2018年07月22日

キングメロン登場!

フレスコに久々の果物。
DSC07207.jpg
北海道から榎本さんのキングメロン。
DSC07208.jpg
完全無農薬。
感動のメロン。
DSC07211.jpg
「今年も届きましたね」と感慨深げなうっちー。
IMGP3075.jpg
一昨年でしたか、僕も現地に行っているので、より嬉しさがあります。
IMGP3068.jpg
素晴らしい!の一言でした。
IMGP3100.jpg
若いのに強い信念を持った農家さん。
すっごいこだわりです。
DSC07213.jpg
たぶん、さがしても他にはないと思います。
超レア、超スペシャルなメロンです!

ただし…。
少し前に榎本さんから電話があり「今年は出来が…」と。
北海道は梅雨のような天気がずっと続き、ほとんど太陽が出ない日が続いたようです。
結果、メロンの味にも影響が出ているとか。
「納得のいかないメロンを、特にフレスコさんのお客さんに食べてもらう事がいいのか…」とずっと悩んでいたそうです。
とにかく食べてみましょう。
どの程度なのか。
そしてその旨をお客様にはしっかりお伝えしましょう。
天候に左右される農産物。
それは仕方のない事。
そんな年もありますよ。

試食は数日後にしますが、とりあえずメロンは入荷済みです。
以上を踏まえてご理解いただける方は是非購入してみてください。
フレスコは、がんばる若き生産者さんを応援しています。

posted by フレスコ at 09:06| おすすめ商品・新商品

2018年07月21日

草取りと塩

雨が降らず、作物の生育が悪いのに、雑草だけは元気に伸びています。
今日は、最初から草取りをするつもりで斉藤さんの畑に来ました。
DSC07155.jpg
背の高さほどの草もあるし、とにかく雑草だらけ。
さすがに斉藤さん一人では取り切れない。
DSC07182.jpg
大葉も赤じそもモロヘイヤもツルムラサキも雑草に埋もれてしまっています。
DSC07152.jpg
「雑草は水を求めてどんどん根を伸ばすからな。すごいよな草は」と収穫しながら話す斉藤さんも汗だく。
「毎日草取りで、収穫してる暇もない」と。
DSC07157.jpg
全部はとても無理だけど、とりあえずこの一列だけでもなんとかしたい。
DSC07160.jpg
どこから手を付けていいか分からないほどの雑草の量。
それでも約30分。
DSC07176.jpg
一応、向こうまで通れるようになりました。
DSC07181.jpg
やっと顔を出したモロヘイヤさん。
DSC07185.jpg
シャツからパンツからズボンまでびっしょり。
全身汗だくの僕を見て「少しは分かったか」と笑う斉藤さん。
DSC07193.jpg
日頃、無農薬だなんて気軽に言うけど、除草剤を使わないって事はこういう事なんです。
除草剤を散布すれば、それで草は枯れて作業終了。
でも安全で美味しい野菜を作るために、草取りも手作業。
手間も時間も労力もかかるんです。
つまりそれは全てお金です。
雑草に負けたらそれで終わり。
これが無農薬なんです。
DSC07194.jpg
それにしても炎天下の中、久々に大汗かきました。
熱中症対策に水分補給に、そしてイヤシロソルト。
これが一番。
DSC07195.jpg
数振りしてペロペロ。
水分補給と同時に10回位舐めました。
全然違う…気がする。
いや、間違いなく効果あるんだと思います。
炎天下の作業でこれだけ大汗かいて、一応元気なので。
熱中症予防に塩分と言いますが、正しい塩分でなければダメです。
宇野さん曰く「塩と塩化ナトリウムの塩を一緒にするなよ。別もんだよ。塩として認めちゃダメ。ミネラルは含んでいないし、体に溜まっちゃう。減塩って化学的に作られた塩を減らせって事。誰も言わないんだよな、そこを。塩はちゃんと摂れよ」
(宇野さんのお話会は明日22日(日)13時〜です)

さて、来週も草取りがんばりますか。


入荷情報
キングメロン入荷しました。
詳しくは明日。


posted by フレスコ at 17:53| オーナーの話

2018年07月20日

見た目が悪くたって

見た目なんて気にしない。
外見より中身でしょ。
とは言え、可能な限りきれいな方がいい。
DSC06932.jpg
柴本さんの玉ねぎ、味はいいし、無農薬だし、値段だって普通だし、でもどうも売れない。
他の人の玉ねぎは普通に売れているのに。
たぶん、これだろうなあ。
最初は、納品されたまま袋詰していました。
DSC06933.jpg
試しに一皮剥いてみました。
たった一皮剥でこの違い。
そして、やはり売れ始めました。
DSC06931.jpg
仕方ない…。
全部やるか…。
DSC06935.jpg
パリパリ、ポリポリ。
こんな事までして販売する農家さんって他にいないよなあ…。
DSC06936.jpg
まあ、これもお仕事なので。
それに柴本さんにはお世話になってるし、支援もしてあげないとなので。

