2019年07月06日

今日は草取りでした

今日の斉藤さんの畑、シバキン野菜の場所。
何だこれ…。
IMG_0953.jpg
雑草に覆われています。
たった一週間で…。
「野菜は毎日面倒見てやらないと、すぐこれだ」と斉藤さん。
IMG_0957.jpg
せっせと草取りして、ようやく姿を見せるシバキン野菜たち。
梅の収穫が終わったので今日は僕一人でしたが、誰か連れてくればよかった…。
IMG_0962.jpg
それにしても、いんげんがすごいことになっています。
棒が短いため、こんがらがっています。
「長い棒とか立てなくていいんでしょうか」
「高さを必要とする時に立てればいいんだ」
「そうなんですか…」
IMG_0965.jpg
とは言え、これでは地這いいんげんになってしまいます。
IMG_0966.jpg
何本か棒を足しておきました。
IMG_0959.jpg
いんげん発見。
斉藤さんらしいワイルドないんげんです。
IMG_0960.jpg
今日の収穫。
茄子3本、いんげん1本。

その他、斉藤さんの野菜の入荷。
茄子、ピーマン、ミニトマト、えごまの葉、きゅうり、大葉、ツルムラサキ。
きゅうりとツルムラサキ以外は、豊富にあります。

店に戻って、早速いんげんの試食。
IMG_0969.jpg
斉藤さんのシバキンいんげん第一号です。
IMG_0971.jpg
うーん、美味しい。
斉藤さんらしさが出ていて、フレスコのいんげんとは美味しさの質が違います。
「何が違うんだろう…。うちのも美味しいけど、斉藤さんのは力強さがあるし、しかも太いよな」
「土が違うんですよ。栄養とかじゃないですか?」とうっちー。
「何か足した方がいいかなあ」
「また余計なことしない方がいいですよ。余計なことして枯れちゃうんだから」
「そうかねえ…」

ついでに今シーズン初のとうもろこしの試食。
IMG_0945.jpg
まずは千葉から佐瀬さんのとうもろこしです。
予想以上にボリューム感ありました。
IMG_0949.jpg
味もいいです。
甘さも十分だし、粒がしっかりしています。
しばらくはスポット的な入荷になりますが、いよいよとうもろこしのシーズン突入です。


posted by フレスコ at 16:43| オーナーの話

2019年07月05日

シバキンいんげんの金胡麻和え

毎日、野菜の成長を観察していると、面白いことに気づいたりします。
IMG_0917.jpg
きゅうりのツル、こいつがすごい奴なんです。
これ、捉まるところをところを探しているんです。
IMG_0915.jpg
結構離れていたり、全然方向が違っても、気づくと棒にしっかり巻き付いている。
こいつら、見えてるのか?と思うほどです。
IMG_0916.jpg
そして次の日には、捉まった根本がバネのように形状になっています。
これは風で揺れたときに伸び縮みできるように、遊びを作っているんだと思います。
ピンと張ったままだと切れてしまいますから。
賢いですねえ。
IMG_0918.jpg
いんげんもそう。
よく上手に絡まっていくなあと感心します。
IMG_0919.jpg
しかも、もう上に捉まるところがないと判断すると、下に下がってきて、別の棒を探しているんです。
なんて、勝手な想像ですが、植物も成長や進化や子孫を残すための工夫をしているんだなあと思ったりします。
IMG_0920.jpg
さて、今日収穫したいんげんで、胡麻和えを作ってみます。
IMG_0921.jpg
斉藤さんのおやじの金胡麻。
すっごいいい香り♪
IMG_0923.jpg
醤油とてんさい糖で味付け。
醤油も風味がいいです。
でも少量で十分なんですよ。
IMG_0924.jpg
あとは和えるだけです。
IMG_0925.jpg
これ、最高に美味しいです。
とにかく胡麻の風味が豊かだし、醤油の旨みも際立っているんですが、いんげんが負けていないんです。
しっかりと甘みと旨みがあるし、店で少し販売しておいて不安ですが、かなり美味しいいんげんだと思います。
素材が美味しいことが前提ですが、正しい調味料は味をつけるものではなく、素材を生かす名脇役なんだと実感しますね。


