2018年06月12日

梅干しを作ってみよう@

初めに申し上げておきますが、梅干し作りは初めてです。
うまくいく保証はありませんので、これから作られる方は、こちらの記事は参考にされない方がいいかと思います。
それを踏まえて、早速梅干し作り開始です。
DSC06121.jpg
梅はもちろん、斉藤さんの自然栽培…、と言うより、ほぼ野生の完熟梅。
DSC06122.jpg
その中で、売り物にはなりそうもない梅を使ってみます。
いきなりハードルが高い気がしますが…。
洗って、水気を切っておきます。
DSC06123.jpg
選別です。
腐れや傷みはNG、シミ、虫食いはOK、小さな傷まではOKとします。
樹成り完熟なので、アク抜きはしません。
DSC06125.jpg
ヘタがあれば爪楊枝で取っておきます。
焼酎で梅を洗っておきます。
この辺のポイントや基本的な作り方は、梅干し作り数十年の母親に聞きました。
DSC06145.jpg
容器類は熱湯+焼酎で消毒。
カビが一番の大敵。
ここは念入りにしておきました。
DSC06146.jpg
塩は当然正しい自然塩を使いますが、問題は塩分です。
20%でも普通みたいですし、塩分が高ければ失敗する可能性は低くなります。
ちなみに、うちの母親は5%です。
最初に聞いた時は嘘だと思い、作っている最中に確認しましたが、本当でした。
個人的には、1日1個食べるか食べないかの小さな梅干しの塩分量など全く気にしませんが、しょっぱいのは嫌。
でも、初めての梅干し作りで、しかも傷あり梅。
熟考した結果、12%で作ってみることにしました。(←なぜ10%か15%じゃないんだ!無難に間を取るタイプなんでしょうか)
DSC06148.jpg
なお、世間で売られている、減塩梅干しとか、塩分控えめ梅干しは、通常の塩分で漬けた後、水に浸し塩分を抜いたもので、最初から塩分を少なくして作られているものではありません。
原材料表示を見れば分かります。
梅、塩、(しそ)以外に、味付けや保存性を高めるために、調味料や添加物の表示があるはずです。
正しい塩を使っていない可能性も高いです。
原材料表示が記載されていない梅干しのパンフレットやチラシも特にこの時期多いですね、産直とかお中元とかで。
梅干しに限らずですが、僕にはそれらを買う勇気はないですね。
DSC06149.jpg
落し蓋をして重し。
梅が完熟して軟らかいので、重さで潰れないか心配です。
まあ、初めてなので、やるだけやってみましょう。

ちなみにこの石、数年前にあるお客様からお土産でもらったもの。
確か秋田とか言ってたかなあ。
なぜお土産に石だったのか、よく分かりません…。
飾っていても仕方ないので、味噌作りや梅干し作りに活用させてもらっています。

梅干し作り、随時更新していきます。


入荷情報
15日(金)とうもろこし初入荷の予定です。



posted by フレスコ at 19:59| 作ってみました

2018年06月11日

初めての「フレスコの楽しみ方」

初めてのお客様や、関心を持っていただいている方も増えてきたようです。
でも、何となくとっつきにくい?
そんな方へフレスコの楽しみ方をご紹介します。

DSC06120.jpg

ステップ1

【とりあえず入店してみる】
人生、何事もはじめの一歩が大事。決して怖くないです。気軽にどーぞ。

【とりあえず観察してみる】
見たことがないものばかりですね。不安ですね。でも大丈夫。ここにあるのは本物だけ。農産物でも食品でものんびりご覧ください。お気に入りの一品が見つかるかも。

【何でも聞いてみる】
一人で悩まない。何でも聞いてください。何が違うの?どうやって使うの?美味しいの?勤続9年(今日現在)の2人の女性スタッフは、意外と知識豊富です。ちなみに「今日は奥さんいらっしゃらないの?」と言われることが多いですが、残念ながら2人共フレスコの従業員です。

【フレスコ便りを読んでみる】
スタッフ手作りのフレスコ便りは月一回の発行。意外と人気です。フレスコの一ヶ月の情報はここに集約しています。レジ前に置いてあるので、ご自由にどうぞ。もちろん、無料です。気に入ったらバックナンバーもあります。

DSC06116.jpg

スタップ2

【少しずつ覚える】
少し慣れてきたら生産者さんを覚えていきましょう。フレスコの生産者はファミリーです。これができるとお買い物や日々の食事が何十倍も楽しくなります。フレスコを楽しむ最大のポイントです。そのうち、生産者の特徴や性格まで知ってしまうかも?