ただ曲がったきゅうりは真っ直ぐにはなりません。
DSC07126.jpg
人気のB品きゅうりが復活。
DSC07128.jpg
結構曲がってます。
太さにばらつきがあります。
DSC07127.jpg
でもいいじゃないですか。
その分、安くなるなら。
もちろん、味が悪ければ論外ですが。
DSC07129.jpg
これが美味いんですよ。
さすがだよなあ。
歯切れもいいし、風味もいいし、すごく美味しい。
これぞ、柴本さんのきゅうりです。

見た目悪くても、全部無農薬、すごく美味しい。
柴本さんの野菜、人気です。

柴本さんの傷あり茄子もお得に入荷しています。



posted by フレスコ at 21:14| おすすめ商品・新商品

2018年07月19日

待ちわびて5年の黒酢

昨年からずっと気になっていた商品、扱いたかった逸品なんです。
DSC07065.jpg
今月のフレスコ便りにも書きましたが、ロット等の条件で一度は断念しました。
でも縁があって、今回取り扱うことができた黒酢。
DSC07066.jpg
もちろん、原材料や製法は正しく昔ながらのものである事が大事なポイントですが、最大のポイントは5年熟成。
これが素晴らしいんです。
素晴らしくなければ、100ml足らずで1000円弱の商品は紹介しません。
酸っぱいとか、酸っぱくないとか、そういうレベルではなくて。
DSC07092.jpg
言葉で表現するのは難しいですが、芳醇?コク?深み?
いわゆる黒酢臭さは皆無です。
使ってみてほしいですねえ、これは。
昨年、サンプルを送ってもらってから、様々な料理に使ってみましたが、最高です。
DSC07093.jpg
最初は不自由に感じた口の大きさ。
振ってもピュッと数滴しか出ません。
でもこれが正解。
料理にトポトポ使う調味料としてではなく、できた料理に数滴振りかけるためだと思われます。
DSC07091.jpg
一応味見も出来ますが、このまま舐めるより、やはり実際に使ってみた方が良さが分かります。
どんな料理に合うか、どんな料理に使うのが好みか、色々と試してほしいです。


posted by フレスコ at 09:11| おすすめ商品・新商品

2018年07月18日

焼き肉を食べようA焼き編

タレの準備が整ったところで、次はお肉。
使用した調味料類は全てフレスコのものですが、今回お肉のみ外部品。
DSC07032.jpg
豚ブロックを自分でスライスしました。
個人的には焼き肉でも牛肉にはこだわりません。
最近の僕の好みは、鶏>豚>牛って感じかな。
DSC07036.jpg
豚肉を手作りのタレに漬けておきます。
DSC07048.jpg
焼きます。
DSC07049.jpg
何度か試してみたところ、やや焦げやすいようで、中火で目を離さず焼くのがいいみたいです。
本当は網で焼いたら最高なんですけどね。
DSC07051.jpg
はい、いかがでしょうか!
我ながら、ものすごくいい出来だと思います。
DSC07062.jpg
タレの味も、完璧ですね。
めちゃくちゃ美味しい♪
これ、ご飯、何杯でもいけちゃいます。
DSC07060.jpg
そして、あの甘辛味噌を乗せて。
どうかな?
DSC07061.jpg
美味いなあ…、実に美味い!
相性抜群じゃないですか。
甘辛と言っても、やや甘くてちゃんと辛い位の味付け。
いや、これ完全にビールでしょ。
DSC07057.jpg
葉っぱで巻いて食べると、これまた最高なんです。
うん、納得、納得。
DSC07047.jpg
って、休みの日に、一人で料理して、一人で喜んで、一人で納得して、これでいいのか俺…。
まっ、いっか、そんな日があっても。
とりあえず、美味しいことは幸せですから。



posted by フレスコ at 12:03| 作ってみました

2018年07月17日

焼き肉を食べよう@準備編

美味しい焼き肉が食べたい!
とは言え、外食もなあ…。
じゃあ作っちゃうか。
美味しい焼き肉。
DSC07018.jpg
まずタレから。
すりおろした坂田さんの生姜と斉藤さんのにんにく。
DSC07020.jpg
先日の展示会でもらってきた醤油。
DSC07021.jpg
みりんは味の母で。
DSC07022.jpg
ダブルで味酵母。
DSC07023.jpg
胡麻油なんかも入れちゃったりして。
DSC07024.jpg
甘さのベースはてんさい糖。
DSC07025.jpg
甘さとフルーティーさをりんごジュースでプラス。
DSC07028.jpg
決め手は斉藤さんの金胡麻。
煎ってから擦ってます。
DSC07030.jpg
完璧!かな?
ご覧の通り、添加物は一切使用しておりません。