posted by フレスコ at 20:57| 作ってみました

2019年07月04日

タレが美味しい焼き肉

まず、漬けて2日目の梅干の様子。
IMG_0914.jpg
かなり水が上がっています。
カビも見られません。

梅干しの作り方のポイントを母親に聞きました。
梅や容器類は念入りに消毒する。
塩分が少ない場合はカビが出る可能性が高いので、梅酢が上がってもまめにチェックする。
もしカビが出たら取り除き、焼酎をかけておく。
天日干しをした後は、カビが出る可能性は少ない。
余分な水分が抜け、太陽の力で殺菌されるからだと思う。
以上、参考になれば。

先日の休みの日に梅干を漬けて、その後に焼き肉でも食べようかなと思いつき、せっかくなのでタレに凝ってみようかなと考えた訳で。
IMG_0864.jpg
斉藤さんの、おやじの金胡麻。
IMG_0861.jpg
国産で無農薬で香りがいい、最高の胡麻です。
IMG_0865.jpg
同じく斉藤さんの新にんにくと、坂田さんの生姜をすりおろし。
IMG_0867.jpg
大徳さんの醤油、味の母、国産りんごジュース、胡麻油、塩、てんさい糖、それぞれを味を見ながら適当に調合。
IMG_0868.jpg
豚肉は外部調達。
国産は優先しますが、この豚は何を食べて育ったんだろうかとか、健康な豚さんだったのだろうかとか、そこは言いっこなしで。
IMG_0870.jpg
いい感じだと思います。
IMG_0875.jpg
タレ、美味っ!
IMG_0880.jpg
春菊と一緒に食べると更に美味しい!
もちろん、レタス系でもいいですよ。
そうだ、確か冷蔵庫に…。
IMG_0881.jpg
昨年作った辛味噌。
一年位前だけど、食えるのかな?
IMG_0889.jpg
全然OKでした!
基本的には味噌とみりんと唐辛子を煮詰めただけなので、問題ないはずです。
確か味噌は加藤さんの発芽玄米味噌を使った記憶が。
それにしても、これすっごい美味いっす!
ご飯もいいけど、やっぱりビールですよねぇ〜。

入荷情報
石井さんの茄子、いんげん、大葉、入荷しました。


posted by フレスコ at 16:20| 作ってみました

2019年07月03日

いんげんが12本収穫できました

まずは梅干の様子。
IMG_0905.jpg
昨日漬けたばかりですが、1日でこれだけ水が上がってきました。
今の所、順調です。

そして急きょ入荷は早船さんのヤマモモ。
IMG_0913.jpg
ブドウ糖、クエン酸、アントシアニン豊富で、疲労回復に最高なんです。
少し酸味があって、それがまたいいんです。
今日、くしゃみばかりしていた絹子が、3粒食べたら治ってしまいました。

さて、いんげんが大きくなってきたので収穫することにしました。
IMG_0894.jpg
「けっこうあるよ」
IMG_0898.jpg
けっこうあると言っても、12本。
でも、貴重な12本です。
IMG_0899.jpg
ついでに茄子も収穫。
IMG_0904.jpg
本日の収穫終了です。
IMG_0906.jpg
大してないな…。
IMG_0909.jpg
一応、生産者フレスコってことで、シールも貼っておきましょう。
IMG_0907.jpg
記念すべきいんげんです。
IMG_0910.jpg
これから、少しずつシバキンプロジェクトの野菜が入荷してくるでしょう。
専用ポップも用意しておきましょう。

お知らせ
今月の宇野さんのお話会は14日(日)13時からです。
いつもは第3日曜日ですが、今月は宇野さんの都合が合わず、第2週になります。
テーマは「子供の食事」です。

