほどパクチー好きなお客様曰く「柴本さんのパクチーは美味しい!」らしいです。
R5165955.jpg
こちらも柴本さんから春菊。
R5165959.jpg
いい春菊です。
生で食べられます。
と言うか、サラダがオススメです。
R5165961.jpg
佐瀬さんから入荷したサニーレタスがすごくいいです。
しなやかで、苦味は少ない。
R5165965.jpg
あまりにも大きすぎるので、袋に入らず、レジ袋に入れました。
R5165968.jpg
太くても美味しい、太いから美味しい、一戸さんのごぼう、再入荷です。
現時点で、これ以上のごぼうはないです。

さて、昨日問屋の担当者さんから新発売のインスタント焼そばをいただきました。
美味しい事を期待して…。
R5165969.jpg
いや、実は食べる前から予想はしてました。
そして、やはり予想通りのようです。
ネトネト感に加え、ボソボソとちぎれる麺。
食欲をそそらないソースの香り。
作りながら「一体なんなんだ、これは…」とつぶやいている自分。
ちぎれてフライパンにくっついた麺をスプーンで集め、お皿に乗せます。
R5165972.jpg
実に不味いですねえ〜。
大変失礼ながら、食べられないっす、これ。
本日出勤のうっちー。
「はい、どうぞ」
「食べたくないんですけど…」
「まあ、そう言わずに」
いやいや一口。
「……、ほら、言ったじゃないですか。って言うか想像を超えてますよね。なんですかこれ。ああ気分悪い」
なんでも外国人にも食べてもらおうと、英語でも作り方が書いてあります。
「私は日本人として恥ずかしいですよ。外国人に申し訳ないです」とご立腹のうっちー。
確かに、ベジタリアンだかなんだか知りませんが、これを日本の焼そばと誤解してほしくないですね。

気を取り直して。
DSC05130.jpg
久しぶりにナポリタンを作りました。
うーん、麺が美味い!玉ねぎが美味い!
DSC05132.jpg
今回ソースはこちらを使いました。
まさに懐かしいナポリタンそのもの。
味、いいですねえ。
DSC05131.jpg
それからトッピングした柴本さんのパセリ。
これが実にいいアクセント。
なくても美味しいですが、あるともっと美味しくなります。
彩りも鮮やかになりますし。

やっぱり、美味しいが一番ですねえ。





posted by フレスコ at 17:09| 作ってみました

2018年04月18日

さよなら玄米パンでバーガーと鯖サンド

理由はよく分かりませんが、長年愛されてきた玄米パンが終売するそうです。
問屋の営業さんは「最後にどうですか?他の店でもあん入りとあんなし2個ずつとか買ってもらってます」と。
って、2個ずつばかり置いてどうするの。
DSC05088.jpg
だってもう食べられないんでしょ。
週末から夏日になると予報が出ていますが、ここはあえて「あるだけ全部やりましょう」と。
DSC05090.jpg
数年前、あの高級な黒豆羊羹を「あるだけ全部!」と山積みして販売しましたっけ。
金額が金額だけにちょっと勇気がいりましたが、結果的には足りない位でした。
玄米パン、あるだけです。
DSC05101.jpg
さて、最後に食べておきましょうか。
ただ食べるのもつまらないので、あんなしの方を使ってひと工夫。
まず蒸します。
DSC05102.jpg
蒸す前に切っておくといいです。
DSC05103.jpg
レタスに、新たに品揃えを始めた新玉ねぎのスライス。
DSC05107.jpg
そして鯖の灰干しを焼いたもの、ハンバーグを温めたものを乗せます。
DSC05106.jpg
予め作っておいたタレ。
鯖用にはマヨネーズに醤油少々と黒胡椒。
ハンバーグ用にはケチャップにハンバーグに添付されていたタレを混ぜます。
DSC05108.jpg
各種タレを乗せて出来上がり。
特製、鯖サンドとハンバーガーでございます。
もちろん、今回もオールフレスコの材料です。
DSC05117.jpg
これはどっちから食べるか迷いますね〜。
絶対どちらも美味しいもんなあ〜。
DSC05119.jpg
では、鯖サンドから。
灰干しの鯖、美味すぎ!
タレも相性バッチリ!かなりいい味です。
レタスもシャキッとしてるし、新玉ねぎもいい仕事してます。
DSC05121.jpg
サカタさんのハンバーグ、相変わらず美味いですねえ。
ブレンドしたタレもトマト感に深みが増して最高です。
どちらも玄米パンで正解。
風味がすごくいいし、その辺の食パンなんかより全然いいです。
かなり美味しい鯖サンドとハンバーガーでした。
もちろん、添加物はゼロですよ。