【無理をしない】
こんなに美味しい食品の全てを毎日の食卓に…。理想ですが、フレスコ貧乏になられては困りますし、最初に勢いがありすぎると続かない傾向にあるようです。優先順位を考えて購入していくといいでしょう。

【難しく考えない】
有機JAS、特別栽培、自然栽培。マクロビ、ビーガン、ベジタリアン。対応はしていますが、そんなのはどーでもいいです。気にしない、気にしない、後回し、後回し。疑心暗鬼は体に毒です。

【とにかく楽しむ】
無農薬だとか無添加だとかと頭で考えて食べるより、舌で味わい心で感じながら食べる方が何倍も幸せで、かつ健康上よろしいかと。食べることを楽しみましょう。


★スタッフ紹介
【オーナー】…人の顔と名前と数字を覚えるのが苦手。青果一筋…じゃないけど、青果歴は結構長い。バイク好き。仕事+趣味が理想。生産者さんの畑にはバイクで行きたい願望が強い。
【絹子】…生産者想い、畑大好き。真心で接客。商品ラベル等、手書きポップの多くを手がける。掃除大好き。目玉の親父と低燃費ハイジのものまねが得意。
【うっちー】…記憶力抜群。先週の売上は一桁まで、前年の野菜の価格も記憶。丁寧かつ正確な商品説明と接客を得意とする。クマが好き。


posted by フレスコ at 20:11| オーナーの話

2018年06月10日

待望のフルーツシューと冷凍みかん

冷凍庫の入れ替えも無事終了し、新商品の到着を待つばかりとなりました。
約一ヶ月前に試食版をご紹介してから「まだですか?」「いつですか?」の声を多数いただいていました商品。
DSC05308.jpg
フルーツシュー。
いちごバージョン。
DSC06112.jpg
はい、届きましたよ。
箱を開けると、大きな商品ポップが数枚。
いいですねえ、このやる気。
DSC06113.jpg
実は昨日納品されたのですが、すでにかなりの数が出ています。
ありがたいことです。
冷凍品なので、解凍して食べていただきますが、完全に溶けなくても少し溶けたくらいもまた美味しいですよ。

そしてもう一品。
昨年の夏、お世話になった方も多かったと思います。
DSC06115.jpg
こちらも届きました。
R5165505.jpg
感動のみかんを、暑い夏に!
今年もやってきました、佐藤さんの冷凍みかん。
R5165513.jpg
こちらも、半溶けが美味しい♪
そして皮ごと食べる!
これが、ポイントです。

フレスコ便り6月号出ています。
今月もクーポン入っています。
冷凍品全品対象の券も入れてますので、上手にご利用ください。


posted by フレスコ at 12:28| おすすめ商品・新商品

2018年06月09日

究極のミニトマト食べ比べ

よりによってミニトマトが3生産者の3種類。
3種類のミニトマトが同時入荷することは、今までなかったような…。
僕の記憶が正しければですが。
DSC06072.jpg
さてさて、食べ比べが楽しみです。
DSC06069.jpg
新潟小林さんのミニトマト。
色が濃いですね。
見ただけで小林さんのって分かります。
DSC06070.jpg
千葉大木さんのミニトマト。
小林さんに比べると、明るい色です。
DSC06071.jpg
そして、初めての取り扱いとなります、千葉越川さんのミニトマト。
ケースが仕切られているのは好感が持てます。
輸送時にトマトが片寄って潰れない工夫ですね。
では食べてみましょう。
DSC06073.jpg
まず小林さんから。
うん、甘いなあ。
まさにフルーツのような濃厚な甘さですね。
誰が食べても美味しいと感じる味わいだと思います。
DSC06074.jpg
続いて大木さん。
甘さもしっかりあり、それでいて酸味も程よくあります。
ただ甘さだけを追求していない、とてもバランスがいい味わいです。
DSC06076.jpg
最後に越川さん。
ん?甘さは弱い?
さっぱりした味わいか…、うーん、どうなんだ?これは…。
でも…あれ?
この、あとに残るトマトの風味、余韻。
悪くないぞ。
決して味が薄い訳ではなく、何と言うか…、昔ながらのトマトって感じ?
確かに糖度だけでは引けを取りますが、これはこれで十分ありだと思います。