入荷情報
5日(金)佐瀬さんのとうもろこし入荷します。
来週末、向後さんのスイカ入荷します。

posted by フレスコ at 18:10| オーナーの話

2019年07月02日

今年の梅干は塩分8%

今年も梅干を漬けることにしました。
初めてだった昨年に続いて2回目です。
IMG_0842.jpg
使うのは斉藤さんの畑で収穫した小さめの梅。
品種は不明です。
完全無農薬につき、見た目は非常に悪いです。
スーパーじゃ絶対に売れないですね。
IMG_0844.jpg
木でほぼ完熟している最高の梅です。
腐れがある梅だけ分けます。
シミ、虫食い、多少の傷はOKとします。
IMG_0846.jpg
ヘタを取り、水洗い。
完熟しているので、アク抜きはしません。
IMG_0847.jpg
容器類は全て熱湯消毒。
IMG_0848.jpg
1個ずつ水気を拭き取り容器に入れていきます。
この際、手も良く洗い、焼酎で消毒しておきます。
IMG_0849.jpg
焼酎を振りかけ梅を消毒します。
IMG_0850.jpg
容器を振って全体が湿るように。
IMG_0851.jpg
そして塩です。
昨年は13%で漬けましたが、今年は8%にチャレンジ。
ちなみにうちの母親は5%で毎年漬けています。
IMG_0852.jpg
全体に塩が回るように、容器を振ります。
IMG_0853.jpg
消毒した中蓋、重しのビニール袋も消毒。
「消毒をしっかりしておけば、5%でも普通にできるし、失敗したことがない」と母親は言います。
僕が言うのもなんですが、うちの母親、梅干とぬか漬けは上手だと思います。
IMG_0854.jpg
重しをしたら蓋が閉まらなくなったので、とりあえずレジ袋を被せておきました。
さて、8%の梅干、うまくいくでしょうか。

フレスコなんちゃってファーム、今日の様子。
IMG_0857.jpg
茄子が2本。
数日中に収穫です。
IMG_0859.jpg
3本目のきゅうり。
トゲトゲしています。
IMG_0856.jpg
そしていんげんが次々と出来てきました。

先日、柴本さんの弟子だったミワちゃんと電話で話した時「1本目のきゅうりは落としてました」と言っていました。
「なるほど〜。でも野菜作りって面白いね。って仕事じゃないから言えるんだろうけど」
「気になりますよね。土作りもそうですが、来年はどんな工夫をしようかって、柴本さんも色々と考えていましたよ」
これでお客さんに美味しいって言ってもらえたら、それは嬉しいですよね。

もしかすると、いんげんは少し販売に回せるかもしれません。
美味しいかどうか不安。
これも味にこだわりを持つ農家さんの気持ちなんでしょうね。

posted by フレスコ at 19:49| オーナーの話

2019年07月01日

フレスコのナポリタン

作り方は至って普通なので割愛しますが、野菜も麺も調味料も材料は全てフレスコのものです。
IMG_0823.jpg
昨日初収穫した石井さんのシバキン茄子、斉藤さんのピーマン、小林さんのミニトマト等。
ケチャップはもちろんパパヤさんですが、他の素材がいいので、あえて控えめに使います。
IMG_0824.jpg
フレスコのナポリタン。
美味しいですねえ。
素材感バッチリです。
強いて言えば、ケチャップが美味し過ぎて、ミニトマトの存在感がやや薄れたかな。
でも、少し入っているとフレッシュ感が違うんですよね。
IMG_0827.jpg
茄子もいいです。
次の収穫分は販売に回します。
IMG_0826.jpg
各素材、ものすごくいいですが、ひときわ存在感が際立っていたのは斉藤さんのピーマン。
香りはいいし、苦いんだけどエグミじゃない。
ピーマンは間違いなく斉藤さんが一番です。