入荷情報
19日(木)柴本さんの春菊入荷します。
同じく柴本さんから野沢菜の新芽が入荷予定でしたが、品質がイマイチとの事で、今年は入荷なしです。

posted by フレスコ at 19:58| 作ってみました

2018年04月08日

鯖の灰干し弁当を作ってみた

お弁当。
めったに…、と言うか、まず作りません。
買って食べることも、今はほぼありません。
でも、たまに作って食べたくなることがあります。
もっとも、誰かに作ってもらうってのが一番嬉しいですが…。
DSC04970.jpg
玉子焼き。
四角いフライパンが理想ですが、ないのでいつもの丸いやつで。
DSC04972.jpg
でも形にはなります。
味付けは、昆布つゆのみです。
DSC04973.jpg
鯖の灰干し。
おかげさまでこのシリーズ大人気です。
DSC04975.jpg
フライパンで焼くだけ。
もちろん、グリルでもいいです。
DSC04977.jpg
ミニトマトと梅干し乗せて出来上がり。
盛り付けのセンスがないですね。
色々とうまく仕切りとかするんでしょうね、きっと。
DSC04978.jpg
でも味と内容は最高です。
鯖、美味っ!
魚自体が美味しいし、塩加減もちょうどいい。
骨抜きなので、お弁当には最適です。
DSC04979.jpg
梅干しは自家製です。
大粒ですねえ。
これがまた美味しい。
これから暑くなるので、食欲増進と殺菌効果に欠かせないですね。
DSC04981.jpg
お湯があれば、杉本さんのパウダー茶で最高のお茶が飲めます。
DSC04983.jpg
美味しいお弁当が、さらに美味しくなります。
お昼が楽しみになっちゃいますね。

さて、フレスコクイズの当選者(全員)が日々ご来店されています。
DSC04962.jpg
今日は一等のくろまめちゃさんがご主人とご来店。
「あったー!1位だ!やった〜!」
2年連続、しかも全問正解での堂々の1位です!
DSC04968.jpg
おめでとうございます!
1等はジュゲンさんの竹塩石鹸と杉本さんの焙じ紅茶のセット。
「嬉し〜い!ソルト後藤さんとティー杉本さんによろしく言っておいてください!」
他のお客様も一様に「楽しかったです!」とおっしゃっていただき、こちらも嬉しく思います。

竹の子情報
昨日収穫した竹の子がほぼ完売してしまいました。
次回は来週土曜日を予定していましたが、急きょ11日(水)に収穫に行きます。
時間に余裕があれば、わらびも収穫してきます。