なお、小林さんと大木さんは減農薬栽培で、越川さんのみ無農薬栽培です。
本来このアドバンテージは大きいはずで、評価してあげてほしいところです。
味を追求すればただでさえ難しいトマト栽培、さらに困難な無農薬なんです。
「トマトの無農薬?マジっすか!」と驚いてほしいところなんですね。
ちなみに、世間一般のトマトの農薬回数は50回ほどです。
よく聞かれますが、洗えばいいとか、そんな単純な問題じゃなんです。
DSC06111.jpg
めったにない機会なので、皆さんに食べ比べてほしいなあ。
という訳で、食べ比べお買い得セット!を作ります。
3つ買うより200円ほどお安く!でいかがでしょうか。
究極のミニトマト、食べ比べです。


お知らせ
今月の宇野さんのお話し会は17日(日)13時〜です。
テーマは「価値あるものを選ぶ」の話です。
無料です。
posted by フレスコ at 08:57| おすすめ商品・新商品

2018年06月08日

絹子と斉藤さんの梅拾い

斉藤さんの梅、収穫今シーズン3回目。
今日から南高梅の収穫です。
今日も雨は降らなくてよかったですが、暑いですね〜。
DSC06077.jpg
今日の同行は絹子。
DSC06078.jpg
雑草をかき分け、梅の木へ。
すごい場所です…。
DSC06084.jpg
木の上の梅を収穫する絹子。
DSC06095.jpg
「いい梅だよなあ」と斉藤さん。
DSC06090.jpg
地面には熟した梅が落ちています。
実は梅干しにはこれがいいんです。
DSC06093.jpg
「熟して自然に落ちた梅だから、これが最高なんだぞ」と斉藤さん。
樹成り完熟。
青い梅を追熟で色付けるより、絶対に美味しいはず。
DSC06086.jpg
梅拾いに変更する絹子。
拾っている間にも木からボタボタと落ちてきます。
DSC06088.jpg
化学肥料を使っていないので、土がふかふか。
落ちた梅も傷みが少ないです。
DSC06096.jpg
かなり収穫できました。
DSC06099.jpg
南高梅1ケース。
品種が不明な梅が2ケース。
DSC06102.jpg
「斉藤さん、今日はたくさん収穫できました」と喜びの絹子に「拾ってきたんだろ」と笑って応えます。
DSC06101.jpg
「美味しい梅干し作ります」
「こいつは美味いぞ」

それにしても久々に大汗かきました。
DSC06108.jpg
でも、梅の収穫後の斉藤さんは、すぐに他の作業。
数十ケースのじゃが芋を一人で車に乗せていました。
僕らが疲れたなんて言えませんねえ。
DSC06104.jpg
斉藤さんの青じそ。
DSC06103.jpg
限定数ですがポットで入荷。
斉藤さんの健康な畑の土付きです。
DSC06106.jpg
超立派な新にんにく。
ちゃんと一皮剥いて、泥を落としてくれているところが嬉しい。
この業界、泥付きが当たり前と思っている農家さんも多いです。
泥のままで何か問題でも?という方や、やりたいけど忙しくてそこまではできないという方もいます。
でも「人間だって朝起きたら顔洗うだろ。野菜だって同じだ」というのが斉藤さんの考え方です。
かなりの手間ですが、それをやってくれる斉藤さん。
見習っていきたいです。




posted by フレスコ at 16:52| オーナーの話

2018年06月07日

終了間近の落花生とパッケージの話

先日紹介した究極の柿ピーセット。
宇野さんの大粒落花生、手のし柿の種、内山さんの食べる煮干し。
これをセットにして販売したら、かなり好評でした。
DSC06063.jpg
数量限定ですがセットで100円引きです。
絹子のお勧めだけあって、ポップにも力が入っているようです。
たくさんの方にもっと食べていただきたいのですが…。
DSC06064.jpg
落花生の在庫がかなり少なくなってきたとの連絡が生産者さんからありました。
来週分、少し確保はしましたが、なくなるのも時間の問題でしょう。

さて、今週納品分から袋が少し変わりましたね。
黒い縦の帯状のシール。
これ、いいですね。
DSC06065.jpg
前は味気のない無地でした。
DSC06067.jpg
裏面は写真と詳しい説明書きが入っていて、かなりよくなったと思います。
DSC06066.jpg
ちなみに前はこれ。
かなり進化していますね。
おそらく「パッケージ、何とかしてくれよ」との声が多かったのでしょう。
うちみたいな店から。

いや、パッケージってものすごく大事なんです。
せっかく内容がいいのに、ダサすぎて売れない…なんて商品がたくさんありました。
だからフレスコでラベルをデザインして…という商品もかなりあります。
僕らのような素人がデザインしたラベルがいいか悪いかは別として、少なくともお客様の目に止まる確率は大幅に上がります。
結果、売上数倍!なんて商品もたくさんあったりします。