こうして色んな野菜を食べる度に、フレスコの生産者さんってものすごくレベルが高いんだなって改めて感じます。
それでも、新たな農家さんとの出会いは常に期待します。
IMG_0841.jpg
うちで取り扱って欲しいという農家さんも少なくありません。
本当にありがたいです。
でも、実際お付き合いができる方は一部です。
安全性は当然として、味、それから想いです。
今日、サンプルでリーフ系数種類とプラムを持ってきてくれた方は、春に美味しいこごみを出してくれた農家さんですが、初心者です。
初心者ですが、フレスコのコンセプトを理解し、目指すところが同じなので期待しています。
よくうちの野菜を買っていかれ、味の勉強をしていますし、今は土作りを模索しながら行っているそうです。
農業への考え方、想いやこだわりは、間違いなく味に出ます。
期待していたプラムは今年は超不作で出荷できず、リーフ系もかなり虫に食われて悪戦苦闘しているようですが、味はよかったですよ。
今後が楽しみな農家さんです。

posted by フレスコ at 20:43| 作ってみました

2019年06月30日

石井さんの枝豆始まりました

今日の石井さんの畑です。
IMG_0818.jpg
今日が初入荷の枝豆。
いい出来です。
IMG_0814.jpg
きゅうり。
もう少ししたら、大量に出荷できそうな勢いです。
今日は茄子と共に数袋だけ入荷しました。
IMG_0804.jpg
こちらは南瓜。
昨年はやってなかったですが、一昨年はものすごく美味しかった記憶があります。
IMG_0808.jpg
まだ小さい南瓜。
楽しみです。
IMG_0819.jpg
こちらは例のスペシャル長ねぎ。
冬に向けての作付けです。
IMG_0813.jpg
そしてシバキン野菜。
いんげんも順調。
IMG_0799.jpg
茄子も順調。
一生懸命世話をしてくれています。
IMG_0796.jpg
さすが石井さん。
安心です。
IMG_0797.jpg
茄子が1本なっていました。
この1本は食べてみることにします。
報告は後日。

さて、この時期は右に出るものがいないほど大人気の石井さんの枝豆。
文句なしに独壇場です。
せっかくなので、フレスコ流の美味しい茹で方のご紹介。
IMG_0830.jpg
洗った枝豆に塩を少々振り、よく揉みます。
ここで汚れやアクが取れます。
IMG_0832.jpg
沸騰したお湯に枝豆を入れますが、お湯の量は豆が被ればいい程度。
そしてここで塩は入れません。
たっぷりのお湯に塩が定番ですが、水も塩も燃料ももったいないでしょ。
大量のお湯に入れる塩の量ってすごいから、正しい塩なんてドバドバ使えないし、正しくない安い塩は体にも全くもってよろしくない。
IMG_0833.jpg
豆の茹で加減を見て、ザルでお湯を切り、すぐに鍋に戻します。
水分が残っている程度、お湯を切りすぎないのがポイントです。
IMG_0834.jpg
ここで塩です。
量は適量。
慣れてきますが、最初は少なめから始めましょう。
ポイントは必ず正しい塩を使うこと。
正しい塩は、塩味をつけるだけではなく、素材の味を生かしてくれます。
IMG_0835.jpg
すかさず鍋を振り、残った水気と塩を馴染ませ、全体に行き渡るようなイメージ。
IMG_0837.jpg
カラカラに水気を切ってしまうと、塩が表面だけにかかって、中に馴染んでいきません。
このままでもいいし、ボウル等に移してもいいので、冷蔵庫にゴー。
1時間もすれば、塩気が豆まで馴染み、丁度いい塩加減になります。
IMG_0838.jpg
もし塩気が足りなければ、食べる前に塩をかければOKです。