これもあると嬉しい。
甘辛味噌も作っちゃいましょう。
DSC06990.jpg
味噌(今回は加藤さんの味噌を含め数種類)、みりん(味酵母)、酒、てんさい糖、粉末にした唐辛子。
分量はいつも通りテキトー、かつ適当です。
お好みで調整してください。
DSC06993.jpg
以上の材料を中火で煮詰めます。
そんなに時間はかかりません。
あまり煮詰めすぎると固くなるので、それなりに。
DSC06996.jpg
程よくトロミが付いたらOK。
僕の好みは、甘さ控えめで辛味はやや強め、味噌の味わいが前面に出れば最高。
DSC06998.jpg
白いつぶつぶは加藤さんの味噌の籾発芽玄米ですね。
いい感じです。
こちらも当然無添加。
しかも、正しくそして優れた原材料のみを使用しています。

この味噌は日持ちもするし、結構色んな料理に使えるんです。
若い頃はキャンプに持っていったりしたっけ。

さて、準備は整いました。
次回は焼きです。

posted by フレスコ at 20:25| 作ってみました

2018年07月16日

初?土で育った三つ葉

初の三つ葉。
と言っても、今シーズン初ではありません。
DSC07001.jpg
僕の記憶が正しければ、フレスコ始まって以来初の三つ葉入荷です。
特に年末、三つ葉が欲しくて、何人かの農家さんに頼んだことがありましたが、意外と栽培が面倒なようで断られていました。
DSC07005.jpg
今回はのらくらさんが三つ葉作りに挑戦してくれたようです。
のらくらさんのお勧めの食べ方は卵とじだそうです。
DSC07008.jpg
なので、同じように玉子を使って食べてみましょう。
溶いた玉子にトマトと三つ葉。
DSC07007.jpg
和洋中なんでもいけそうですが、今回は和かな。
味付けは昆布つゆを使用しました。
DSC07011.jpg
強火で一気に仕上げます。
DSC07012.jpg
彩り鮮やかです。
味付けも良し。
昆布つゆ、いい仕事しています。
DSC07013.jpg
肝心の三つ葉ですが、香りいいです。
生でかじった時は、ちょっとモサモサ?茎固いかな?と思っていましたが、全然OK。
考えてみたら、土で育った、土耕栽培の三つ葉って食べたことないかも。
根っこにスポンジが付いているひょろひょろした糸三つ葉、あれは水耕栽培です。
多分、栽培は簡単なんだと思います。
DSC07015.jpg
あれに比べれたら、三つ葉を食べてる感があっていいですね。
お雑煮とか茶碗蒸しにちょこっと乗っていますが、飾りじゃないのよ三つ葉はって感じ。
土耕栽培で無農薬の三つ葉、かなりレアかも。
一度食べてみてほしいですね。

入荷情報
5年熟成黒酢は18日(水)入荷です。

posted by フレスコ at 19:14| おすすめ商品・新商品

2018年07月14日

やっと届いた豊後梅と八助梅

よかった、よかった。
無事に届きました。
DSC06967.jpg
青森から梅。
DSC06969.jpg
豊後梅と八助梅。
例年よりかなり遅かったので、どうなってるんだろうかと心配していました。
西舘さんから類家さんに移り、類家さんから直接送られてくる最初の梅。
DSC06970.jpg
でも、西舘さんの時と変わらず、いい梅が届きました。
こちらは豊後梅。
DSC06974.jpg
そして八助梅。
名前は梅でも、中身は杏です。
いい色。
そして、今年も大きいですね。