例えばですが…。
DSC06068.jpg
今シーズン、試しに併売している丸山さんのりんごジュース。
右が丸山さんオリジナル、左がフレスコオリジナル。
中身は同じ。
10人中10人が左のジュースをレジにお持ちになります。
丸山さんと、りんごジュースの魅力をぎゅっと詰め込み、時間をかけて作ったラベルなので、逆だったらへこみますよね。

ここまで手をかけなくても、細長いシール一つで見栄えがよくなるって、いいアイデアだと思います。
大粒落花生、残り僅かです。
お早めにどうぞ。

入荷情報
9日(土)シュークリーム入荷します。

posted by フレスコ at 20:04| おすすめ商品・新商品

2018年06月06日

栃木プチツーリングA大貫さんは現役です

今年は北海道相内さんと秋田加藤さんのお米が販売のメインとなり、大貫さんのお米を仕入れに行くことがめっきり減ってしまいました。
数年前は月に数回行っていたんですが…。
たまには顔を出さないと。
近くまで来たので、ツーリング途中に立ち寄ることにしました。
R0010550.jpg
「大貫さん、ご無沙汰してすいません」
「お〜、来ないから店辞めちゃったのかと思って心配してたよ」
「すいません、何とか続けていますよ」
「んだ、うちも不景気だけど、辞めちゃっちゃダメだな」
R0010533.jpg
「こんにゃく、食べていきなさい」
R0010534.jpg
「ちょうど作ったところだ。ここで薪を燃やして沸騰させて煮る」
R0010535.jpg
すごっ!年季が入っているなあ。
大貫さんは芋の栽培からこんにゃく作りまで、全部自分でやっています。
もちろん、昔ながらの作り方。
そして今や超貴重な芋100%。
「今はみんな粉だかんね。粉使ったら、うまかないな」
R0010538.jpg
「煮ておいたかんね。さあ、食べてっておくれ」
R0010539.jpg
こんにゃくとダシのいい香り♪
これこれ、これが大貫さんのこんにゃく。
R0010546.jpg
「みんな、これを美味いって言ってくれるんだな」
R0010541.jpg
相変わらず美味いですねえ。
いや、ホント美味いですよ。
この風味、弾力、他では味わえない完全手作りの美味しさ。
店でもメーカーさんの正しいこんにゃくを扱っていますが、全くの別物です。
R0010542.jpg
ちょうど真竹も茹でていました。
「そのカンカンに20本位は入るかな」
一斗缶ですか、すごい…。
R0010543.jpg
バイクだったので持ち帰りは出来ませんでしたが、これもまたすっごい美味しいんですよ。
R0010553.jpg
大貫さんの事が大好きな絹子と電話で話す様子。
いつものように大笑いしながら話します。
とても嬉しそう。

今年88歳、米寿だそうです。
「みんな死んじゃったから、この辺だと残ってるのは3人だけだな。一人はデイサービス行ってるし、一人は寝たきりだし」
大貫さんはバリバリ現役です。
最近目が悪くなったそうですが、他はいたって健康だとか。

ちなみに、大貫さんはお饅頭とか甘い物が大好きです…。(思いっきりお砂糖ですね)
コンビニの菓子パンとかおにぎりをよく食べているのを見かけます…。(添加物も豊富ですね)
ご飯はもちろん白米です…。(白い方がうまかっぺ!とご本人が言っています)
もっとも、若い頃は否応なしに100%正しい食生活だっただろうし、今でも朝晩は手作りの正しい食事をしていると思います。
ただ思うのは、僕らが闇雲にあれがいいとかあれは食べるなとか言う前に、もっと大切なものがあるんじゃないかって、大貫さんと会うといつも感じるんですね。