posted by フレスコ at 20:47| 作ってみました

2018年03月26日

久々にお好み焼きを作ってみた

先週ようやくキャベツが入荷し、やっとキャベツを使った料理が食べられるようになりました。
DSC04682.jpg
そう言えば、数ヶ月キャベツを食べていなかったなあ。
焼きそば、野菜炒め、ロールキャベツ、とんかつにも添えたいキャベツの千切り。
DSC04683.jpg
そしてお好み焼き。
超久々です。
ちなみに越川さんの大和芋入り。
DSC04684.jpg
作り方はいたって普通ですが、今日は加藤さんの玄米餅も入れちゃいます。
DSC04685.jpg
そして豚バラ。
DSC04686.jpg
裏返して。
DSC04687.jpg
もう一度裏返し。
豚肉はカリッとジューシーに。
DSC04689.jpg
一度取り出し、玉子。
もちろん有精卵。
DSC04690.jpg
材料は全てフレスコのものを使用。
DSC04691.jpg
素材や調味料が正しければ、当然美味しくなります。
DSC04692.jpg
ソースもマヨネーズも然りです。
DSC04693.jpg
先日、伊豆にツーリングに行きましたが、ただ遊びに行っている訳じゃないんです。
いい商材を見つける事を意識して走っています。(←言い訳)
で、見つけたのがこの鰹節。
これが本物なんです。
ちゃんと昔ながらの製法で作られた貴重な鰹節。
DSC04696.jpg
だから香りがいい!
今、本物の鰹節ってまず手に入らないみたいです。
いつか、この鰹節も店で扱えたらいいなあ。
DSC04702.jpg
全て正しい材料を使っているので、当然美味い!
文句なしに美味い!
DSC04699.jpg
このとろけたお餅の部分がまたいいんです。
キャベツがなかった時は我慢していたお好み焼き。
大変美味しくいただきました。



posted by フレスコ at 20:48| 作ってみました

2018年03月21日

わさび漬けを作ってみた

先週、伊豆に行って買ってきた葉付きわさび。
根っこが小さく基本的にわさび菜なので、安いですね、こういうのは。
DSC04637.jpg
昨年、伊豆に行った時に同じものを2人のスタッフにお土産として買ってきたものの、いらないと拒否されたため、自分でわさび漬けを作りました。
それが美味しかったんですね、実に。
なので、今年も作ってみようと同じものを購入してきました。
DSC04639.jpg
茎と葉っぱをみじん切り。
DSC04640.jpg
根の部分もみじん切り。
香り、いいですねえ〜。
これを塩もみして、さらしておきます。
DSC04641.jpg
その間に準備するのは酒粕。
こちらの香りも最高!
DSC04643.jpg
これを味の母みりんと酒でのばしておきます。
てんさい糖と塩を適当に入れて味を整えます。
DSC04644.jpg
先程刻んだわさびと合わせます。
DSC04645.jpg
ほーら、それらしくなってきたでしょ。
DSC04646.jpg
さらに加えたいのが、斉藤さんの西洋わさび。
絹子が使っていたのを分けてもらいました。
これを摺り下ろし…。
DSC04647.jpg
うーん、すごい!
辛味成分が目に来ます!
これがいいんです!
DSC04649.jpg
そして混ぜ合わせたのがこちら。
いいですねえ〜、辛味も風味も。
ご飯でもいいし、もちろんこのままでもいい。
かまぼこなんかにちょこっと乗せればお酒のお供に最高です!
もちろん添加物なし。
というのもですね、伊豆に行っても、混ざりっ気のあるわさび漬けが普通に売っているんですよね。
特産の金目鯛だって普通に輸入物が多いし…。
スーパーに限らずですが、特に観光地行くときはちゃんと原材料見ないとってホント思いますよ。
と言っても、見ていたら買うものなくなっちゃいますが…。

入荷情報
次回、大根の入荷は28日(水)の予定です。


posted by フレスコ at 23:27| 作ってみました

2018年02月13日

休みに大根を干してみた

先週、2月の最初の火曜日。
フレスコ初の定休日。
休みに慣れていないもので、さあどうしたものか…、と余暇を持て余し気味。
ちょっと困っちゃってます状態。
R0010399.jpg
とりあえず、大根を切ってみました。
いや、一日中大根を切っていた訳ではないですが、時間があったらやってみたかった事。
大きな大根1本半を細切り。
R0010401.jpg
これを網で干します。
R0010402.jpg
そうです。
切干大根作りです。
さて、うまくいくでしょうか。