石井さんの枝豆。
香り、甘み、コク、文句なしですねえ。
今年も最高に美味いです。
この枝豆が始まると、ついビールを飲み過ぎてしまって困るんですよねえ。


posted by フレスコ at 20:37| おすすめ商品・新商品

2019年06月29日

シバキン茄子販売は2本から

今日の斉藤さんの畑。
IMG_0763.jpg
とうもろこしが成長中。
でも、これからなんですよね。
無農薬のとうもろこしが超貴重な意味が分かるのが。
斉藤さんが毎年挑戦しますが、一度もフレスコで販売したことはないんです。
IMG_0764.jpg
きゅうりの花がたくさん咲いています。
IMG_0765.jpg
何本か大きいきゅうりがなっています。
IMG_0779.jpg
「斉藤さん、ここです、ここ。大きいきゅうりあります」
「どこだ?」
IMG_0782.jpg
「そこです。その下の方」
絹子がきゅうりを発見したおかげで、数本収穫できました。
IMG_0767.jpg
そして、我らがシバキン茄子。
大きくなっています。
IMG_0769.jpg
いざ収穫。
IMG_0772.jpg
大きいのと小さいの、2本収穫。
IMG_0776.jpg
「ちゃんと面倒見てやらないとダメだぞ」
「はい♪」
IMG_0789.jpg
今日の斉藤さんの野菜。
茄子、ピーマン。
IMG_0790.jpg
ミニトマト、きゅうり、ツルムラサキ、えごまの葉です。
もちろん全部お勧めですが、ツルが赤い正真正銘のツルムラサキや、醤油漬けが美味しいえごまの葉は、斉藤さんならではです。
IMG_0793.jpg
店に戻ると、ちゃんと届いていました。
芳賀さんのさくらんぼ。
IMG_0791.jpg
ポップも作っておきました。
限定10。
3000円超えるかもと予想していた価格ですが、3000円切ることができました。
IMG_0794.jpg
さて、シバキンプロジェクトの野菜ですが、斉藤さんが栽培した茄子が販売第一号です。
と言っても2本だけですが…。
シールをどうするか悩みましたが、生産者のシールを上に、柴本さんのシールを下に貼ることにしました。
IMG_0795.jpg
シールばかりで申し訳ないですが、端の方にシバキンプロジェクトのシールを貼ります。
予定通り、売上の一部、正確には利益の半分を、ウルトラマン基金に寄付します。
秋田の加藤さん、長野の宮嶋くんも、順調に生育中との連絡がありました。
明日は石井さんに枝豆を取りに行くので、畑も見てきます。



posted by フレスコ at 18:48| おすすめ商品・新商品

2019年06月28日

シバキンいんげんでパスタが最高

二日間留守にしている間に野菜が育っていました。
IMG_0741.jpg
茄子の葉はかなり大きくなっています。
(明らかに混雑し過ぎです)
IMG_0740.jpg
小さいけど茄子の実もなっています。
IMG_0739.jpg
いんげんはどこまでも伸びていき、ネットでは足りずに棒を足しました。
(これでいいのだろうか…)
IMG_0738.jpg
収穫できるいんげんも発見!
IMG_0742.jpg
早速収穫してみましょう。
シバキンプロジェクト、いんげん第一号です。
IMG_0747.jpg
本日の収穫、3本です。
こんな環境で、よく育ってくれました。
僕は嬉しい。

で、どうやって食べるかな。
と、色々な料理が思い浮かべましたが、今日はパスタに使うことにしました。
IMG_0748.jpg
斉藤さんの新にんにく。
すっごいいい香り♪
「にんにくは斉藤さんのが一番かも」とにんにくにうるさいスタッフ絹子は言います。
IMG_0749.jpg
エムプランさんのぶなしめじ。
IMG_0750.jpg
小林さんのミニトマトも入れちゃいましょう。
IMG_0751.jpg
いんげんはパスタが茹で上がる1分前に入れ一緒に茹でます。
IMG_0753.jpg
麺と合わせ、塩胡椒。
胡椒はもちろん、向井さんの黒胡椒。
いい香りです。
IMG_0757.jpg
どうでしょうか。
彩りも鮮やかに、全ての素材が主役です。
IMG_0755.jpg
料理は香り。
素晴らしく豊かな香りです。
味も完璧でした。

で、いんげんですが…。
IMG_0762.jpg
きゅうりと同じパターンかなと期待し過ぎずに食べましたが、これが予想外に美味い!
甘さといい、風味といい、旨味といい、柔らかさといい、完璧かも。
きゅうりは今の所売り物のレベルにありませんが、これは「美味しいです!」とポップに書けます。