何でも食べ、体を動かし、そしてよく笑う。
それが健康の一番の秘訣じゃないでしょうか。

大貫さん、また会いに行きますね。
posted by フレスコ at 08:58| オーナーの話

2018年06月05日

栃木プチツーリング@お参りして蕎麦を食べる

梅雨入り間近でしょう。
今のうちに走っておくかと栃木にバイクでツーリング。
日帰りのプチツーリングです。
R0010514.jpg
たまには脇道を入って、ゆっくりと自然を満喫しよう。
R0010507.jpg
峠の頂上付近では木の伐採作業をしていました。
「よくこんな道走って来なた」と作業のおじさん。
重機と木の隙間を通らせてもらいました。
R0010510.jpg
何に利用されるのでしょうか。
安い海外木材に押され、日本の林業は廃れていると聞きますが、もっと活用されるといいなあ。
R0010511.jpg
切ったばかりの木。
すっごいいい香り。
R0010515.jpg
新緑から緑が濃くなってくる季節。
気持ちいいです。
R0010524.jpg
川辺で一休み、と思っていましたが、蚊がすごく、即退散。
R0010519.jpg
神社があったのでお参りしました。
R0010522.jpg
人生もとっくに半分を過ぎ、その間、色々ありました。
かなり汚(けが)れていると思われるので、しっかりと清めましょう。
R0010516.jpg
そば処の栃木。
大盛りを注文。
かなり細麺タイプですね。
なかなか美味しい蕎麦でした。
が、個人的には太めの蕎麦感のしっかりした方が好みかな。
って言うより、ざる蕎麦はいいけど、ホントにざるのままだったので、テーブルが水浸しでした。
お盆が欲しかった…。

続く




posted by フレスコ at 20:12| オーナーの話

2018年06月04日

冷凍庫届きました

昨年の夏に冷凍庫を増やし、見やすさと容量の多さで冷凍食品が好調。
それでもまだ足りない。
思い切って前の小さい冷凍庫を買い換えるかと思い始めて数ヶ月。
DSC06052.jpg
前の冷凍庫の行き先が決まったのを機に購入しました、新しい冷凍庫。
安いものではないけど、1年で元が取れるでしょう。
DSC06054.jpg
本日出勤のうっちー。
車上渡しだったので、2人で持ち上げ店内まで運び入れます。
重いのもあるけど、それよりも大きくて持つ場所がないので、これがまた一苦労。
でも2回目だったので、要領がつかめていただけ良かったです。
DSC06055.jpg
「写真なんて撮ってないで手伝ってくださいよ」
「いや記念に」
「記念なんていいですよ。前も撮ったじゃないですか」
DSC06057.jpg
かなりバタバタしましたが、何とか設置終了。
商品も見やすくなったし、まだまだ入ります。
入れたい商品もあるので、少しずつ増やしていきます。

オープンから9年間がんばってくれた前の冷凍庫さん、お疲れ様でした。
他のお店さんで、もうひとがんばりしてください。
どうもありがとう。


posted by フレスコ at 19:50| オーナーの話

2018年06月03日

玉ねぎいっぱいトマトミートソース

うーん、ミニトマトだらけになりそうな予感…。
小林さんのミニトマトが出だしから好評。
そしてすでに発注してしまった大木さんのミニトマトが到着。
DSC06051.jpg
これがまた、味いいんですよ、困ったことに。
甘みもあるし、酸味とのバランスがいいですね。
そして、トマトの香りも程よくあり、小林さんのミニトマトの方が上だと想像していましたが、いやいや甲乙つけがたい。

それに加え、越川さんのミニトマトも頼まれてしまい…。
「急に沢山採れてしまって、なんとかならないですかね。困っちゃって。味はいいです」
「いや〜、うちもミニトマトだらけなんですよ。でもどうしてもって事情なら。週末だったら何とか」
「助かります。何とかなりますか」
「何とかしましょう」
と言うわけで、美味しいミニトマト、たくさん食べていただけると助かります。

困ったといえば、味が今ひとつのアミーゴミニトマト。
先程のミニトマトに比べてしまうと、やはり味の差は大きい。
DSC06040.jpg
試しにミートソースに使ってみました。
作り方はいつもと同じなので割愛しますが、今日のポイントは内山さんの新玉ねぎを大量に使ったこと。
トマトの何倍も多く使いました。
DSC06043.jpg
だから玉ねぎの甘みがすごい!
糖分は少量のケチャップに含まれているもの以外、何も使っていないでこの甘さ。
そしてセロリも刻んで使いました。
風味と清涼感がプラスされて、これまた正解でした。
DSC06044.jpg

生で食べ比べると劣ってしまうトマトも料理に使えば、十分美味しいです。
皆さん、レベルが高すぎるんですね。


昔働いていたとあるスーパーで「相手が困って頼まれた時は、全部引き受けろ。そしてその時は絶対に値切るな」と超おっかない上司に教わった事があります。
普段は相手がかわいそうになるくらい値切る人です。
でも「だからこっちが困った時に頼めるんだ。お互い様だ」との言葉をこんな時に思い出します。
まだ全部を引き受けるだけの販売力はないですが、その心がけはしていきたいといつも思っています。



posted by フレスコ at 20:25| 作ってみました