梅干しでもジャムでもシロップでも何でもいいんですけど…。
これ、焼酎で漬けると最高に美味しいんですよね〜。

ご予約いただいた方には全員ご連絡差し上げました。
豊後はあと数袋のみ在庫があります。
八助は多めに注文したので、まだ余裕があります。


posted by フレスコ at 20:44| おすすめ商品・新商品

石井さんのみょうが

今日の仕入れは、斉藤さんの畑と石井さんの畑のはしごでした。
斉藤さんの畑では収穫を少々と、草取りを少々でひと汗かきました。
その程度で畑仕事をしたなんて言えませんが、やっぱり動いて汗をかくっていいですね。
DSC06946.jpg
石井さんの方ではみょうがを沢山採っておいてくれました。
DSC06977.jpg
この暑さで朝5時から収穫を初めているそうです。
きっと他の農家さんも早いんでしょうね。
DSC06954.jpg
「持って帰って食べて」とお土産にもらったのは石井さんが揚げた天ぷら。
茄子、ピーマン、みょうがはもちろん石井さんの野菜。
この暑い中、ただでさえ火を使いたくないという人が多いのに、天ぷらって。
「暑いですよね」
「そりゃ、暑いよ」と笑う石井さん。
DSC06957.jpg
店に戻って冷たい天ぷらうどんにしました。
石井さん、天ぷらも上手。
野菜も美味しい♪
DSC06959.jpg
つゆは昆布つゆを使用。
これ、個人的には2番めにお勧めしているつゆです。
DSC06955.jpg
さて、石井さんのみょうがを使ってもう一品。
味噌、山海のだし、そしてみじん切りにしたみょうがを器に入れ、お湯を注ぐだけ。
DSC06965.jpg
超簡単な即席味噌汁。
でも完璧なほど美味しい!
シンプルイズベストです。

石井さんのみょうが、たくさん採ってくれました。
DSC06947.jpg
100gたっぷりで袋入れしておきました。
ちなみにスーパーで並んでいる、3本とか4本とか入っているやつ、あのパックが50gです。
安全で美味しくてお値段も安い。
石井さんの野菜が人気なはずです。

今日の入荷
斉藤さんの茄子、モロヘイヤ、ツルムラサキ。
石井さんの枝豆、長ねぎ、茄子、きゅうり、みょうが。
類家さんの豊後梅、八助梅。
エムプランさんのブルーベリー。

posted by フレスコ at 19:01| おすすめ商品・新商品

2018年07月13日

ホットな夏の旬カレー

暑い夏だからこそホットに食べたいカレー。
今日はお話でもしながら作りましょう。
DSC06901.jpg
料理をする時、食べる時、何が一番かって、知っている人の材料で作れるって事。
(坂田さんの黄金生姜とのらくらさんのにんにくを香りが出るまで炒めます)
DSC06902.jpg
それが一番安心で幸せなことじゃないですかね。
(続いては鶏肉さん。いい香りです♪)
DSC06903.jpg
それが分かれば、有機がどうとか、栽培方法がどうとか、肥料がどうとか、そんなのはどうでもよくなるはず。
(丹羽さんのズッキーニ投入)
DSC06904.jpg
だから、僕らは生産者さんを知り伝え、そしてお客様は生産者を知る。
(すかさず茄子も投入。ちなみに柴本さんと石井さんのダブルです)
DSC06905.jpg
一番理想的だと思います。
(エムプランさんのしめじも入れちゃいましょう)
DSC06906.jpg
一番理想的で、一番単純なんだけど、実は一番大変なんです。
(カレーの壺スパイシーをたっぷり)
DSC06907.jpg
有機のシールだけ貼って売れれば苦労しません。
(しっかり炒めます)
DSC06908.jpg
それにそんな商売は面白くない。
(見切りになってしまったミニトマト。水は全く使っていませんよ)
DSC06909.jpg
実はもっと本質的なところに真実はあるんです。
(トマトから出る水分だけ)
DSC06910.jpg
そろそろカレーが出来上がってきたので、結論だけ言うと、本物です。
(最後はココナッツミルクでもいいですが、牛乳で)
DSC06911.jpg
それ自体が本物なのか、それを作っている人が本物なのか、ただそれを知るだけ、それを伝えるだけ。
(塩で味を整え完成です)
DSC06900.jpg
それができるからこそ、こうして作る料理が一番安心で最高に美味しいんです。
今日の材料がが全部無農薬で、無添加であっても、そこに有機やら自然食の売り文句はありません。
僕が作った、ただのカレーです。
ただし、本物の材料を使った。
(予め蒸し焼きにしておいた厚切り玉ねぎ。今回は柴本さんの玉ねぎ使用)
DSC06913.jpg
夏の旬カレーの完成です!
DSC06924.jpg
このカレー、かなりホットです!
全身から汗が出るほど辛い!
DSC06917.jpg
でも、そんなスパイシーな味にも関わらず、ちゃんと味を主張する野菜たちってすごい!
DSC06923.jpg
ズッキーニも茄子もしめじも、そして玉ねぎ美味っ!
甘くてとろけるようです。
辛いけど、本当に美味しいカレーでした。
素晴らしい素材に、また生産者さんに感謝です。



posted by フレスコ at 20:31| 作ってみました