そしてそして、あれからちょうど一週間。
天気にも恵まれました。
R0010421.jpg
随分ちっちゃくなっちゃって。
いい感じで干し上がりました。
R0010422.jpg
重さにして約120g。
元の大根の重さが約2kgでしたから、相当水分が出たことになります。
使用したのは宮内さんの三浦大根。
元々水分が多いみずみずしい大根だった事もありますが、こんなに軽くなっちゃうんですね。
R0010423.jpg
それにしてもこの切干大根が美味しいのなんのって。
そのままポリポリ。
噛んでいくと大根の甘みと旨味が出てくるんですね。
風味もとてもいいです。
斉藤さんの切干大根にも負けない美味しさかも。
今度何か作ります。



posted by フレスコ at 21:57| 作ってみました

2018年02月12日

玄米の米麺を食べてみたよ

入荷して数日ですが、相内さんの加工品が大好評。
DSC04207.jpg
やっぱり味の良さに勝るものはないですね。
DSC04208.jpg
特に甘納豆が大人気です。
その他、きな粉も抜群の風味だし、米麺もいい。
DSC04209.jpg
いずれも以前扱っていたのですが、これだけは初めて。
わざわざ玄米を焙煎してから麺に使用しているとのこと。
どんな味わいでしょうか、食べてみましょう。
DSC04210.jpg
色は薄い茶色。
DSC04211.jpg
湯で時間は1分から1分半と書いてあります。
食感を生かすには湯で時間短めが良さそうです。
DSC04213.jpg
まずは温かい汁で食べてみました。
味付けは魚醤で決め、ほんの少し山海のだし。
このシンプルなだし汁が最高に美味しくてビックリでした。
DSC04214.jpg
麺、美味しいですね。
焙煎玄米ならではの風味はそれほど強くは感じませんでしたが、説明書きには茹で汁も一緒に使うと香ばしさが増すと書いてありました。
でも、このだし汁と米麺との相性はバッチリです。
井口さんの小ねぎもいい仕事しています。
DSC04221.jpg
もう一品はサラダ。
相内さんの奥さんイチオシの食べ方で「旬の野菜をたっぷり乗せ、めんつゆと油を混ぜてかけるだけで美味しいよ」と言っていました。
今日は石井さんの春菊と新たに入荷した室住さんのかぶを乗せ、醤油と米油と黒酢を混ぜたものをかけてみました。
いいですね〜。
ポイントは、麺は固めに茹で、米麺の風味を生かすため味付けは濃すぎずに、野菜はたっぷりと。
ちなみに、先週までのかぶはハウスものでしたが、今日からのかぶは露地栽培。
葉切りですが、露地栽培の方が味は全然いいです。

入荷情報
14日(水)白石さんの柑橘、はるか、はるみ、ブラッドオレンジ入荷します。


posted by フレスコ at 20:32| 作ってみました

2018年01月25日

あったか里芋汁

野菜が高いとか少ないとか、まあ仕方のない事ですが、あるものでど〜にでもなります。
今が旬で、美味しくて、安くて、簡単で。
採れないものを無理して高い値段で買わなくても、豊富にある野菜を上手に使えば、何ら問題はありません。
DSC04055.jpg
大人気、三須さんの小さい里芋。
蒸してそのまま塩を付けて食べるのが僕は一番好きですが、今日は汁に使います。
DSC04057.jpg
皮なんてツルッとあっという間に剥けちゃいます。
あまりにも美味しくてつまみ食いなんかしていると無くなっちゃうので気をつけましょう。
DSC04058.jpg
予め茹でておいた藤田さんの人参。
そこに先ほどの里芋を入れます。
DSC04059.jpg
今日使ったのは、斉藤さんの赤ねぎと宮内さんのターサイ。
全部無農薬ですね。
もちろんねぎは石井さんのでもいいし、大根でもごぼうでも、豆腐でもきのこでも、何でも入れちゃっていいと思います。
DSC04080.jpg
新たに品揃えを始めた鰹だしを使用。
なんて昭和感あふれるパッケージなんでしょうか。
逆に新鮮味があります。
でもこれ、なかなかいい味なんです。
サンプルを送ってもらい、味を見て採用を決めました。
DSC04060.jpg
寒いからやっぱり味噌味でしょ。
今日はのらくらさんと加藤さんのブレンド。
どちらも原材料から無農薬で自家栽培しているスペシャル味噌。
豪華です。
DSC04061.jpg
ねぎとターサイの上の軟らかい部分は最後に。
少し蓋をしておけば、ほぼ予熱で軟らかくなっちゃいます。
DSC04078.jpg
和七味かけて完成!
これが実に美味い!
味噌の味や風味がいいのはもちろん、野菜からの旨味がしっかりと汁に出ています。
DSC04072.jpg
もちろん、素材がものすごくいい!
人参の甘み、里芋の旨味、ねぎの風味。
ターサイは味がしっかりしているけどクセがないから何でも使えそうです。
メインは里芋のつもりでしたが、全ての野菜が主役になりました。