柴本さんのいんげんの味は、名だたるフレスコの生産者さんの中でも間違いなく一番でした。
対抗できるのは斉藤さんか石井さん位でしょうか。
その柴本さんのいんげんと比べても、遜色ない…って言いすぎかな?
柴本さんに食べてみてもらいたいですね。
「なかなかやるね」って言ってもらえるかな。
「でしょ。土がいいですからね」なんてちょっと自慢げに答えたりして。


入荷情報
29日(土)芳賀さんのさくらんぼ入荷。(限定10)
30日(日)石井さんの枝豆入荷。
来週末はとうもろこしが入荷します。


posted by フレスコ at 23:02| 作ってみました

山形に行ってきました(ツーリング編)

今回の山形訪問、もちろんバイクです。
二日間天気に恵まれ、雨具の出番はありませんでした。
IMG_0731.jpg
新緑のトンネルを走る抜けるワインディング。
IMG_0726.jpg
青空の下を駆け抜ける高原道路。
IMG_0714.jpg
気持ちい〜!
IMG_0727.jpg
蔵王のエコーラインも最高でした。
IMG_0715.jpg
下界はかなりの暑さでしたが、ここは涼しい風が心地よく、いつまでも走っていたいほどでした。
IMG_0719.jpg
あまりに天気がよかったので、蔵王のお釜も見学。

蔵王に来たからには、当然温泉も。
IMG_0711.jpg
約30年前のツーリング。
その時もこの温泉に入った記憶があります。
温泉から出た僕に、向かいの宿の2階から宿泊客のおじさんが「これ飲みな」とオロナミンCを投げてくれました。
見知らぬ人とのふれあいを感じて、なんか嬉しかったですね。
IMG_0713.jpg
露天風呂も好きですが、こんなひなびた共同浴場も好きです。
宿を出て、朝一番のお風呂でしたが、最高に気持ちよかったです。
IMG_0616.jpg
途中、ある峠道を下りた茶屋で食べたラーメン。
これ、美味しかった〜♪
昔懐かしい味わいで、それでいて麺もスープも正しさを感じるラーメンでした。
IMG_0617.jpg
山形らしいずんだ餅もいただきました。
IMG_0619.jpg
食後にサービスでアイスコーヒー。
素敵です。
たまたま入った茶屋でしたが、ここはまた来たいです。

そうそう、二日目の昼にある食堂で食べたカツ丼は、びっくりするほど不味かったです。
あんな不味いカツ丼を食べたのは生まれて初めてでした。
食べ進める度に、疑問と不信感と後悔が増していきました。
ただの味噌汁でさえ、どうしてこんな味になるのかと思うほど、変な味でした。
ずっと前、塩味のしない塩ラーメンを食べた記憶がありますが、こちらもずっと記憶に残りそうです。

夜は旅人宿に宿泊。
旅人宿は、いい時間を過ごせるか不快な思いをするか当たり外れが大きいですが、今回は大当たり。
実にいい宿でした。
設備とかサービスとかはもちろんですが、オーナーさんの人柄とこだわりなんでしょうね。
お客さんと接すること、お客さんに喜んでもらうこと、この人は本当ににこの仕事が好きなんだなあって、ものすごく伝わってきました。
KIMG0376.jpg
夜は宿泊客とスタッフの皆さんで夕食。
オーナーさんが作ってくれたさくらんぼ冷製パスタ。
最高ですね。
今のこの時期、ここでしか食べられないメニュー。
また、上手なんですね、作るのが。
味付けといい、麺の茹で加減といい、完璧でした。
あとは好みで黒胡椒がいいですね。
またいつか、この宿に泊まりに行きたいし、もっとオーナーさんと話がしたいと思いました。
次はフレスコの材料を持っていって、僕も何か一品作ってみたいかな。


帰りに福島のぶどう農家、小森さんに立ち寄ろうか迷いましたが、そうなるとプラス3時間か。
夕方には店に戻らなくていけないので、時間切れ。
また次の機会にしましょう。
山形の二日間。
とても充実した時間を過ごせました。
出会えた全ての皆さんに感謝です。




posted by フレスコ at 09:17| オーナーの話