今回肉類は入れませんでしたが、豚肉や鶏肉を入れてもいいですね。
でも、野菜だけでこんなに美味しいって、素晴らしい!
体の芯から温まる逸品でした。

入荷情報
26日(金)ちょっと久々に小松菜入荷します。(数量未定)
石井さんの畑に行って、畑の状況、今後の出荷予定、確認してきます。


posted by フレスコ at 20:52| 作ってみました

2018年01月17日

だまっこ鍋

お礼も兼ねて加藤さんに電話をして聞いたところ、送ってもらったあきたこまちのお団子は、きりたんぽではなく「だまっこ」と言うそうです。
基本的な原材料はあきたこまちを潰して固めたものなので同じですが、形が玉でだまっこなんでしょうね。
使い方は多分きりたんぽ鍋と同じだと思うので、想像を元に調理開始。
DSC03956.jpg
ダシはやっぱり鶏でしょ。
前から試してみたかった冷凍の鶏がらスープ。
DSC03957.jpg
凍ったままでいいのかな?
DSC03958.jpg
おっ、これはなかなかいいかも。
顆粒のものとは風味が全然違う。
ちゃんと鶏ガラから取ってますって感じ。
DSC03960.jpg
これに醤油と酒、魚醤をほんの少し。
汁、美味っ!
DSC03962.jpg
具はこんな感じ。
全てフレスコにあるもの。
ちなみに、本場のきりたんぽ鍋とは若干異なるかもです。
DSC03965.jpg
スープを入れ、だまっこと豆腐を入れ煮ます。
昔、秋田の友人宅を訪れた際きりたんぽ鍋をご馳走になりましたが、きりたんぽを入れるタイミングが好みで異なるそうです。
食感を生かしたい人は最後に入れ、ダシをよく吸って軟らかくなったのが好きな人は早めに入れると言っていました。
あと、せりは欠かせないと言っていました。
DSC03966.jpg
グツグツ。
いい香りですねえ。
DSC03968.jpg
しばらく煮込んで完成です!
DSC03969.jpg
グリンリーフさんのしらたき。
太めの食感がいいです。
DSC03970.jpg
あえて大きめにカットした一戸さんのごぼう。
香りがいいし、軟らかです。
DSC03972.jpg
定番のありた鶏。
鶏肉の旨味がしっかり。
DSC03974.jpg
ねぎはやっぱり石井さん。
DSC03973.jpg
舞茸はもちろんエムプランさん。
DSC03975.jpg
それぞれの具材の特徴がよく出ています。
DSC03971.jpg

で、だまっこですが、聞くとこれ奥さんじゃなくて加藤さんが奥さんに教えてもらいながら作ったそうです。
「私、初めて作ってみました。皆さんに食べてもらおうと愛情を込めたので美味しいと思うんですが」と。
いやあ、実に美味い!
きりたんぽのような粘っこさはなく、しっかりと米の旨味と風味。
玄米100%と、玄米50%と白米50%の両方がありましたが、玄米100%の方が甘みと香ばしさがあって美味しかったです。
ちなみに、この玄米は栄養価の高い籾発芽玄米です。
すごく美味しい玄米ですね。

入荷情報
先立って注文しておいた籾発芽玄米、入荷しました。

そうそう、例の日本酒ですが、美味かったですねえ♪
トロリとした口当たりで、米の旨味と風味、特にフルーティーさが際立っていました。
個人的には辛口が好きですが、特に女性は好きな人多いかも。
やはり、少量生産のものすご〜く貴重なお酒との事でした。
「次行く時、持っていきますよ♪」と加藤さん。
では、美味しいもの用意してお待ちしております。

posted by フレスコ at 20:13| 作ってみました